間違いを恐れない

今日もお越しいただきありがとうございます。週末ですね。

昨日は子供が塾の宿題をする横でぶつぶつ音読をしていたんですが(すでに私の音読は家族(含む犬)のBGMとなっています(笑))途中で眠気に襲われてうたたねしてました。気が付くと、子供が私の上に乗っていて、二人でうたた寝してしましました(汗)どうりで重かった。夫に12時前に起こされてベッドルームに移動しました。原稿もジャーナル以外は完成していて、あとは実ビジをもう少しやれば書けるところだったのになあ。

ここのところ授業が随分空いてきて、時間割も変則的で試験期間もあるので、私も周りのネイティブスピーカーの先生もだんだんゆうるりと過ごしたりするので、談笑したりする時間もちょっと増えました。まあそれもあと数日を残すのみ。

ネイティブの先生の一人に「日本人はいつも『英語がどうやったら話せるか』と思っているし、生徒を見ていると、英語で話しかけられたら、なんとなくわかっていても、英語で受け答えができない。どうしてあげたらいいと思う?」と聞いてみました。

「間違いをおそれるから。間違えても声に出して使わないと上達は難しい」と即答されました。

日本では意見を求める授業より、講義を受ける授業が大半。そして自分の意見を言わされたり、書かされたりすることが異様に欠如している結果だという結論に話をしていていたりました。だから資格試験も大流行り。数値化されたものにならされている結果なんですね。間違えはバツという社会なので、常に正解を求められます。

結局はペーパーだけで判断せざるを得ない入試にテコ入れをしないとこの構造は変わらないんだろうなあと思います。話を聞いていると、欧米ではペーパーテストは答えを選ぶのが主流ではなく、自分の意見を書く、そうエッセイが主流のようです。そして面接。もっと大事なのが学校の成績。そして、大学に行ったり、進路を決めたりするのに、学校とはまた別の機関がしっかりあるそうです。そこで大学に願書を出したりする指導も受けれたりする。ある意味もっと学生に手厚いことをしてくれる。

それはやっぱり教育に予算をかけてどこに重点を置くかと言うことがはっきりしているからですね。日本はものすごく安上がりな効率的な教育の方法です。受け身的な授業で先生の数を減らして、主にペーパーテストの(マークシートが主流)でざるでざっと一斉に選り分けて効率化を測っている。ある意味成功していますが、それが「国際的な場所で意見が通せない」原因の一つになってるんじゃないかなあと思いました。論理的なことを言う訓練が日常からない。コントロールされることが意図的になされてるんじゃないかと思うほど。

子供の授業参観に行くたびに、情報交換に忙しくぺちゃくちゃおしゃべりして子供の授業を妨害している親を見るにつけ、日本の社会の幼稚さ、危うさを垣間見る気がしてならないのは私だけでしょうか?子供が先生の話を聞かずに授業参観でもおどけて授業を妨害するのを見て悲しくなるのは私だけでしょうか?その横で授業崩壊を防ごうと日々投薬してまで授業にでてきて疲弊しきっている先生を見て悲しくなるのは私だけでしょうか?

社会全体が論理的じゃないから大人がわがままだからどうしようもないところもあるかもしれませんね。子供は大人を見て育ちますしね。

何とかなってほしいなあ。子供の未来のために。

あれ?話がそれましたね。大人も間違えて成長して、間違えを糧にいい大人になって、いい社会を作っていければ、もっと子供にも未来があるのになあ。メディアに思想操作されてるようじゃだめですよね。とにかく大人数のお姉ちゃんやお兄ちゃんはもういいですわ。(実際は知らんけど(笑))

間違いを恐れずに、失敗を重ねて成長を見守れることが良しとならないと、大人になっても苦しんでいる人が多いんですからね。

英語は間違えて言えば言うほど、話せるようになりますよ。これほんと。(経験者談(笑))

使って使って、間違えるべーし!そして直せばよろしい。

3月1日(金)の英語
耳読書:
The Bungalow
The Bungalow [CD]
4日で聞こうと思ったら、4日で聞けました。一日2時間ぐらいの計算ですが、通勤で2時間を確保するのはたいてい無理。たいてい1時間半聴けたらいい方です。でも後半はああなるのがわかっていても面白くてどんどこ聞きすすみました。次まだ決めてない・・・。

目読書:
Pride and Prejudice
Pride and Prejudice
80%まで。なんとか週末に片付けないと、ほかの目読書にかかれない・・・。

音読
NHK CD BOOK NHKラジオ 実践ビジネス英語 杉田敏のグローバル時代の英語 (NHK CDブック)
NHK CD BOOK NHKラジオ 実践ビジネス英語 杉田敏のグローバル時代の英語 (NHK CDブック)
Lesson9-2 約47回
①音声を聞く2回
②音声だけでシャドウイング16回
スクリプトと同時に音読25回
素読 4回スラッシュごとに2回×2=4回

上でも書いたように、夜に④から続きをやろうとソファで寝そべりながらやっていたら、寝てました・・・。

ちょっと貧血気味なのと(笑)、やっぱり授業は一通り終わったので、緊張が抜けたのかどっと眠気が襲ってきているようです。昨日もひたすら寝てたけど、土曜日の今日も朝から昼まで寝てました。だから子供が塾に行ってる間に昨日のジャーナルをUPしています。3月はテストやネイティブの先生もまじえた活動系の授業の仕上げや残務処理が残っています。一人で教壇に立つことはもうない。さすがに気が抜けますね。

最近はもう年も年なので(笑)「眠いときは寝る」作戦を強化しています。週末はとにかく寝だめ。夫にも「ピノ(生後60日)とママは競うように寝てるなあ」と言われました。

寝る子は育つのだ。いや私は大女なのでもういいですが(汗)→身長約170センチ。なんのこっちゃ。
ちなみにピノは20センチぐらい・・・。(鼻の先から尻尾まで。だいたいですが(笑))

ご飯の前のお座りや、待てはいつぐらいから始めるもんなんですかね?今はもうサークルに近づいてもらえるのがうれしい騒ぎで全然そんなことできそうにない感じです(笑)おしっことうんちは我が家に来た初日からちゃんとトイレシートでやってくれるので、1週間したらトイレトレーニングと言われたんですが、ほかに何かしてもいいのかなあ。トイレを別室に移動してもいいのかいな。ホンマにわからないことだらけですね。まあいいか。

明日はついに5分間の外出許可(いやサークルの半径50センチぐらいのね(笑))がペットショップさんから出たので娘が楽しみにしています。少食でエサを半分ぐらいしか食べないので、15分が5分に縮んだんです(涙)「落ち着きのある子にしたければ我慢してあげてくださいね」と言われました。うちは日中かまってあげれる人がいないので、返ってその方がいいですしね。ピノもう少し待っててね。

それでは良い週末をお過ごしください。
読んでいただきありがとうございました。

コメントいつもうれしいです。個別にお返事できなくて申し訳ありません。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。