英語の論理性

今日もお越しいただきありがとうございます。

英語の短文を覚える事について考えていて、ふと思いついたのでまた書きだしちゃいました。

日本人が英文を書いて英語のネイティブスピーカーが添削すると、必ず「???」となるようです。話してても、「今のはどういう意味?」ときかれたり、具体例をあげろと突っ込まれたりします。日本人の英語に慣れている人でもそうなので、英語圏に行くともっと思われると思います。

そう、日本語の非論理性が話してる英語に影響しているからです。

だから英語で論理的に話せる人は、日本語で話しててもすごくきつく聞こえることがあります。英語のモードで日本語を話しているんだと思います。それぐらい言語に差があるんだなと感じます。ある意味あいまいさを許さない。

私の場合は、英語で話している時も日本人っぽさは勿論出ていると思いますが、それでも日本語で話しているのを外国人が見ると「別人のようだ」と言われます。話し方や声のトーンが全く違うそうです。電話で日本語で話す姿は大笑いされます(笑)そう、表面的に見るだけでもかなり違いますよね。

その論理性を、もちろん英語を勉強する私たちはどこかである程度は学ばなければいけません。簡単なものだと、例えば英検1級です。あれは実は200語前後なので、書きやすいものであると思った方がいいと思います。逆に100語だと、中途半端でかえって書きにくかったりするし、もっと増えると構造をちょっと複雑にしたりしないといけないので、難しくなってきます。

イントロ、ボディ、コンクルージョンという形をアメリカとかでは小学校から徹底的に叩き込まれるそうです。別にむずかしいものをやるわけではなく「私の好きなもの」とかでもです。何が好きで、なぜ好きか、どのように好きかを型にはめ込んで話す。アメリカでさかんなディベートはイギリスでやるのかを、この間聞いてみたら、今の高校生はわからないけど、アメリカのようには教えられないそうです。この違いがおそらく「イギリス人の方がちょっと話がしやすいような気がする」と日本人が感じる理由の一つではないかと思いました。ちょっとグレーが許される。

本の学校では、教えられる先生がいれば(英語ネイティブスピーカーである場合が多い)、私立の一部なら中学生、普通は高校生。でも公立でそこまで突っ込んでやる学校は上位の学校に限られますし、その上位の学校でも大学入試に重点を置くので、できていない学校も多いと思います。受験では限られた大学のみが出題していて、まだまだそこまで至っていない。入試でまだまだ日本語を翻訳することが多いのも影響しています。

その論理性は日本語で教えられるべきなんですが、これまた国語もやることがたくさんでそこまで行っていないと思います。小学生の子供の作文をみていても、けっこう時系列でだらだらと書かされる。それはちょっとと思って、昔、子供向けのロジックを教えるようなテキストを買って子供にやりかけて、使いにくくて挫折したこともあるなあ。

でも、その論理性よりも、まず、「これって英語で何ていう?」てのすらわからない。だから短文を覚えていくしかないんですよね。英語を丸呑みすることで、自分の日本語を一字一句そのまま英語にして「??」となる英語を言うよりはるかに効率的だと私は思います。その英語を頭の隅に置いて英語を発するときに利用していけば、少しずつ英語らしくなっていくのではないかと思います。

自分の英語力も含めて、まだまだ日本人の英語は未熟だなと思う一人です。でも今はそんなこと言ってられない時代ですからね。だからと言って皆がアメリカ人みたいになる必要もないので(笑)(いや、それもコワイ。ここだけの話ですが、時々、「それってホントに論理的意見?それともわがまま?」と思う経験もありました。みながそうじゃないですがね。そういう社会なので仕方ないですよね。)ノンネイティブスピーカーとして、日本人らしさもなんとか上手に生かして堂々と英語でやり取りできるようになればいいのでは?と思います。英語の世界でだって、やっぱり奥ゆかしさは美徳だとも思われることも多いですからね。私の出会った外国人は「日本人のやさしさや、奥ゆかしさが大好き」と思ってくれています。

私もそうなりたいと願って毎日頑張るのみです。

いやこうやってすぐに自分の仕事の時間と自分の英語の時間をつぶして書いちゃうくせどうにかしないといけませんねえ。

仕事にかかります・・・(涙)今日は自分の英語できるかなあ。

読んでいただきありがとうございました。
明日は金曜日!がんばりましょう。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。