心を柔らかくするもの

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気でお過ごしですか?

相変わらず毎日同じようなネタで更新し続ける私なのに、わざわざ読みに来ていただいてうれしいです。

今年も相変わらず受験生たちの授業を担当してるんですが、反面超カワイイ中坊たちの面倒もみています。

高校生を教えたあとに中学生の教室にはいると、もうね、笑顔が止まらないんですよ。もうちっこくて、ころころしてて、明るくて。特に男の子はうちの娘より頭一つ分小さいんじゃないか?というぐらい小っちゃい子がいて、おばちゃんはきゅんとなります。

一人一人ノートの点検をしたりして、一人一人に声を掛けていくと、いろんな反応をします。机の周りがすごく散らかってる子には「ほら、ちゃんとかたずけなあかんで。お母さんに毎日いわれてるやろ」「先生お母さんと一緒や」

「さあ、手を挙げて答えてくれたらポイントあげるでえ!」と伝えてあるので、授業中みな競って手を挙げて「先生僕あてて!」「あいつばっかりずるい!」

そしてこちらの言うことは英語でもなんでもリピートしてオウムのように大声で真似してくれる。

ノートを見て、大袈裟に「ベリィ、ベリィ、グゥーーーーット!」と言ってあげたり、手を挙げてくれても、褒めてあげるともう大喜び。褒めるとますますやる気になる。

この元気はいつの間にかなくなっていくんですよねえ。かわいいのになあ。

でも、こちらが「好き好き光線」を出すとやっぱり生徒はわかるのかな。そう思いたいです。

英語が好きになってね。

生徒の笑顔を見ると、自分の英語がおろそかになってもちょっとは救われます。


4月25日(木)の英語
朝の読み物
大学入試最難関大への英作文―書き方のストラテジー
大学入試最難関大への英作文―書き方のストラテジー [単行本]
あと少しで「頻出語彙」の例文集を読み終えます。この後はまた京大、阪大の英作文のコーナーだ(汗)

耳読書:
STORYTELLER
STORYTELLER [ペーパーバック]
明日か明後日には聴き終れそうです。やっぱりピコー氏すごいです。どうやって読書日記を書けばよいのだ?と言うぐらいすごいです。

目読書:
The Firebird
The Firebird [ペーパーバック]
Kindleで48%ぐらい。この人の作品は初期の作品を除いてほとんど読んでいます。今回は時間をさけないので一気読みができませんが、楽しんでいます。

上でも書いたんですが、生徒と接して、娘をハグして、愛犬をかわいがったりすると、湧き上がってくるなんともいえない感覚。愛おしい気持ち。そんな気持ちを日々ちょこっとでも持ち続ける事ってすごく大事だなと思った今日でした。

そういう気持ちが定期的に自分の中で湧きあがってくることで、日々のマイナスな気持ちが消えてしまう。しゃかりきに頑張りすぎたり、気をつかいすぎたりもちょっとストッパーがかかります。それがいわゆる癒しなんだなあとも思います。

そう、心が柔らかくなります。

どうかここに来て読んでくださる方々中で一人でもいいから、ほんのちょっとでもいいから、心がほぐされますように。

今日は子供を塾にお迎えに行く前にUPします。明日は遠足でまた「キャラ弁当」=ピカチュウ弁当しか作れない(汗)のリクエストが・・・。卵を1パック余分に買って戦闘態勢を整えています。超早起きして頑張ります。

読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。