ものは考えよう

今日もお越しいただきありがとうございます。

イギリス人の友人夫婦が来る前になんだか貧血がひどくなり、それを抱えながらがんばった日々。

帰国してすぐに自分のfacebookに”The beautiful ○○ family"と写真をUPしてくれました。「すばらしい」という感じですね。ありがたや。このbeautifulの使い方は真似したいですねえ。お料理が素晴らしかったりしてもbeautiful使います。

そう思ってもらえただけでもうれしいですが、これからも出会いがあるたびにそう思われるように思いやりをもって小さな幸せをかみしめたいなと思いました。

いつも海外からのお客様を迎えて思うのは、お互い我慢をしながらも楽しみを共有して形がない思い出を作ることが大切だなあということです。思いやりの心。友人夫婦のお家は家の中にシャワーやトイレがいくつもあるようなお家。聞いた話によると、旦那さんはナニーのいる環境で育ち、全寮制のパブリックスクールを出たらしい(汗)
イギリスの小説によく出てくるけど、実際にそういう人と話をするのは初めてです(笑)

でも狭い我が家を「5つ星のホテルに匹敵するホスピタリティー」と二人で喜んで過ごしてくれました。やっぱり心が大事だなあと思いました。

で、「さて、これからはまた英語仕切り直してがんばらなくっちゃ」と思った矢先に、

いややられました・・・(汗)これですわ。







130604_1952~01

一人ではしゃいで走って、ジャンプして着地に失敗・・・したんだと思います。。全くという文字をつかってもいいぐらい吠えないピノちゃんの
「キャインキャインキャインキャインキャインキャイン」
という鳴き声を何か月分もあわせたぐらい聞きました。これはヤバイ。足の位置がおかしい・・・(汗)ピノのあまりの痛がり方に、娘は大泣き。

即ペット屋さんに電話して相談後(ものすごく親切なオーナーさんです)すぐに教えてもらった夜間診療専門の動物病院へ直行。

「骨折です。固定しても骨がずれているので手術が必要でしょう。ここでは応急処置しかできませんから、明日朝いちばんに獣医さんへ行って手術をしてもらってください」ピノちゃんは1,4キロぐらいしかなくて、小さくて足も細い。よくジャンプする犬種でもあるので、ジャンプ力はピカイチ。だから、小さいゆえによけいに骨折しやすいんだそうです。

家に帰宅したのは夜中の1時をすぎていました。

朝たまたま授業までに病院が終わってよかった。即手術して入院です。最低3日は入院だと言われました。愛犬は赤ちゃんとおんなじですねえ。ものが言えないのがちょっといじらしくなっちゃいました。クーンクーンと鳴かれるとちょっとつらい。これからボルトを足にいれて一生を過ごすピノちゃん。退院してもしばらく病院通いのようです。

「なんだか怒涛のようにいろんなことが押し寄せてくる・・・」と夫に言うと、

「でもママ、ものは考えようやで。これがママが貧血で歩かれへん時やったら大変やったし。お客さんがおるときにおこってたらこれも大変。3ついっぺんにおこってたらと思うと、別々でよかったやんか。それに、ピノはかわいそうやけど、命にかかわることでなくてよかった。ピノちゃんがうちにやってくる悪いことをもしかして背負ってくれたんかもしれへん」

といつもの通り、未来を向いた意見。

こういう時に本当に夫が伴侶でよかったと思います。ありがとう。病院への付き添いも全部ついて行ってくれました。大事な家族の一員ですからね。

と言うわけで、もともと忙しい上にまた忙しくなってしまいました。

くすん。

でも、ここの所毎日は更新できていないのに、それでも毎日一定の方々が寄ってくださっていることに感謝です。

仕事に押され気味の自分の英語もなんとかやりたいと思います。
耳読書ばかりが進みますね。今聞いてるのはこれ。前からダウンロードしてあった大作。円安なので買い控え中のためにストック聞いてます。
Fall of Giants
Fall of Giants [ペーパーバック]
最初はなんだかジェフリー・アーチャーと重なる感じがしたんですが、だんだん「やっぱケン・フォレットだわ、これ」に耳がなってきました(笑)時代は変われどピラーズシリーズと同じ路線を感じます。人間模様ですね。大戦を描いているので、いろんな登場人物を把握するのに最初の8時間以上は費やしていたような気がします。

ものは考えよう。ちょっとでもプラスに転ぶか転ばないかは自分次第。英語をできなさそうで、できていたりしますからね。人と比べなければもっといい。

英語ブログになってませんね。すいません。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。