ハイブリット生活

今日もお越しいただきありがとうございます。まだダウンコート来ているおばちゃんは私です。なんだかぬくくて気持ちいい。皆さまは週末はいかがお過ごしでしょうか?

授業がだんだんと本格的に始まってきました。生徒も先生もまだまだ緊張が抜けきらない時期です。

今年は中学生と高校生を担当しています。でも相対すると言ってもいいぐらい対象的です。

授業をするときに、いわゆる「オールイングリッシュで」と言われていますが、いったん教室に入ってみると、
アルファベットも書けない生徒もいます。スペルも読める子供とまったく読めない子供がいます。

そんな中でオールイングリッシュで進めるとどうなるか。おそらくすごく英語のできる子と、まったく訳がわからなくなってしまう子の二極化になるのでは?と最初の授業の印象です。

英会話を習っている子、小学校でたっぷり時間を割いてもらった子、みなが英語ができるので、自分は取り残されるのではないかと不安に思っている子。どの子も私の生徒です。その不安を取り除いてあげれるようにまずは「心配ないよ」と最初の授業のおわりに話をしました。

実はためしに前半部分をオールイングリッシュで進めました。それでわかっている子、なんとなくわかる子、わかっている子供から教えてもらう子、まったくわからない子。それぞれ。

突然日本語に切り替えた途端(ここで笑いもちゃんととる)、見えた子供たちの安堵の顔。「先生日本語しゃべれるんや」「・・・」

で、英語で説明したところは休み時間になったとたん、生徒がわらわらやってきて日本語で質問しなおすという結果でした。日本語で説明したところでさえも同じことを繰り返し確認してくるんですからね。

英語でやるメリットは勿論大きい。でも手間暇と時間がかかります。それを大学入試が待ってくれるか?まだまだじゃないかなあ。大学進学実績の結果を求められる私立中学高校ではなかなかできないのでは?とも思いました。生徒のレベルにもよりますしね。

今のところネイティブスピーカーが入る時間は英語しか使っていません。でも私だけの授業の時は説明はやっぱり日本語を入れてあげたほうがいいかなと思っています。それに生徒を笑かすときも日本語でね。あ、英語でもね。Rの発音を導入するときはジャイアント馬場の「アッパー」がまだ通用します。「先生そのアッパーはジャイアント馬場やろ?」と突っ込みもあったりしました。知らなくても受ける。中学生相手には捨て身じゃないと、見抜かれますからね。高校生はもっと言葉遊びで対応します(笑)

この間英会話の授業についてネイティブスピーカーの先生を交えて打ち合わせをしたときに、日本人の先生に「先生の英語はブリティッシュイングリッシュ!」ととたんにばれました(笑)ついでにブロークンイングリッシュもばれてるはず(汗)

そのブロークンさ、ええ加減さをなんとかしないとと週末で来週の授業の準備をしつつ、文法のおさらいとしようと思っています。高校英語でよく使われている問題集をご紹介すると、
Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント215の征服
Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント215の征服 [単行本]

【データ分析】 大学入試 アップグレード UPGRADE英文法・語法問題 改訂版
【データ分析】 大学入試 アップグレード UPGRADE英文法・語法問題 改訂版 [単行本]

Scramble 英文法・語法 第3版 (大学受験スクランブル英文法・語法)
Scramble 英文法・語法 第3版 (大学受験スクランブル英文法・語法) [単行本]

このあたりが今のトレンドだと思うんですが、このうちの一冊の学校用のセレクト版のまとめ本1冊を週末でやろうと思って今第1章やりました。(あまり特定しても何なんで(笑))上の3冊みたいなの週末でやるのは到底無理ですからね(笑)これをふつう生徒たちは授業ではなく自分たちでやるように指示されます。授業でやらない試験範囲でも先生は難易度の高い問題でも「知ってるよん」となってないとだめですからね。

やってみるとlatelyとrecentlyをとちったりしてます。うーむ(汗)答え見て「あ、しまった。そうだった」ではまだまだ。修行しなおしです。引き続きやりたいと思います。→おわるのか?

今日は朝から自分の英語に取り掛かりたかったんですが、朝からピノちゃんのトリミング、昼からパパを送って、そのあとすぐ子供の塾へ送って、帰宅すると今度はピアノの調律師さんが来られて、やっと夜に問題集を開き始めました。しかし一日にいろんなところへ何往復してるのだ?というぐらい車に乗っていました。少し前に超省エネのハイブリッドに乗り換えてよかった。ガソリン代が違います。

実は読み始めた目読書のPBが、著者の過去の作品も絡めたものだったので、ファンは必読みたいな本でした。2作品のキャラクターが絡まっていてどちらも読んだ(しかも1作品は2回も)私にはもう目の前のニンジン状態です。「よ、読みたい~」という気持ちを抑えて勉強します・・・(涙)でも趣味だけに走ってても、問題集ばかりでも、片手落ち。

英語もハイブリッドで行かないとね。

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日も寝坊しましょう~!

あ、子供の試験だった(涙)

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。