背中

今日もお越しいただきありがとうございます。なんだかここのところ訪問者数がまた増えていてびっくりしています。でも、これも季節ごとの行事みたいなもんなんですよね。

そう、英検の時期にやたらと「英検のお客様」が来てくださるだけなんです。だから、今書いてるこの記事を読んでくださってるかどうかは不明(笑)だから嵐のあとの静けさのようにまた落ち着くんですよね。シーズンが過ぎると、50人単位で読者が減ります(笑)どちらにしても、いつもと同じペースなこのブログです。

でも過去ログで気持ちを和ませて(笑)くださった方、いや、やる気に火をつけた方ですね!そういう方々が常連さんとしてまた読みに来てくださるのでありがたいです。ぺこり。

今日は授業が終わって『さっさと帰って英語しようっと♪』と用意していたら、生徒が来て「先生TOEIC受けようと思ってんねんけど」「TOEFL受けようと思ってんねんけど」と質問をわらわらと受けました。私のところばっかりくるな~。うう。TOEIC苦手・・・(汗)TOEICはまだ答えられても、TOEFLは一人で対処できないので、アメリカ人の先生を巻き込んでやりとりしました。TOEFLを今から勉強したいというような生徒はけっこう「使う英語」に対して積極的なので、アメリカ人の先生と英語で生徒に説明しました。がんばってたな・・・。いまどき留学したいと強く願う学生も減ったので頑張ってほしいです。おそらく、IELTSの質問も受けそうなので、それはイギリス人の先生と相談しとこう・・・(汗)

こうやって実力以上のことを問われる日々が私の「英語しなくちゃ」の源です。国公立2次レベルの問題見なくちゃいけなかったり、英語で打ち合わせしたり、急に通訳させられたり、英語ネイティブスピーカーの冗談をわかってるふりして笑ったり。(笑)

英検1級を取られた方々やTOEIC高得点を取られた方々のブログに遊びに行かせていただくと、みなさん自信があるように見えて、うらやましいです。私はいくら勉強しても「全然たりないぞ」と今でも思うのが正直な気持ちです。

勉強をやればやるほど、自分の力がまだまだだと思います。あれもこれもしないとと思うばかり。だから自分の極限まで勉強することを自分に課しています。時々なんでこんな年になってもこんなに勉強しているのがよくわからなくなるほど(笑)要領の悪いへんなおばちゃん。

でも生徒の前では堂々と答えてあげないとだめですからね。頼られてるのは見た目「あの先生は英語が使える」と思われているからだといいようにとってがんばらないとと思います。その「やらなきゃいけない」状況も実は自分が引き寄せているということもよく思います。

だから自らが努力の人として背中を見せないとね。
それは私の生徒だけでなく、読んでくださる皆さんにも届くと信じながら。

1月29日(火)の英語
①オンラインレッスン:A&A English
 
Alex先生:
A&AEnglish看板先生のレッスンをたまたま空いているのを見つけたので初めてとりました~。「先生のレッスンを前に予約したら、先生が倒れたんですよね。もう大丈夫?」から始まりました。最初からテンポがとってもよくて、「時間がもったいない、さあレッスンに入ろう、何か記事を用意してある?」「・・・(汗)先生、私ってとってもレイジーな生徒なんですよねえ。すみません、何にも用意してないの。さっきまで朝ごはん食べてたしね、いや、これは言い訳やけどね。で、なんでもいいんですよ」といろいろ言い訳しました。わはは。あきれられたんじゃないかな。カツカツと快活でとってもきれいなユニバーサルな英語。勢いのある話し方ですね。先生がどうやってそんなに英語が上手になったかとか、英語のレッスンがどれぐらい幼稚園や小学校であるかなんかと聞きながら、話があちこちに。たくさん質問してすみません・・・。でもなんだかんだとあっという間に時間がすぎました。テンポの良さと切れは天下一品ですね~。さすがです。人気のあるのがわかりますねえ。次も記事レッスンしないって言ったらおこられないかな(汗)

②耳読書:
通勤や移動時
The Chaperone
The Chaperone
今日は半分までが目標だったんですが、ちょっと半分まではいきませんでした。すこしずつこの「物静かな英語」に慣れてきました(笑)場面が過去と現代をいったりきたりします。今日はいろんな生徒からいろんな質問を突然受けたので、それが頭を巡って時々気がそがれてたなあ。いやちゃんと聞かないと話がおえなくなるぞ・・・。

③映画鑑賞:
英語字幕付きで"The Vow"「君への想い」を観ました。

違う映画を探してたんですが、見つからなくてつい借りたDVD。期限が今日までなので、頑張ってみました。全米で大ヒットしたらしい作品ですが、私はそれより、ジェシカ・ラングサム・ニールが両親役ででてきてびっくらこいた。(脇役好きですみません。ジェシカ・ラングといえば最初はキングコングですよ。私は映画館で見たんです(笑)おお、おばちゃん。)英語字幕で見たんですが、YepはYupとも書くんですね。どうでもいいか・・・。セリフの長いところはやっぱり「おお、字幕があってよかった」と思いました。それとか、「この英語はどうやって日本語に訳すんだろう」とか思ったんですが、いちいち日本語字幕を確認することもせずに流しちゃいました。そこまで時間がとれない・・・。超おもしろーい!とまでは行かなかったけど、ラブストーリーは好きよ
見てて楽。そうそう、これの1本前に見た”Sourse Code”と舞台が同じシカゴで、同じ場所が出てきました。

昨日抽象的な入試問題の日本語訳を考えていて再度確認したんですが、訳出しはめんどうだけど、力になるんだなあと思いました。意味がしっかり分かっていないときちんとした日本語にならないですからね。その日本語をまた違うセンスで日本語らしくするのは翻訳の世界だけど、訳読がそんなに悪いのかなあとふと思った瞬間でした。それだけをするから悪なんであって、それも勉強の一つとしてやればあっと言う間に力がつくんじゃないかなあと思いました。といいながら映画の英語の訳も確認しないのはダメですねえ。

④音読
NHK CD BOOK NHKラジオ 実践ビジネス英語 杉田敏のグローバル時代の英語 (NHK CDブック)
NHK CD BOOK NHKラジオ 実践ビジネス英語 杉田敏のグローバル時代の英語 (NHK CDブック)
Lesson6-3 約67回
①音声を聞く2回
②音声だけでシャドウイング10回
スクリプトと同時に音読20回
素読 20回スラッシュごとに2回×5=10回
                5回×1=5回
        全文通して 5回
⑤片耳同時読み     10回
⑥片耳シャドウイング  5回

これをするにはある程度はまとまった時間がいります。短縮版も考えてなんとか音読を継続していきたいんですが、4月で仕事がバタバタするとまたできなくなるんだろうな。どこまで続くか。

実ビジの音読の難しさは、長さだけでなく、その語彙にあります。たいてい難しめの語彙は発音がムズカシイです。文も関係代名詞や第5文型がでてくるので、構造をいったん頭にいれないといけないですからね。女の人の音声はたいていリズムよく乗れるようになるんですが、どうしても男のひとはやりにくい。今日はトニー・ヒューズさんのアメリカンに全部乗れませんでした。難しいなあ。

でも実ビジの音読を続けると効くんです。続けないといけないところがつらいなあ(笑)なんでもそうですね。

⑤PB音読破:
Castle in the Air
Castle in the Air
30ページまで。子供がピアノをしている間、コーヒーを買って車に帰って15分ぐらい時間を確保して音読。そこまでするか、と自分でも思います(汗)でも有言実行なのだ。あとはコマギレに。

今日も実は昨日続きの問題を解いているんですが、今日も夫に助けを求めようとおもったら、横で今度は倍率25倍のA大学の問題を解いている・・・。後回しにしないでいまからちょっとでもやらないと(汗)

今日も読んでいただきありがとうございました。

明日も一緒にがんばりましょう!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。