”cool”の使い方の追記

今日もお越しいただきありがとうございます。

この間イギリス人の友人に「"She is cool."は子供っぽい。使わない」と教えてもらってから、結構反響があったので、追記させていただきます。

同僚のイギリス人じゃない英語ネイティブの先生に聞くと、「僕も人を褒めるときに"She is cool."は言わないね。ティーンはよく使っているかもしれないけど、君の友人が言うように『中身』がない感じ。あ、でも『モノ』に対しては使ったりもするよ。誰かの新しい携帯見て"Cool."と言った具合にね」

日本人は大人も「かっこいい」をよく人に使うけど、英語ではその「かっこよさ」がどうかっこいいのかが大事なのでは?と思いました。英語圏の若い子供の使い方が表面的なんだともいえます。日本の子供もそれは同じですね。言葉がもう違いすぎる。子供たちの「うざい」を聞くのもわたしは「うざい」ですわ(笑)とこんな感じに響くわけですね。

コメントでもイギリス在住の方がやっぱり同じ指摘をしてくださいました。ティーンから見ると大人が使うとちょっと痛い感じがあるそうです。ありがとうございます。やっぱり大人な言葉じゃない。

で、実はこの間、ちょっと英語で文章を読んでる時に、セリフでいきなり”You are awesome."と出てきてました(笑)20代の人のセリフでした。こういうのってタイミングよくワラワラ出てくるんですよね。

これまたコメントですが、アメリカの一流の大学を出た社員と一緒に働く日本人の方からは「彼らは頻繁にcoolやawesomeを口にします」と教えていただきました。ありがとうございます。多分そのアメリカ人の人たちもどちらかというと「モノ」に対して言うことが多いのかもしれませんね。

それから、まだあります。この間中学生に教えてたら、いきなり教科書に”Cool."と出てきた・・・。

いや、なんか顛末があっただけに複雑な心境でした。教科書よどこへ行く(笑)

日本で英語を学ぶ私たちはアメリカ英語、イギリス英語、オージー英語、アジアの英語、とありとあらゆる英語がどっと押し寄せてくる。入ってくる英語が全部きちんとした英語かどうかの判断は英語が母国語でない英語上級者の人だってちょっと疑わしいのではないかと思いました。ドラマのセリフをそのまま使って古かったり、相手に失礼だったりして、「外国人だから仕方ないね」と思われてるかもしれないです。自称英語上級者の人がけっこう偉そうに言っているのをたまに見たり聞いたりすると、「いや私はそんなことよう言わんわあ」と思っちゃいます。やっぱり自分にとっては英語は外国語。ホンマに。→ええ加減派、気分は万年中上級者な私ですしね(笑)実ビジで出てくる表現も皆に伝わるわけではないのを見ればわかりますよね。

だから最近は「受験英語の固さは案外すてたもんじゃない」と思うに至っています。やっぱり礎を作ってくれていのは間違いない。教科書にcool出てたけど(汗)まあいいか。固くて結構じゃあないですか。「英語ネイティブスピーカーになる」なんて幻想に惑わされずに着実に行きましょ。

いつも生徒に「実際にはもっと軽い感じで使う言葉はあるかもしれないいけど、キッチリ感だしとくのは先生は大事だと思う。これが君たちのあとあとに必ず貢献するのだ」と声を大にして言ってあげます。そこを押さえずに行くと結局はどこかの時点で壁にぶち当たると思うのですがね。まあいろんなやり方があっていいですからね。学校英語は強いて言うと、音と文字をもっと一体化させてやればほんとに活路はあると思うのですが。今は「音重視しすぎ」たり、「文字」に走ったりとなかなか両方ができないのが現状。

うーん、書きだすと書いてしまいます。もっと短く連日ブログを書いている人だっているのに、私は書くとダダーっと書いてしまうのでダメですねえ。これで時間とられてますね(汗)→自分の英語の時間を完全に削いでいる(笑)

ぐだぐだ書いてないで仕事行ってきます。

おまけ:昨日のピノちゃん。
130605_1940~02
昨日は子供の塾がなくて(でも、そろばんとピアノはあった)夜ぎりぎり面会に間に合ったので病院まで行ってきました。出してだっこしてもいいと言われたので、愛おしそうにぎゅっと抱きしめる娘です。まだ退院許可が出ていないので、娘がさみしそう。面会すると帰りにいつもより激しく「キューーーン、キューーーン」と泣きながら後追いされるので、かわいそうで泣きそうになります。早くよくなってお家に帰ってきてね。ママはそれプラス治療費がコワイ・・・。すでに夜間救急で大枚はたいたし(汗)(7割戻ってくる保険に入っていますが、ズボラで保険証まだ作ってなかった(汗))

読んでいただきありがとうございました。
今日もがんばりましょう。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。