なんで英語が出てこない?

ご質問を受けたわけでもないし、はてなシリーズとまではいかないけど、ちょっと思いついたので急きょ書いています。一応ハテナシリーズに入れときます。

今日職場で、教えている生徒がたまたま他の先生に用事で職員室に来ていました。

私が”Why are you here?"と聞くと、
「先生何?何?何て言ったん?」と言うので、Why are you here?を5回ぐらい言いました。やっとわかったらしく、
「ええと、ミート ○○先生」うーん、高校3年生「ミート○○先生」とはちと情けない。おでこに「肉」マークついてるんか?

「君、この前テストでけっこうええ点数とってやんか、I want to meet Mr.〇〇ぐらい言われへんかいなあ」と生徒に言いました。

高校3年生はけっこう難しい英作文をこなしていて、日本語の対訳を覚えさせると、けっこう満点をとる子だっているんです。かなり広い試験範囲の英文を完璧に覚えてる子だっているし、英文を書かせるとけっこうセンスのある子だっています。

でも英語しゃべれない。残念ながら国公立に行ける生徒でもこれは同じようなことが起きます。
難しい英文はかけても、話すとなると中学英語ですら駆使できない。

これは、大人の人が「英語がなかなか出てこない」とおっしゃってる現象と同じではないかと思いました。

私はやり直し英語を0、いやマイナスから相当時間をかけてやってきました。優等生でもなんでもないことは自慢できます(笑)でも、私の場合は簡単な英語を駆使してコミュニケーションをとることに抵抗はありません。
英作文をするときも声に出しながら英文を書くタイプ。口から先に出てきます。「話す」ことを先行して「書くこと」に移行したタイプなので、受験生たちと違う道筋をたどってきたような気がします。自称「ええ加減派」はここからきます(笑)間違えても言い切って、「ああ、そういえばいいのか」と直して行くタイプです。

生徒はまったく逆。書くことの方がまだできます。

英検を受験されたり英語をやり直したりしている大人の人でも、ペーパーテストはできても、面接でどうしても話せないという人の方が断然多い。

その差はどこから来るのか。やっぱり明らかだと思います。

「音」です。

音から英語に入っている人と、文字から英語に入っている人の違い。

英語と音とともに大量に過ごしていれば、英語を「話す」ことの抵抗感は薄れます。

そう、「聴いて」「話す」量の違い。
受験英語はリスニングテストが導入されているものの、聴く訓練しかやっていないので、リスニングテストはある程度までいけます。これは資格試験のリスニングはできても、話すとイマイチって大人の人にも当てはまるのではと思いました。

英語を話すためにいきなり英会話も手かもしれませんが、もともとストックがなければ話すことまでなかなか至らない。

私は英会話は今はほとんどレッスンを受けていません。
じっとする時間が無くなってきたのもあります。(じっとしてるとブログ書いてしまいます(笑)

代わりに車の中でやっているのが、「音読」です。もしくはシャドウイング。大声で、誰かに話してるかのように。
CDに合わせて英語を口に出す練習を車通勤の日は必ず30分は取るようにしています。30分間英語を発しつづける作業。それをするだけでもかなりスルッと英語が出やすくなります。

または構文を家で暗唱をしたりもしています。

私の教え子が、自分たちの教材でその作業をしてくれたら、もっと英語の底力がつくのになあと思います。授業中だけの音読では到底足りないし、受験生はその時間を確保するのもけっこう大変。科目も多いですしね。

日本で一番有名な中学校高校の先生講演に、夫が行ってきいてきたのですが、(私は子供の用事で申し込んでいたのに行けませんでした(涙))そこで重視しているのはやっぱり音読、暗唱。音を徹底的に中学校のうちに入れて、1例を挙げると、中3までになんと英文法の問題集「NextStage」も終えてしまうそうです。しかも英語の授業時間は公立並み。でも詰め込む量は多分日本一?天才児君たちの集まるそんな学校は例外としても、量をこなすのにやっぱり音読は外せないってことですね。キムタツ先生。たくさんの英文に触れてインプットしてアウトプットすることは授業以外の作業。塾行ってる暇がないぐらいたくさん覚えないといけないそうです。

天才じゃない私だって、今日もブツブツ頑張っています。何度も言いますが、音読はものすごく効率のいい勉強法だと実感するんですがね。難しい英文も何度も言っているうちに体で覚えてスルッとでてきて自分のものになってたりもする。英語環境にいないからこそ、音読で疑似環境をつくる。たくさんの日本語ネイティブの人が悩む発音だってだんだんよくなっていきます。私のなんちゃってブリティッシュアクセントがいい例かも~。

どうです?一緒にしませんか?ってどこの回し者でもないですよ(笑)通りすがりの非常勤講師です。

仕事にもどろっと(汗)勉強もしたいなあ。

失礼しまーす。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。