ママ非常勤講師の憂鬱2

今日もお越しいただきありがとうございます。なんだか暖かいのか、寒いのか暑いのかよくわかりませんねえ。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

私は英語を勉強しているのか、仕事をしているのか、ボーっとしているのかよくわかないこのところです。

仕事にすぐ飽きて(ここが私の偉くないところ・・・。)いつのまにか寝てたりね。だらだらしてないではよ仕事をきっちり済ましなさい!と夫から言われてもやっぱり気が付くとぐうぐう寝てる自分がいます。夫は「亭主元気(かどうかは不明、性格は超元気)で留守」なんで、しばりもあまりないからよけいです。でブログ書いたりね(笑)

で、ぎりぎりになって「ど、どうしよう!」とすぐあわてる。
いや、やることもっと早かったら、とうに大成してるわな・・・。と反省しきりなんですが、まあ人間らしいということで。体もしんどいモードだし・・・。

で、こうやって英語の勉強もできないなあと思いながら、授業の準備もだらだらやりながらだとなかなか気持ち的にはしんどい。中途半端さがだめですねえ。

その中途半端さがまたまた発覚。

先週に出席できると言っていたPTAの役員の会合をすっかり忘れていることに今日気付くというだらしなさ。
「仕事しなくちゃー」と大騒ぎですっかり忘れてました(汗)

しかも、ひっきりなしに委員長か副委員長の人からメールがやってくる。それも気が付いていない・・・。

私は携帯メールが超苦手です。だから友人とも私だけPCからタイプして打ちます。携帯の指うちは超遅いけど、英文タイプは超早い。最近は一人の友人がフリーメールをシャットアウトしたので、不便。迷惑メールが多くなってきてフリーメールが通らなくなっていきています。

で、たいていPTAの集まりや行事が仕事と重なります。仕事をしているママにも容赦がないですからね。去年委員をしていない時でも当番にいけなくて電話でお叱りをうけてこわかった。でも普通のパートとちがってシフトをずらすとかの融通はあまりききません。ましてや今は私立の学校に通う身。授業に穴をあけるのはよっぽどでないとご法度。私も1年に一回授業をスイッチしてもらうほどしか予定を変更しません。それもかなりな用事でないとムリ。「PTAの役員会」やら「授業参観」なんていちいちいってたら、来年の仕事は確実にないと思います(笑)前任校では、はっきりと「授業参観などで休まれるのはとんでもない。問題外」と最初に明言されました。

去年はたった一日授業を休むことすら拒まれました。頼んでも変更は難しいことを言われ、何もしてもらえなかったので、ビデオを見る授業の準備を整えて、すべて外国人の先生たちに頼んでやってもらいました。

前にも書いたことがあるんですが、学校全部がそうではないだろうけど、専任の先生方は結構「子供の授業参観にいってきまーす」と半休をとったりしているのを横目にうらやましく思ったもんでした。だから私より夫の方が一応公務員なので、いざというときは役に立つ。それもよっぽどのことがなければ休みませんが。ごめんよ娘。

今年はまだコマ数を減らしたのでましだと思ってひきうけたんですが・・・。(涙)

でも、PTAはものすごい剣幕で「働くママも、そうでないママも平等!子供のためにそれぐらいして当たり前やろ」の世界。堪忍してえや、とほほな気持ちです。昔はそんな縛りあったんか?子供の送り迎えの当番や、パトロールやら、学校のお祭りの義務やら・・・。働く私の母がそんなことをしていた記憶は全くないなあ。

海外に行くと子供のお迎えは親の仕事。それができなければ、人をやとって迎えに行くのをよく見聞きします。友人がそうしていました。私の浅い経験からしかわからないけど、地域で順番にママたちが義務でやることはあまり聞いたことがない。でも日本はお金を払ってまでという発想はない。どうも「この行事をしないと成り立たない」的な雰囲気があって、それについて行っていない自分がいます。まあもともと行事に参加して目立ちたい、大活躍したいタイプじゃないですからね。でもいろんな行事をみていて、先生や親の仕事をただ単に増やしているだけで、本当に必要なものなのかと思うのは私だけでしょうか?誰かが昔に言い出して、どんどんいろんなことが増えて行って、いざとなると、やめて何かがあったらコワイから、言い出せずに雪だるま式に仕事が増えていると思うのは私だけでしょうか?やめるには勇気がいりますからね。会社でも形骸化した仕事があるように、社会でもそうことは多い。日本は特にそうかもしれません。

このところはたいていのママが仕事を持っていらっしゃるので、風当たりもきついです。「私も働いてるのに」という縛りがある。そのなかでどうも自分の中途半端さや、仕事がちゃんとできていない自分に出会います。

で、英語ブログが「非常勤ママの愚痴」ブログになってますね。いや自分の英語できへんし・・・(汗)


まあ、いつものことですが、英語講師としても、受験生ママとしても、主婦としても、犬ママとしてもまったく完璧に遠い自分と事あるごとに出会うわけです。

今日は子供を塾に送ってから、愛犬ピノちゃんをペットショップに預けに行きました。初めてのお泊り。予防接種の日が明日で、仕事でどうしても今日しか無理なので今晩預けて明日獣医さんに行ってもらうことになりました。(ペット屋さんがかかりつけの信頼ある獣医さんに連れて行ってくれます。遠いのでお店の子犬達と一緒にいつも連れて行ってもらう)

でも帰ってきたらサークルにいつもへばりついて「出して出して」とか、起きたばかりで伸びをすしながらあくびするかわいいピノちゃんのすがたがないとなんだかさみしくて目頭が熱くなってしまいました。(おばちゃんは涙もろい)なんだかおセンチな今日ですねえ。

でも犬にも子供にも夫にも仕事にもコミュニティにも(たまにはジジババたちにも(笑))必要とされていることは、見方を変えると「幸せ」をもらっているんだなと思います。

人間は一人ではさみしすぎるから。

読んでいただきありがとうございました。さっさと仕事ももう一回チェックしてご飯も作らなくちゃね。
明日もがんばりましょう。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。