英語読書(耳読書No.50)日記 Alone (Audible)

Alone
Alone
写真は日本アマゾンのPB版です。実際はUSamazonで購入、ダウンロードしました。

Author :Lisa Gardner
When: December 7th ~ December 11th 2012
Category:Mystery
Length:Dece10 hrs and 12 mins  (480 pages )

Total recommends:★★★☆☆
Difficulty:★★★☆☆
(耳読書としての難易度です)
Story:★★★☆☆
Can't-sleep-degree:★★★☆☆
Romance-packed-degree:★☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★☆☆


2012年読書合計93冊目 (目読書+耳読書+裏読書)

D.D.Wallenシリーズは2冊ほど読んだんですが、どんでん返しが面白いのと、Wallenの頭の切れの良さを読んだ聴いたりするのもなかなか面白いので、第一巻から聞いてみることにしました。この人の話はテンポもいいし、軽すぎないし、テーマがたいてい「母性」。やっぱり今回もそうでした。

でも肝心のD.D.Wallenの登場はpart1の終わりぐらい。主人公は元彼で、のちに捜査のパートナーとなる凄腕の狙撃主であるBobbyです。

いつもよりは、犯人も予想がつく展開でした。さっぱり度はあんまりなかったです。どちらかというとエピソードに踊らされたような気がしました。先にシリーズとして油の乗った巻をよんでしまっているので、しかたないですね。

それとD.D.Wallenが中心じゃないと事件自体はかなり暗い設定なので、暗かったです(笑)冷静な推理を展開する場面が少ない。

これもナレーションがうまい。女性なんですが、男性の声の使い分けも上手でした。
なんか読書日記もあっさりめですね。

これで、今年50冊記念です。初めて耳読書を始めたのが去年の今頃でした。だからこれで51作品目です。初めてでちゃんときけるとどうか不安だったので、読んだことのある作品"Twilight”を選んで聞いてみました。初作品はKindleに入れて聴きました。

50冊のなかで「???」と話の筋が追いづらかったものも2つぐらいあったと思います。

でも、Audibleの魅力にはまって、思いのほかたくさんの作品を聴くことができました。最初にaudible=audiobookを知ったのは、多読をずっとされている
サミアドさんのブログでした。そのあとあっこさんがブログでamazonのaudibleを紹介してくださっていて、そのあと自分のメールにamazonからaudibleのお誘いのメールがあったのを見つけて、無料で始めたのがきっかけです。

それがなければ、今頃はこんなにたくさん聴いていなかったと思います。この場をかりでまずお二人に御礼もうしあげます。ありがとうございました。

ブログがきっかけでいろんな世界が広がります。このブログからも皆さんの世界が広がればいいなあ。
さて、まだちょっとまとまっていないんですが、もう少ししたら、audibleについて書いてみたいと思います。半年以上前にいや、もっと前かな。ご質問をいただいていて、それを温めていました。ちょっと実験してみたかったので。

引き続き年内は耳読書は続けます。来年も続けると思います。目読書が進まない今、これが私の英語の柱になっちゃってますからね(笑)

次はこれ。30分ぐらい聴いてみましたが、ちょっと気がそがれることもあります。セルフ・ヘルプですからね。OL時代にパワハラ受けてた時に日本語で読んだことがあります。懐かしい。これも「耳読書」の本ですすめられていたもので、wish listに入っていたものをばばっと子供のピアノの前に急いでダウンロードしたものです。いや、選んでる時間もない(汗)今停滞ムードなのでいいかも~。
How To Stop Worrying And Start Living
How To Stop Worrying And Start Living
自己啓発の元祖本?ミステリーが続いたので、ちょっと色を変えてみました。

今日も本当にたくさんのコメントいただき、感謝しています。ほんといつもご心配かけて申し訳ないです。たくさんの思いやりの言葉で、心がほこほこ暖まりました。ブログに遊びに行かせていただいて、私に対してメッセージを書いてくださったわけではないかもしれないけど、なんだか自分に語りかけられているような気持になったブログもありました。ありがとうございます。涙がでました。

心はほこほこなんですが、体はがくがくぶるぶる。また喉がイタイので、手洗い、うがい、葛根湯にプロポリスでなんとかしのぎたいです。今日仕事の準備で生徒用に個別にガジェットにリスニング教材を入れていたら、お昼も食べれず夕方までかかってしまいました。どんくさいなあ。いつも機械のことなら何でも教えてくれるネイティブの先生が帰ったとたん、なんかトラブルんですよねえ。でもセンターの疑似体験で授業したいですしね。

ご質問で「どうやってリスニングの授業をするんですか?」ときかれていました。模擬テストあり、聞き込みあり、死ぬほど英語きかされて、死ぬほど答えされられる。生徒の脳みそはウニウニ。でもお楽しみもありの、レッスンです。生徒が耐えられるか、楽しいかどうかは不明(笑)え?どんなのかって?企業秘密。なんちゃって。自分が体感してよかったものを生徒に提供してあげようと思っています。なんとかちょっとでも力をつけてあげたいです。

あれ?読書日記がジャーナル化してますね。今日は自分の英語やってないわけではないんですが、ちょっとぞくぞくしてて、熱がでるとヤバいので兼用で書きました。プロポリスまた塗ります。この世のものとは思えないまずさです(笑)

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう。