英語読書日記30(耳読書No.20)The English Girl


実際はUSアマゾンのaudibleサイト
http://www.audible.com/pd?asin=B00CS961DGでunabridged版をダウンロードしました。

Author:Daniel Silva
When:August 5th ~ August 11th 2013
Category: Thriller
Pages:  498 pages (12 hours and 14 minutes
)

Total recommends:★★★★☆
Difficulty:
★★★★☆
Story:★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★★★☆
Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:★★★☆☆
Mystery-packed-degree:★★★★★


英語読書累計 12901 pages  

'Allon is the 21st century Bond - elegantly paced, subtle and well-informed.'' Daily Mail 
アマゾンから引用

21世紀のボンド!今のスパイ物の旬。さすがなお話です。

始めてこの人の作品を読んだんですが、これはシリーズものの13巻目。でも「これが初めてのガブリエルシリーズものでも大丈夫」みたいなのを読んだので、挑戦してみました。

すでにキャラクターの作り込みがしっかりしていて、ものすごく安定感を感じました。なんの知識もなしに読んだんですが、これはスパイものだったんですね。イスラエル諜報機関きっての切れ者、生ける伝説のスパイ?、ガブリエル・アーロンが渋く活躍します。

スリラーで、ネタバレすると全然面白くなくなるので、言わないでおきますが、ストーリーは最初からテンポが速く、展開も早くてびっくりします。「え?ここでそうなっちゃうの?話がこれで終わらない?え?そんな規模が大きかったの!」と言った感じ。まったくそつがない。私たちにとって非日常の諜報活動を描いているのに、なんだかその辺で起こっているかのように淡々と、ダイナミックに話が進みます。ユダヤ人スパイが主人公なので、イスラエルも出てくるし、ヨーロッパが活動の舞台なので、雰囲気もヨーロッパな感じです。

夏にバカンス先で読むのにもいい感じのお話でした。サマーリーディングにとアマゾンでも謳ってましたね。

最初にアマゾンからデイリーメイルのコピーを引用しましたが、私の中ではダニエル・クレイグが動いてしまっています(笑)そう、まさに007を冷静沈着にしたイメージです。だってボンド以外にも、映画「ミュンヘン」でスパイ役してましたしね(笑)実際の外見はカーリーヘアみたいなので、違うかな。でも、ボンドと違って女癖が悪くなくて、一途なところが好感持てました。ずるさがない。

半分ぐらい聞いたところで、夫にそれまでのあらすじを教えてあげると「それはかなりおもろそうやな」と言っていました。→ジェームズ・ボンド大好き。このお話は先が読めないという意味での面白さがあると思います。ミーハーな感じは全然なくて、ハードボイルドの中にあったかいハートが時折感じられるというお話でした。尋問したりするシーンはちょっと怖かったです。

しかし、audibleで聞くと、最初はかなり難しく感じました。ナレーターは有名な人みたいで、この人に朗読してもらうのはけっこう名誉なこと見たいです。ナレーションはほんとに渋ーい感じ。でもノン・ネイティブスピーカーの私にはけっこうタフでした。がんばって聞きました。だから★は4つにしときました。

明日は子供のためにお出かけするので、残り少ないこの作品が途中で終わると悲しいので、急いでこの作品を聴き終わりました。次のダウンロードしなくっちゃ。次は目読書にしようと思っていたものに耳読書で挑戦してみようと思います。でもまたうわの空で話をきかないと悪いので、遠慮気味にしようと思っています。明日は読書について質問をいただいたので、それをUPしますね~。

読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。