ノルマ

今日もお越しいただきありがとうございます。

来週から新学期なので、おしりに火がついてきて、「勉強しなくちゃ。仕事の準備しなくちゃ」とだんだんそわそわしてきた私です。

やろうと思うことが多岐にわたっているのでいけません。

昨日、人の気配があると集中できないという反省を得たので、今日は朝、夫が仕事に出て、子供が寝ているうちに集中の必要なものをやりました。リスニング。でも結果は代り映えしなかったりして(笑)眠いのもだめですねえ。 

試験問題ばかりできる人は、学生時代からそれ中心でやってきた人なのだということがわかってきました。私の教え子にもそういう予備軍が多いような気がする。きっちりテストで高得点とってくる。偉いなあ。でも、他のこともたくさん経験してね。

私が試験を受けると、受かったとしても、どうも他の方々と違うパターン(汗)でも先生している以上そういうわけにはいかないわけで、嫌な思いを見て見ぬふりをしながらするわけです。なんとかがんばるぞー。いやあ、でも辛いです。なんで試験だけで耐えられるか知りたい・・・。我慢が足りない私かも。

お昼ご飯時には英文解釈の本を読みます。眠い・・・。去年からもう数冊読んでいるんですが、これ読んで伸びてる自分を発見しない。教えるうえでは知っとかないといけないかなあと思いながらです。というか、生徒の何人かが個人的に取り組んでいるので、無理やりやっていると言ってもいいかもー。光が見えてほしいです。チ○○シー姉さん、もう読み終わりました?しんどいよー。これは読み終わったら数冊まとめてUPしようと思います。どちらにしろ、学校の授業の準備はこれに近いので、両方とも半強制です。

で、晩御飯作りながら聞くaudilbeが楽しい自分がいます。 audibleはpodcastのノルマが終わったら聴くお約束。たまにどうしてもその日にきき終わりたいときだけ自分を甘やかしています。今日思い立って読み始めたkindle読書が1時間で多分60~70ページぐらいで読めてたみたいです。30分ですでに10%読めました。久々のかなり読みやすい本。これは読み終わったら皆さんにお勧めできるかも。

お友達がいろんな勉強法を教えてくださってみてみると、自分の勉強のパターンがその中のある例に酷似していることに気が付きました。

英語脳を作るパターンというのにほぼピッタリはまっていて、英語→英語直解の回路をつくっているようです。

わかってはいたことなんですが、遠い目で見れば間違えではないのでということが確認できたので、 このところできていなかった音読のノルマをきっちりこなすことに。

もう何年もやってることです。

本を1冊毎日音読。基本は単語、短文、長文の3冊ですが、いろいろ工夫します。

以前はパス単も毎日1冊でした。それが数年続いてました。いつからか覚えていません。今は1週間で1冊にしています。記憶にとどめるための作業です。

短文集は今は「必携英語表現集」。
ちょっと前まで「よくばり英作文」。
数百回を超えたりすると、変えたりしています。ほかにも「ドラゴン構文」「スプリーム英語構文」「英語の構文150」などなど。生徒に合わせて変えたりもしています。あと、複数の茅ヶ崎英語教室にかよっていたので、1級に初めて合格した時には茅ケ崎の英文集も読んだりもしてました。

長文もやっていたのですが、それはこの間ケイト妃のスピーチを入れたのと、冬休みで通勤がつかえないのでお休みしています。ここは英検1級の文単や、
英作文や、
大人のための知識と教養シリーズとか、
いろいろ使ってきました。実践ビジネス英語だったりの時もありました。

1日のノルマは10回だったり、多い時は50回だったり。いろいろです。自分のライフスタイルに合わせて変えてきました。

単語、短文、長文の音読(シャドウイングだったり、素読だったり、同時読みだったり)を一日の時間に入れ込んでいきます。長文は通勤を利用することが多いので、それで行く予定ですが、短文がちと苦しいです。今は全部で800文あって、一気に読むと速くても40分弱(これでも早い方です)なので、400文ずつ分けています。仕事が始まると、これをやる時間を確保するのが難しい時があります。

単語は今晩からやり方を変えようかと思っています。夜寝る直前に見たものは脳に残りやすいというメカニズムを利用しようと思います。

それを朝いちばんにまた同じものを読み上げるとさらに強化されると思うので、自分の認識語彙をさらに活用語彙にできるようにしたいと思っています。すでにけっこう1級単語を使うことがあって、それを使うとネイティブスピーカーの人は「お?」という顔をしてくれることもよくあります。なので、頑張りまーす。

ということで、音読は自分のノルマであることを再確認。新学期前にまた体制を整えたいと思います。

あ、これも以前に書いたことがあるのですが、家で音読するときは柔軟体操しながらやっています。もともとは眠気防止だったんですが、最近は椅子を使ったりもして、下半身に結構効いています(笑)このところ他のことも気ををつけているので、スカートのサイズがワンサイズ下がりました。(というか元に戻っただけ)それを書いてからしばらくして、お友達に「angelさん、私も単語しながら柔軟してけっこういいです!」と言ってもらえてうれしかったのを覚えています。

それから、書き溜めていたアカデミックライティングの添削を頼みました。毎晩晩御飯を食べた後、ウォーキング前に英語日記とかわるがわるに書き溜めていたエッセイです。海外のサイトを見つけて頼んだのでかなり安く済んでよかった。それでも高いと思ったけど、それ以上安いのはなさそうです。日本の添削ってすごく高くてびっくりですよね。自分の周りには、見てくれるネイティブスピーカーの先生は数人いるんですが、すぐに返ってこなかったりもするので、プロに頼んでみることに。 きっとボロボロに直されて帰ってくるんだろうなあ。これも人に教えないといけないのに、まだまだ書けない自分がいるので、お尻叩いて頑張っています。

これらすべてが終わって初めて映画を観たりします。お休みでもなかなか行き着けない。映画までいくとおそらく10時間超えコースです。わはは。

やらないといけないことと、やりたいことの両方をやろうとするとこうなります。

でもそれがかえってストレスを軽減していたりもする、英語おたくです。知る人ぞ知る英語オタクおばちゃんって感じが気に入っております。

まだリズムが整っていませんが、今年は頑張ると誓ったので、がんばっています。

また一緒にがんばりましょうね。またつい書いてしまった・・・。勉強します・・・。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。