She's cool.はもう古い?

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

今日の我が家はすき焼きでした。滞在中のイギリス人夫妻とそのお友達もたまたま日本に旅行に来ていてさそったら喜んで京都から来てくれました。

晩ご飯の前は近所の「スーパー銭湯」で一風呂あびて帰ってきました(笑)時間がゆるせば毎日行きたいそう。

3人ともすき焼きは初めてとのこと。さてどんな反応が。

いや、もう「oh, SUGOI!」と連発しながらうなりながら食べてました。すき焼き作ってこんなにうなられたのは初めてだ・・・(汗)今日来た彼女はもう何週間も旅を続けていて、家庭料理を食べるのは数週間ぶりで、ものすごく喜んでくれました。よかった、よかった。

今日来られたイギリスの人もやっぱり弁護士。イギリスの法制度がまだよくわかっていないんですがね、私(汗)バリスターに、ソリシター。うーん。我が家に弁護士が3人鍋を囲んでいました。で、すごく素敵で、かっこいい人だったので、彼女が帰った後に、

"She's cool."と言ったら、友人夫妻が怪訝な表情。「なんか10代の子の英語みたいだし。80年代風でオールドファッションだね。どういう意味で言ってるの?」といわれました。かっこいいってほかにどうやっていえばいいのだ?

そのほかに話してて、「じゃあ、すごいってawesomeってのは?」と言うと鼻で笑われた。

大人はそんな物言いしないのだ。そういえば、洋書読んでてその辺の言葉は最近みたことないなあ。昔アメリカにアメリカ人の友人を訪ねて滞在していた時に、友人の女友達が私に向かって”You're so cool."と言ってくれたんですが、ずいぶん前だしな(汗)そうか、古いし、アメリカっぽいのね。でも、そういえばアメリカの最近の小説でも見かけてなかったな。

「じゃあ他になんて言えばいいの?」と聞くと、けっこうオーソドックスな言葉ばかりが並びました。nice personalityとか結構内面をほめる言葉が多かったです。

ということで、これからcoolは使わないでおこう(笑)

あ、その友人のご実家がとっても素敵な200年以上前の古い洋館で、しかも別棟のコテージもあるそうです。私が「イギリスのマナーハウスみたいなのに泊まりたいなあ」というのを聞いていたみたいで、「今度イギリスにきたら是非泊まりにきてね」とお誘いを受けました。う、うれしい。こんなところだそうです。
images
「いつぐらいに来る?」って聞いてくれたので、ほんとに行っていいみたいです。ああ、また一生懸命働かねば。早く子供の受験が終わってほしいです。

明日はグルメな友人夫妻が日本料理レストランに招待してくれるそう。楽しみです。仕事の疲れも吹っ飛ぶなあ。

今日も読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。