Spring holiday

今日もお越しいただきありがとうございます。春休みのお忙しい中わざわざ読みに来てくださりほんと感謝です。

英語の試験の端境期になると、ちょっと読者も減ります。英検直前になるとまた増えて、その中の何人かの方々が引き続き来てくださるという繰り返し。毎年同じ動きです。勉強日記も兼ねている自称「地味ブログ」「おたくブログ」で、何の宣伝活動もないし、コメントにも答えられないので、ここまで成長したことにびっくりしているほどです。他の方のブログにコメントも残さないともっと減ります。(私は自分がコメントを閉鎖しているのもあって、こちらにコメントくださる方か、よっぽどじゃないとコメントしないようにしています)きっとたまに読みに来てくださる方も「あれ、まだ続いてる」と思われてるかも~。でもその職人っぽい細々感も好きなんですよね~。

好評のハテナシリーズもハテナが出尽くした感もあるので、最近書いてませんしね。みな持っているハテナはよく似てるってことですね。だからと言って自分の勉強が完成したとは全く思っていないので、やっぱり変わらず英語を続け書き続ける日々です。

3月30日(土)の英語
耳読書:
Best Kept Secret (Clifton Chronicles)
Best Kept Secret (Clifton Chronicles) [CD]
うーん、面白すぎて聴きすすみます。2巻に引き続き裁判シーンが面白かった。この人の作品の「先に進みたい」妙薬は何なんだ?と考えてみました。うーん、やっぱりゴシップの真相知りたい心理をついているんでしょうか(笑)ほんまに引っ張るのうまい。

目読書:
The Snow Child
The Snow Child [ペーパーバック]
Kindleで43%ぐらいまで。1920年代の厳しいアラスカの冬の様子が伺えます。ほんとに雪の結晶まで見えそうな物語。大人になっても心は少女なのだ。

この間、他の方のブログで「多読」の人って呼ばれたんですが(笑)でも多読でやっちゃいけない「辞書で単語を調べる」をけっこうしっかりやりながら読んでます。だからタドキストに入れてもらえないかも~。Kindleはあまりロスなく辞書でササッと単語を確認できるのでほんとに便利。アラスカに住む動物の名前や植物は調べたほうがよりイメージがわきやすいですしね。そうそう、さすがにantlerはわかりました。私のイギリス製のスーツケースの名前だし(笑)

英作文の読み物
大学入試最難関大への英作文―書き方のストラテジー

大学入試最難関大への英作文―書き方のストラテジー [単行本]
~49Pまで。これちょっと感動しているので長いです(笑)

いや、これ読んでよかった。夫よ感謝。目からうろこの連続です。「大学入試は日本人の英語の上達を妨げている」「重箱の隅つつき」「そんな英語古い」なんて言ってる場合じゃないと思えます。それを凌駕しないと英語上級への道は閉ざされたまま。

「これ知らなかったらちゃんと英文書けないじゃん」の連続。英語→英語ではなく必ず日本語の必要な日本での英語。「この日本語どうやって英語で表す?」にけっこう対応してくれています。竹岡先生のテキストと共通
したところも多いです。

かゆいところに目が届くするどい大矢先生の解説。うーむすばらしい。説明ウマすぎ。これらの情報がいつも頭にストックされていたらもっと自信がつくのになあ。(すぐ忘れる(涙))

こんなこともわからずに教壇に立つなんておこがましいと思いました。え?最近の英語日記では説得力ない?すみません。修行中だし(汗)

「なるほど~」と思ったのがこれ、ご存知のかたもいると思いますが、
It is dangerous that children swim in this river.

ネット調べるといつもよく見させていただく某予備校の先生のサイトが最初にでてきました。でも大矢先生の簡潔な説明はやっぱり秀逸。

それとか、「
Japanese は形容詞だから I am a Japanese.はおかしい。I am happy.と同じ並びでI am Japanese.名詞じゃないので冠詞はいらない。」とこんな簡単なこともストンと落ちますね。けっこうこれ書かれているのがなかったりする。こういうことを普段からすらっといえるようにならないと。こういうかゆいところに目が届いてるのも久々です。ああ、オモシロイ。これも、
as ~ asの品詞。前と後ろでは違います。これも夫から教えてもらって知ってはいたものの、やっぱりわかりやすかった。

勉強すればするほど、やることいっぱい出てきます。自分が「上級者である」と思える人の気持ちがホンマにわからない。やっぱり私は万年英語learnerだ。先生なのにこんなこと言ってすみません。

上に出てきたことをダイレクトメソッドだけで中学から英語を習う日本人ができるようになるとは私は思えないんですが。英文大量に読むだけでそんな「カン」はやっぱり養えないとも。やっぱり日本語で説明されて納得すると早いと思うんですがね。ダメ?自分の中では両方からのアプローチが必要だと思っています。

とにかく最初の章だけでも新学期までに読んじゃおうかと思っています。

やっぱり普通なら手をつけない本も「必要」であるがゆえになんとか取り組むことができる環境に感謝です。
教えることは学ぶこと。驕ったとたんに道は見えなくなります。

Diary:
130329_1342~01
Yesterday we went to the expo park. When I asked her where she wanted to go in this spring holiday, she told me to visit National Folklore Museum which is one of her favorite place.

We circled the exhibitions and enjoyed the craft they offered. After that, my daughter enjoyed activities in the park. She said,"Mum, it was really fun. I enjoyed this for my spring holiday excursion. Thanks."

I hope you are spending fun holiday.
(photo:the backside of "The Tower of the Sun" with cherryblossoms.)

おまけ:
昨日家において万博に行ったので、ちょっと時間がなくて遊んでもらえないと、次の日にハンガーストライキをして食事の予定時間2時間を過ぎても食べずに、しっかりだっこしてかまってもらったら、やっとごはんを食べた我が家の超困った子犬。
130330_2043~01
片手乗りピノ。最近は前足を片手でひょいと持ち上げると、自分で後ろ足を腕に乗せてお尻を安定させています。
我が家のこのところの合言葉は「ピノと決して目を合わせてはならぬ」目があったとたん、尻尾ふってジャンプして「サークルから出して攻撃」をされます。

今日も読んでいただきありがとうございました。3時間も昼寝してまだ寝れそうなズボラなママは私です。昼寝の時間を英語に費やせたらどんなにいいかと思うけど、体の方が大事なのでズボラでいときます。

明日もがんばりましょう


お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。