資格試験

今日もお越しいただきありがとうございます。またなんか書きたくなったので仕事もほっといて、朝ごはんも食べずに書きはじめました。

今の日本では、受験英語から資格試験と言うバイパスを通って英語を勉強する人がほとんど。それ自体が悪いわけではないんですが、それに群がる時の考え方に時々疑問を感じます。

「あの人はTOEIC930点もあるんだって。もう英語ネイティブだよねえ」とこの前耳にしました。うーん。それぐらいよくわかってない人が多い。でも実際英語で話すとしどろもどろだったりもします。英語を使う職業をしていてもです。英語話せなくても、ものすごく語法に詳しくて、「なるほど~」と目からうろこのことを教えてもらえる先生もいます。それが悪いこととも私は思いません。それから、英検1級持っているからといって、そこがゴールではない。実はそこからが険しいです(涙)資格試験が一人歩きしてるなあと感じます。

私の場合は今の状態になるまでに資格試験はやっぱり必要だったと思います。1級の大量の語彙の獲得がなければ今のように洋書を自由に読むことは不可能。

TOEICは検証した通り、洋書との相関関係は900を超えるとあまりないというのが自分の結果です。本読んでるだけでは点は伸びません。維持するのもかなり苦しい。別物。他の方はまた違うかもしれませんが、1年100冊でやってみた結果なので、一人で納得した結果です。でも、私の場合はもともとTOEICの点数に関係なく800点台からけっこうフツ―の小説読んでたと思います。で、点数が伸びないから英語力がない、と言い切られると、悲しいなあ。TOEICが私より点数が上の先生と一緒にネイティブを介した会話をしてると違いがわかっちゃたりします。でもだから何って感じですよね。話せるのが上か、TOEICの点がいいのが上か?と言う考え方自体がおかしい。学校では生徒の成績を伸ばして何ぼですから、やっぱり緻密で深い英語の理解も大事。へらへら話せるだけでは通用しません。それにTOEICのリーディングと小説は異質なものとして私には今はうつります。だからといってどちらも悪いわけでもないし、その分野において必要とされる人にとっては重要だと思います。

どちらにしろ、それなりの対策を立てないと最後の砦は崩せない。

だからTOEIC、英検、TOEFL、そして英語で本を読んだり聴いたりするのもそれぞれに対策が必要だと思います。え?英語の小説はだだっと読んでるだけですが(笑)

「英語」やってるんじゃなくて、翻訳まで待てなくて、原書で本が読みたいという意識に変わればそれも気にならなくなると思います。まだまだ「英語」だけやってる人が多いですからね。

それから資格試験を中心に英語を勉強していて、陥りやすいのは、「背景のなさ」。英語がいかにできるかを競う世界なので、それがすべて。私は英語教師でもあって、いつも自分の英語力に自信がないので、英検を柱としてずっと試験勉強も続けてきました。TOEICだって受けてきました。履歴書の飾りとしても必要だったし(笑)

今は「教えるため」に資格試験では問われないことも日々勉強しています。たとえば、inconveniencedとinconvenientの使い分けとか、その単語に冠詞はいるのかとか、「人類」ってどういうか、menはもう古いよねーと気がついたり。as if の後ろはもう直説法でもいいのかあ。とかです(笑)自分でも調べますが、英語ネイティブスピーカーにも助けてもらいます。細かい部分はやっぱり表面的なものだけではなくて、「考え方」が影響してきます。日本語を文字通り変換するだけではちゃんとした英文にならない。まあ逆もそうですね。ええ加減派なので、その辺の粗さをきめ細かくする作業は結構大変(笑)この前も書きましたが、coolという言葉一つでもいろいろ膨らんじゃいます(笑)

本を読んでいても、その話の背景、例えば今読んでる(聴いてるの)はこれですが、
Fall of Giants
Fall of Giants [ペーパーバック]
第一次世界大戦がイメージできないと苦しい。(いやただエンタの色も濃いが(笑))そういう背景はそうたくさん資格試験には必要ありません。まあ英検はアカデミックだからある程度必要といえば必要。でも深くなくても大丈夫なような作りです。TOEICはビジネスの背景が必要ですよね。でも、その辺がやっぱり無味乾燥に私は感じてしまいます。

明日は英検です。で、英検用の試験対策は必要ですね。

入試で学校別に対策があるのとまったく同じ。私の子供も来年には志望校別のクラスに参加します。大学受験でもまずは大きく文系と理系に分かれて勉強します。幹は同じでも試験内容は理系と文系では違う大学もあります。大学で問われる問題の傾向も違います。

資格試験でも全く同じ。

それから「試験を受けるのを公表するかしないか」についてもいちいち目くじら立てるのはなんでだ?とその日本人的な発想にかなり引きます。どうでもいいじゃん。あまりにもナイーブ。

私は最後の英検は集中するためにブログをやめて集中しました。書く時間も惜しかったです。

「勉強する時間がないなんて言い訳だ。だからいつまでたっても点とれないのは当たり前」というのも、時間は作るものだといいたいのかもしれませんが、その言っている人が結婚していたり、子供いたり、病人抱えていたり、介護があったり、仕事抱えていたり、そういう条件のもとで言っていたら説得力もあるかもしれませんが、そうでなければ軽く流されてしまうに違いない。皆それぞれ。私も時間は作るものだと思っていますが、ほかの人の時間にまで言及したいとは思いません。もっと寛容になれないのかなあ。日本はそういう縛りが多すぎ(笑)

本当に英語を使っている人は資格試験なんか関係ない。英語圏に暮らす日本語ネイティブの人が全員TOEIC満点で、英検1級保持者で、TOEFLもすごい高得点で、IELTSも9なのか?

全くもって違います。そんなことすら気にしてない。

もっと自由にやればいいんです。試験を受けて英語力を伸ばすのも一つの方法。

いやこんなこと書いているうちに、日本特有の縛り度大な(笑)PTAの仕事に出かけねばいけない時間で、途中行ってきました。行き道、帰り道は全部で10分。でも耳読書楽しみます。そうやって皆さんも毎日なんとか工夫してやってるんですよね。内容は違えど、人はそれぞれ縛られる何かを抱えて生活しているもの。それを抱えながらやるからこそ価値があるとも思います。

毒々しい意見は軽く流してそれぞれのやり方でコツコツ一緒にがんばりましょう。
ああ、また暴走してしまった。

さあ、明日は英検ですね。私の教え子も何人かの子が受験するようです。昨日指南を求められました。しかし試験は明日だぞ(汗)

英検には最後まで英検対策をわすれずにね!

応援しています。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。