Don't get me wrong.

今日もお越しいただきありがとうございます。いろいろね小ネタあるんですよね。ジャーナルがどうしても書けない時はこうやって出てくる小ネタちゃんたちです。忘れないようにメモして、だんだん記事となります。書くと忘れないし、お役にたって一石二鳥。一緒に覚えましょう。これききながらよんでいただけるとなおよし。

「誤解しないでほしいんだ」ですね。知ってる方はスルーしてくださいね。(だんだんこのセリフもレギュラーになりつつありますね)

これ、PB読んでると出てきます。しってりゃわけないんですが、私たちが悩む問題の一つ、
文脈でわかることもありますが、「知らない単語はないのに意味が分からない」部類の言葉の一つですよね。

オンライン英会話でよくKatsumoto先生が言うこのフレーズ。ブログにも使っていました。いつもきいていて、PBを読んでると同じ表現がでてくる。それで覚えちゃいます。英語の会話を通じてと、洋書から日本語を介在しないで覚える。最近出てきたのはPB”The Perks of being a Wallflower"でした。やっぱり「出会う回数を増やすこと」がとても大事だと思いました。使えてなんぼ。

それと、これきいたことあるフレーズだよねと思ってたんですが、ネットで調べてて「ああ、これだ!」どうかこれをBGMに読んでいただけると気分もdon't get me wrong.でいっぺに覚えれますね♪

Katsumoto先生は「一つ表現を知ったら、それがしみこむまで使うことが肝心。memorizeはダメだよ。使うんだよ~」と口が酸っぱくなるほど言われてるんですが、実践してるんだなあと思います。

昔、このブログの前にやっていたブログで英語で大量にコメントをくださる方がいて、(けっこう有名かも?)後で考えたら、実践ビジネス英語で覚えた表現をいろんなブログのコメントで使っては自分のものにしているのを発見しました。それも同じですね。暗記ではなく、使う頻度を高める方法。

さあ、これ読んだら、誰かに"Don't get me wrong. I just want to say ~."というフレーズをつかってみましょう。「自慢とかじゃないんだ」と謙遜するときに使えますね。え?外したら、ごめんなさい。また挑戦してくださいね。

他にもこれにまつわる表現があったと思うんですが、お風呂で考えても思い出せませんでした(涙)毎日いろんな英語が頭の中に流入してきて、「あ、これ使ってみたい表現。メモしなくちゃ」と思った時にメモしないと記憶の彼方です(涙)(ポストイット愛用者ですが、メモしたポストイットが行方不明になるときも多し(汗))

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょうね。