ちょっと早いHoliday

今日もお越しいただきありがとうございます。暑いですね。窓から見える風景です。
130706_1008~01

「旅行中はブログもお休み」と言っていたはずですね。つい書いてますね(汗)目読書するにはちと眠いしなあ。

ここも暑いです。南まで降りてます。恒例の「子供孝行旅行」にやってきました。すごい強行軍。
毎年やってくるホテルで彼女はイルカと遊ぶのを楽しみにしています。去年は残念ながらイルカと泳ぐブログラムがいっぱいでわざわざやって来たにもかかわらず、乗ることができませんでした。ホテルに泊まらないと申し込めないので、1年前にこのホテルに来たときにすでにホテルを予約してました。今年は朝の8時にチェックインしてなんとか翌日のイルカと泳げるプログラムを取れました。ああ、よかった。夏のハイシーズンを避けないとイルカに乗るのはかなり苦しいので、早めのholidayです。

そのほかにも子供が楽しめるアクティビティが満載で、毎年ここにくることを楽しみに1年間がんばってくれてます。来年は子供の受験でこれないので、とりあえず今回が最後。去年はイギリス旅行もあったおかげで、子供の塾の成績が惨憺たるものになったので、来年はさすがにおあずけです。

ということで、お部屋があくまで素敵なラウンジでしばし休憩中しながらこれ打っています。子供と夫はすでに右側に見えるプールで浮いています(笑)

そうそう、前回「勉強の管理は手帳でしている」と書いたら、「どんな手帳か教えてほしい」数件コメントをいただきました。ありがとうございます。いや(汗)たいしたものではないんですが・・・。本屋で売ってるようなその辺のもので1週間見開きのものであればなんでもいいんですが、これですね。
9632 4月始まり能率ダイアリーベルノA5バーチカル1(ピンク)
9632 4月始まり能率ダイアリーベルノA5バーチカル1(ピンク) [単行本]
実際の色は赤です。教師なので4月始まりがすごく便利です。日本では4月のほうが便利ですよね。PCやiPadiphoneでの管理より私はこちらのほうが手っ取り早いので好きです。iPadiphone持ってるわけでもないですが(笑)使いこなす時間より英語取り組んでしまう時間を優先しちゃう、アナクロな私です。

耳読書もすでにこれ終わって、
Kane and Abel
Kane and Abel [ペーパーバック]

今はこれを聞いています。移動で半分聞いちゃました。レンタカー運転中とかにね。
Lean In: Women, Work, and the Will to Lead
Lean In: Women, Work, and the Will to Lead [ハードカバー]
これも短めなので、読書日記がおっつかないですね(笑)この本は本屋さんで翻訳のハードカバーを見つけて手に取ったところ、なんだかすごく文字が詰まっている・・・。

なんだか最近英語のほうが楽なときがあるのは気のせいでしょうか・・・。しかもこれを耳読書で聞くともっと負荷が軽いような気がします。著者ではないんですが、ナレーションが軽快で、なんだか語りかけられているような感じです。いやいい加減だからかもしれません~。この著者はFacebookのCOOという肩書きの人。しなやかな語りです。たまにはノンフィクションもね。

英語→日本語の翻訳だと、すごく日本語のほうが難しく感じるのは漢字が多いからかなあ。

目読書は飛行場とか、飛行機の中で少しずつ読んでるんですが、読み始めると疲れてるのでうとうと・・・。これです。
Defending Jacob
Defending Jacob [Kindle版]
去年のベストセラーです。夏はなんとなくミステリーに手が出る私です。2年前にこのホテルで読んだこれも涼しくなりました。
これですね。懐かしい。

Sister
Sister [ペーパーバック]
これはロンドンが舞台ですしね。冬が舞台でほんとに寒い感じ。

今年は寝ながら本ばっかり読んでるのも、体によくないので、フィットネスに行くつもりです。だから読書もあんまりできないかも~。ねそべったら寝ちゃうし(笑)

こちらについたとたん、親しい友人からとても慕っていた恩師が危篤状態だとメールがありました。まだまだそんなお年とは思っていなかったので、ショックでした。

私の人生に影響を与えてくれた先生。先生のことを考えるだけで、ちょっと目がウルウルしています。

昨日、海辺を家族でお散歩したときに、私は一人海の向こうに落ちてゆく夕日を眺めながら、先生の病状がなんとか快方に向かってくださることを祈りながら、先生との思い出を、思い浮かべていました。

夕日に向かって小さな石を投げっこしている夫と娘の背中を見て、

やっぱりこの小さな幸せを大事に感謝して過ごそうと誓った昨日でした。

読んでいただきありがとうございました。


お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。