間引き運転

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

非常勤で英語の教師として働く兼業ママは1学期が一番大変です。数年前は公立高校でのんびり過ごしていたんですが、セレブ知事の政策で教員のお給料は激減。でも我が家のエンジェル係数はうなぎのぼり、で、私立高校に転職しました。公立とは全然違います。ひええ。その上、ここ数年毎年違う学校を渡り歩いているのでさらに大変。慣れるのに1学期まるまるかかるし、今の学校は教師の評価がしっかりあるとも聞いているので、終わるまでまったく気が抜けません。

でも1年契約の講師として生き続けるにはもともとない実力を上げ続けるしかない。それが私の英語を続ける原動力になっています。

がんばれば頑張るほど、レベルの高いクラスや、難易度の高い教科ややったことのない学年を任されたりするので、毎日奮闘中です。毎年100人をゆうに超える生徒の面倒を見ないといけないんで、皆それがフツーなんですが、けっこう丁寧にやってしまう手の抜けないどんくさい私。

この「実力がもともとない」と思う気持ちははきっとこの先変わらないと思います。ホンマに自信のなさは天下一品です(笑)

もともと体力がなくて、公立高校で教えていた時に、やっと念願の英検1級に受かったものの、体調は最悪。当時見てもらった医者には「膠原病」とまで言われて、落ち込む日々でした。でも高い保険外の治療費に悲鳴も上げながら、まったく体調が変わり映えしないので、違う専門医に行くと、そこまでの診断はされませんでした。それでちょっと安心。ただ単に弱いだけ。でも体調が悪いのが治ったわけでもない・・・。運動もしないとね。

その中で私に光を与えてくれたのは、もうみなさんもお分かりの通り「英語」です。

何かをひたすら一途にやってみる。

「英語で小説を50冊読むぞ、100冊読むぞ」というのを励みにコツコツと小さな階段をあゆんでいると、この地味な作業に対して、自分の中にほんのちょっとだけ「自信」が生まれました。ほんのちょっとだけですがね。やればできるんだ。

コツコツと歩んできて、ベテラン英語教諭の夫が(先生に指導もしています)「このテキストは難しいなあ」というものを手に教壇に立てるようになりました。まだまだひやひやですがね。

長い長い年月をかければ誰にだってできる。その年月を耐えられるかだけです。その年月も集中すれば短縮だってできますしね。

しかし、ちょっとやらないとと思うことが手いっぱいになってきました。教材作りに、試験作りにしかも旅行の予定まで間近に迫っていて、(毎年の恒例で、子供孝行の旅行に行きます)、夏休みまで怒涛のスケジュールです。体調も整えないと、旅行どころでもないので、どれかを休めないといけない。

ブログを少しゆうるりとしようかと思います。

できるかどうかは不明です(笑)だって、思い立ったらつい書いてしまう癖があって、それでもう何年もやってますからね。今までも何度もペースダウンしようとしたんですが、できてない・・・(汗)

夫に「ブログを少し間引き運転して、旅行はPCなしで過ごそうかなあ」と言うと、

「そりゃ、できるかどうか見ものやわ」と笑われました。あれだけブログを書き続けることを反対していた夫の言葉です(笑)

こんなブログでもいつも読みにお越しいただいて、ここまで成長できました。それをみすみすまた閑古鳥の鳴くブログになるんじゃないかという不安もありますが、今回はそうも言ってられないので、がんばってちょっと自重します。がんばって我慢しないとブログやめれないってどんなんや。重病ですね。

人気のない(笑)英語読書日記は読み終わったらまた更新予定です。

そういいながらまた「ああ、書きたい」とわらわらと出てきて書いてしまうかもしれませんが、(うーん、きっと出るだろうなあ)よろしければまたお付き合いの程お願いします。

私は寝る前に必ず口に出して今日一日を無事過ごせたこと、周りの皆と健康で穏やかに過ごせたことを感謝して眠りにつくのがもう何年も習慣となっています。

その感謝の気持ちを忘れずにこれからも日々を過ごしていきたいと思っています。

皆さんと一緒にね。

今日も読んでいただきありがとうございました。いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

これからもがんばりましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。