井の中の蛙

今日もお越しいただきありがとうございます。連休はいかがお過ごしでしょうか?

子供が風邪ひきなのもあって、のんびりしています。

この間ネイティブの先生と話しているときに興味深い話を聞いたので覚えているうちに書いときます。

先生がずいぶん昔に大手英会話学校で働いている時の話です。

そこにとっても英語のできる生徒さんがいたそうです。レベルもかなり上で、本人もものすごく積極的。
他の日本人の生徒さんは「あの人は英語ができる」と羨望の的。ご本人も自分が生徒の中で一番英語ができて「自分は上級者」と思っていたようです。

やがて、その生徒さんはアメリカに留学を果たしたそうです。
その人がアメリカから手紙か何かをくれたときに、こう書いてあったそうです。

「自分が英語ができるというのは、ただの幻想だった。日本の英会話学校できいていた英語とまったく違う。皆が言ってることが全く分からない。自分は上級者ではないことに気が付いて苦しんでいる」といった内容だったそうです。

そう、先生は「英会話学校では生徒にわかるように、先生は普段とまったく違う話し方をする」と常々思っていて、自分だけでももっとナチュラルスピードで話してあげていたらよかったと反省したそうです。他にも母国に帰ると、「あなたの英語はなんか変。ゆっくりだし、単語の使いかたもおかしい」と言われたことがあるというのを複数の先生から聞いたこともあります(笑)日本人に合わせて英語話してて、自分の英語がしばらくヘンになるようです。

それぐらい違いがある。

日本で上級者と思われている人たちは海外にいけば、きっと学生レベル。大学生レベルであればまだいいですが、話す内容によっては中学生ぐらいかも。というのがいろんなことを見聞きして私が思っている印象です。

今も子供が「ペンギンズ」のDVDを横で見ていますが、これを英語オンリーでは、全部理解できない(汗)職場でネイティブの先生の容赦のない早口にも冷や汗の日々。

余談ですが、そういえば授業中にティームティーチングをすると、ネイティブの先生が結構いろんなパターンで生徒に話したりしているのに気が付きました。私は許容範囲が広いというか、ええ加減というか、全然気にならなくて、あとで「そういう言い方もあるねんで、おもろいなあ」とヘルプにはいるタイプですが、先生によっては「教科書以外の英語は教えないでほしい」という日本人の先生もいるそうです。それがいいのか悪いのかは難しいところですが、やっぱり生徒の”How are you?"に対する"I'm fine. And you?"には私はぞわっと来ます。だからいつも"Are you really fine?"と聞くようにしています(笑)前にも書いたけど、生徒が間違えて、"You are fine."と私に向かって言って、横でネイティブの先生が大笑いしてたなあ(汗)(すごい意味になります(汗))それに高校生には「Hiもいいけど、仲のいい友達同士ではHeyとかもよくでてくるで」と余計なことを教えるのが好き(笑)生徒はそういうの好きですしね。

とにかく、現状に満足せずもっと頑張らないとと思います。
英検1級や、TOEICは英語をほとんど必要としない、日本でのこと。
まあテストを目的じゃなくて、通過点の目標として捉えればいいですよね。発奮材料は大事。

私は今のところ、さすがに読書はなんとか入口に立ったような気分の時もありますが(ここまでやると、さすがにネイティブの人にもびっくりされるので、ちょっとうれしい)それ以外はまだまだ自信がありません。

井の中の蛙にならないようにしないとね。と話を聞いて思いました。

また一緒にがんばりましょう。いや昼寝ばっかりしてちゃだめですね(汗)
読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。