勉強の管理術

今日もお越しいただきありがとうございます。間引きしてるのに、毎日来ていただいてる方々もいて、本当にありがとうございます。「お?今日はちゃんと休んでますね」と心配してくださる方もいるブログって・・・。ホンマにうれしい限りです。そう思うと、ついこうやってブログ書いてますね・・・。

兼業ママで、体力もなく、仕事も遅いおばちゃんママが英語の勉強しようとすると「スキマ人間」になるしかない。
ほとんど「ながら」で英語をする日々が続いています。今もBBC流してますが、このところ1時間以上は確保できていて、audibleと実ビジを合わせると全部で3、4時間近く確保できる日もでてきました。集中してできない分カバーできてるかは不明(笑)でもそのちょっとの意識が違いを生みます。多分(汗)

しかし、耳以外空いてない時も多くて(笑)

以前はブログをジャーナル形式にして、「今日取り組んだ英語」を書く作業をすることで、自分に負荷をかけていました。「英語勉強しないとブログ書けないよ~!」と潜在意識に刷り込んで、「ああ、眠い。でもドラゴン1文だけでも」とか「audibleもう少しで終わるから読書日記にたどり着ける」とか、「目読書をしてないな。今日はお昼休みに1%でもよまないとUPできない」と、ブログに書く内容を増やそうとすると、コンスタントに取り組めたります。

最近はweb上で勉強の記録のプログラムがあったりと便利な世の中です。読書もブクログがあったりね。数字などが目に入ってくるのはいい効果ですよね。

でもその時間も今年はなかなか確保できません。

ブログほど強制力はないけど、代わりにやっているものは、昔からのオーソドックスな





「手帳」です。

私は昔から手帳でスケジュール管理するのが大好きでした。仕事でもすごく活用していました。
いろんな形態のものをためしたけど、やっぱり1週間見開きのものが私にはベストです。

そこに「やるべきもの」をざざっと毎日書いておきます。2,3週間分ぐらい。

それに取り組めたら今度は赤ペンとかで線で消し込んでいきます。余裕があれば、取り組んだ時間数、ページ数や問題番号を書いたりもします。

できなかったものはそのまま。赤線がないとその日は「あまり英語ができなかった」日となります。

これをダイニングテーブルに開いたまま置いておきます。ペンも横に。

そしたら、赤線で「やったで!線引こっと!」となるので、自然に本を開いたり、ラジオのスイッチをすぐつけたりとなります。何度も書いているように、ワンアクションでできるようにしておくことが大事です。

我が家の食卓の横には、私と子供の教材が並んでいます(笑)

手帳には「今日作った晩御飯」とか、授業の予定やら、子供のイレギュラーなスケジュールとか、気になった英語表現とか、読んでる本のタイトルとかも書かれたりもします。忙しいときは勉強の管理だけ。

こういう勉強の管理術は教え子にもいろんな形にアレンジして指南します。カレンダー使ったり、できたことだけ書く方法をとったり。自分の子供にはオリジナルのシールを作ってあげて、取り組みが済んだらカレンダーに貼る方法もとったりもしました。勉強した日が一目瞭然。科目ややる取り組みでシールを変えてあげたりしました。今は自分で勝手に昔のシールを使ってやってるようです。

時間は有限ですからね。

ズボラな中にもまめさを活用する。手帳管理も凝りだすとそれ自体に時間がかかってしまいますからね。大事なことはそれにかかる時間を必要最低限にすることです。その少しの時間も勉強にまわさないと!!!

ああ、まただだっと書いてしまった。せめてどなたかのお役に立てますように。

荷造り、やっと今日から取り掛かりました。水着が見つからない・・・。この狭い家のどこにしまわれてるんだ?
探します。

今週も後半、また一緒にがんばりましょう!
読んでいただきありがとうございました。


お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。