読了「一億人の英文法」

今日もお越しいただきありがとうございます。今日は帰宅したのが夜だったので、英語の取り組みをしたような、していないような。だから増刊号。
一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
今日の朝やっとこれ読み終わりました。660ページ。ぜいぜい。

でも先生は巻頭に高校生なら1週間から10日で読破して英語の輪郭をつかみましょう。みたいなこと書いてあったんですが、私はおばちゃんだし、朝ごはん時が中心だったので、1月から1か月半ぐらいかかりましたね(汗)
正直、面白かったです。

今までも職業柄参考書を手に取る数はけっこう多い私でしたが、(すぐ忘れるし(汗))隅から隅まで一気に1冊読んだのは初めて。今までは教える項目の部分、例えば関係代名詞を教える時は関係代名詞の部分の参考書をいくつかざっと読むという方法でした。

一応英語教師なので(汗)もともと説明はある程度はできるんですが、その状態でこれを読んだものかなりよかったかも。でも巻頭にあるように「ざっと1週間ぐらいで読んで文法の輪郭をざっと脳に入れる」というのもうなずける内容でした。

ちゃんと読み切れたのは、やっぱり説明のうまさじゃないかなあと思いました。私には大西先生の軽妙な語り口は面白かったです。あれもわざとやっている演出だと思います。だって、とっつきやすいですもんね。

普段私も文法を説明するときにできるだけ噛み砕くようには心がけてはいるものの、なかなか難しい部分もあります。そういうときは「これはこのまま覚えるしかないねん。何度も読んで慣れよう」みたいな部分もありました。やっぱり音読マニアは生徒に「リピートアフターミーや!」とリピートさせて音読してますがね(笑)

まあ英語は言語なのでそれも一理あるし、英語学で英語の歴史をかじった時の記録もおぼろげだし(汗)(結構面白いかったのは覚えている)その長い変遷を得て今がある状態を全部は説明できませんよね。

でもなんでそうなるかのアウトラインがあるとやっぱりわかりやすい。それにすごく力点を置いているような気がしました。「へえ」ボタンたくさん押したなあ(笑)

生徒の英文を見ていると、すぐ気づくんですが、最初の躓きがやっぱり品詞、そして構造がわかっていないので、すごい順番で書かれてたり、言ってたりします。全部は説明しきれなくても、私はやっぱり文型と品詞がすきですSVOCloveなんちゃって。それに大西先生の限定ルール、説明ルールなんかを理解するとばっちりなような気がします。やっぱり英語を話してる時って、ある程度の塊で話しているような気がします。それに付け足していくような感じ。この本読んでますますその意識が高くなったような気がします。いや、気がするんであって、実際に自分の英語力が上がっているかは不明(笑)でもそういう自己満足も結構大事ですからね。

それと秀逸だなと思ったのが、例文です。すぐ口について言ってみたくなるものが多い。だから読みながら例文を音読してました。結構砕けた感じの例文のオンパレードです(笑)

「話して何ぼ」というコンセプトなので、当たり前ですが、これを口について言えるようになれば、なんとなく英文法の輪郭が出来上がるってのはいいですね。

昔、「起きてから寝るまで」シリーズや「口慣らし練習帳」をたくさんやったんですが、(すべて耳から聞いて音で真似していた)それとコンセプトが似ています。

ということで、また具体的にどうやって取り組もうか決めてないんですが、これ買いました。
一億人の英文法 CDブック (東進ブックス)
一億人の英文法 CDブック (東進ブックス)
書評にはいろんな意見があったけど、これは使い方次第ですごく役に立つと私は思ったので。先ほども書いたように、例文が身近で覚えやすいというのが決め手です。

普通高校で1冊買わされて覚えさせられる構文は文法項目別が普通なんですが、受験用っていうのもあって、どうも硬い・・・。これはけっこう致命傷です。硬いし、長いと覚えにくいとなりますからね。これは教科書会社によって違いもあるんですが、まあ入試のことを考えると仕方がないのかなあ。それともう少しむずかしめの文も多いです。それらはやっぱり話すためにはちょっと難易度が上なので、この本がいいのではないかと思った次第です。

なので、ためしにこれを音読してみようかと思います。しかしいつやるんだ?(汗)毎日耳読書の代わりにこれをするとリスニングに対してなんだか不安・・・。

去年までは車通勤で実ビジを死ぬほどシャドウイングしていたんですが、今年度は電車通勤のために耳読書に切り替えました。電車でブツブツはちょっと怖いですからね(笑)で、また春から車通勤なので、どうしようか考え中なんですよ。実ビジも、耳読書も、一億人例文も全部やりたいなあ。うーん。どう考えても無理(汗)

また考えます。まずはウォークマンに入れることにします。

一緒にやります?(笑)

でもこの参考書はこれから文法をチェックするときに他の参考書と並べて使いたいと思っています。

大西先生いい本をありがとうございました。勉強になりました。

さて、明日はもう金曜日ですねえ。決戦の金曜日。なんか1週間はやかったです。
2月はあっという間ですね。毎年言ってるんですが、今の生徒とお別れなのもちょっとさみしいなあ。

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。