家事と勉強

今日もお越しいただきありがとうございます。

人間、生活をしていたら、大小はあれどみなさん「家事」をしなくちゃいけないですよね。私のような兼業ズボラママでも、ええ加減でも家事をしないといけない。

朝ごはんの洗い物をしていてふと思ったんですが、

「家事」と「勉強」は似ている。

どちらも毎日しないとだんだん大変なことになる。

洗濯をためると着るものがなくなるし。掃除をしないと埃だらけだし。整理しないと、「あれどこいった?」といつも探し物しないといけない。

ひとつひとつは10分単位でできるものもあるのに、それを全部こなそうとすると一日あっと言う間ですよね。
で、やったら、また食べてまた新しい食器洗いが待っています。洗濯物が待っています。きりがない。

非生産的。

勉強も、ある意味同じような気がします。毎日音読に取り組んだり、本を読んだりしても、急に話せるようにも、聴けるようにも、書けるようにもなりません。急な効果は期待できない。

できるだけコンスタントにしないと結果がついてきません。先が見えない。

でも、家事も勉強もその非生産的であることを重ねることが大事なんですよね。

やらないと、家もきれいにならないし、英語もできるようにはならない。

だから実は毎日の積み重ねが逆に合理的であるのではないかなあと食器を洗いながら思いました。

毎日の英語の取り組みは洗い物と同じ。洗ったら、また次には新しいものを洗わないといけないのと同じで、次の日には音読をしないと、英語を読まないと、英語を話さないと、英語を書かないと成り立たない。

といいながら、ズボラなので皆の協力がないと成り立っていない我が家です(汗)朝、子供のために水筒にお茶をいれて、ゴミを集めてゴミ袋を持って家を出てくれる夫。休みの日(家にいる場合)には掃除機もかけてくれるし、朝マックも買いにいってくれるし、買い物も全部行ってくれる。しんどくてねてたら洗い物もしてくれる。晩ご飯作れなくても全然平気。

ああ、ズボラなママでごめんよ。といいながら英語に取り組む母です。感謝。

そう思うと、毎日コツコツ努力できることも無駄じゃないって改めて思います。

毎日、仕事も家事も育児も勉強も(ついでにブログも(笑))もちろん完璧にはこなせません。英語教師をしながら、自分の英語力を維持、向上していくのも難しさを感じますが、進むしかない。

派手じゃないけど、日常の中にしみこんで、それができる幸せを感じながら。助けてもらうことに感謝しながら。

3月11日(月)の英語
朝の読み物:
京大の英語25カ年[第6版] (難関校過去問シリーズ)
京大の英語25カ年[第6版] (難関校過去問シリーズ) [単行本(ソフトカバー)]
うーん、こんなのさっと読めるようになりたいです。子供に社会性をつけることの重要さを述べているんですが、notionを述べるところは難しいです。入試問題はたいていそうですが、bodyの部分、例を挙げている部分からクリアーになることも多い。わかりやすいから。概念的なものを書いてある文はほんとに苦労しますねえ。「こ、これは動詞はどこだ?」と最初全然わからないのに、あとで日本語訳を見て英文を読むと歴然(汗)なんでその時わからないんだろうと妙に生徒の気持ちがわかる私です。ああ、いつになったら自信がつくのだ?→ずっとムリムリ(笑)

音読
NHK CD BOOK NHKラジオ 実践ビジネス英語 杉田敏のグローバル時代の英語 (NHK CDブック)
NHK CD BOOK NHKラジオ 実践ビジネス英語 杉田敏のグローバル時代の英語 (NHK CDブック)
Lesson10-3 約72回
①音声を聞く2回
②音声だけでシャドウイング20回
スクリプトと同時に音読20回
素読 10回スラッシュごとに2回×1=2回
                    3回×1=3回
                    5回×1=5回
⑤片耳同時読み 10回
⑥片耳シャドウイング10回

こんなに回数こなさなくてもいいのにと自分でも思います(涙)かなり時間が必要です。これをするともう一日の英語のメインティッシュを食べた感じ。シャドウイングがいつもより多くできたのは、洗濯を干しながらやったから(笑)
(これね、私の母が我が家に現れると、「干し直し」されたりするんですよね(汗)とにかく早く干し終ることに重点を置く私の干し方はダメだそうです(笑))

でも「音に乗れるまで」「なんとなくでも自分の口からでている感覚がつかめるまで」を目標にすると、おばちゃんは時間がかかります。これってやっぱり訓練系、修業系の取り組みなんだなあとしみじみ。

耳読書:
Dragonfly in Amber (Outlander)
Dragonfly in Amber (Outlander) [CD]
Part3に入りました。相変わらず舞台はフランス。話がけっこう進展して死んだと思っていた敵役がやっぱりでてきた。このままジャック・ランドールはでてくるのかなあ。これは耳読書でも大変ですが、実は目読書でもスコットランド訛り表記?なので、けっこう大変だったのを思い出しました。でも訛りのある登場人物がいる場合は耳で聞いた方がやっぱり楽しいですね。

目読書:
Snow White Must Die
Snow White Must Die [ハードカバー]
Kindleで20%ぐらいまで。読み始めたら一気に読めそうなミステリーなんですが、時間が割けない(涙)今日はお昼ご飯と子供の塾お迎えで車で待機している数分も使って読みました。隙間読書~。

あっという間に今日も過ぎました。みなさんの一日はどうでしたか?

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。