英語読書日記 (目読書No.31 )The Stone Monkey

The Stone Monkey (Lincoln Rhyme Novels)
The Stone Monkey (Lincoln Rhyme Novels)
クチコミを見る
Author:Feffery Deaver
When:October 5th~ October 16th 2012
Category: Fiction
Pages: 576
pages

Total recommends:★★★★☆
Difficulty:★★★☆☆
Story:★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★★☆☆
Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★★☆

2012年読書合計77冊目 (目読書+耳読書+裏読書)

頭脳明晰捜査官リンカーン・ライムシリーズ第4弾

おもしろさ折り紙つきのリンカーン・ライムシリーズ。4巻までくると主要キャラクターの設定がかなりしっかりしていて安心して読めます。今回は「蛇頭の敵をやっつけろ」てなテーマです。

一番有名なのが映画化された「ボーン・コレクター」ですが、DVDはこれ。超有名ですね。私は映画館とビデオで3回は観ました。英語読書の最初の作品がもしかしてこれだったかも。→覚えていない(汗)今考えるとかなり冒険でしたね(笑)
ボーン・コレクター [DVD]
ボーン・コレクター [DVD]
クチコミを見る
デンゼル・ワシントン様と、出だしのアンジェリーナ・ジョリー。実際はリンカーン・ライムは白人で、アメリアは赤毛の元モデルから警官に転身した女性という設定ですね。

舞台は4巻までだと3巻以外はマンハッタンが中心です。今回は沿岸と、チャイナタウンがけっこうフォーカスされていました。人身売買蛇頭がアメリカに不法入国する予定だった中国人たちを船に置き去りにして爆破。大量殺人を犯して逃げる。そしてその船がやってくるのをいち早く察知して先手をとろうとしたライムたち。なんとか船から脱出して生き残った中国人達。そしてゴーストと異名を持つその蛇頭が彼らの命を狙っていた。はたして中国人一家は生き残ることができるのか。

どんでん返しで有名なこのシリーズですが、やっぱりどんでん返しがあって面白かったです。読んでいて「ああ、この人あやしいよね」と私は結構わかっちゃうんですが、この作品に関してはみんな怪しく思えてかなり作者に撹乱されます(笑)それもこの作品のお楽しみの一つです。で、10とすると、一つぐらいしかかぎ分けられないほど鮮やかにやられます。「わかった、犯人は猿蔵だ!」とおもいきや(関係ないですね。すみません)意外な展開になっていく。最後まで気が抜けないおもしろさです。★を最初は5つにしていたんですが、そういえば、読んでいて最後に主人公の一人がもっと窮地に追いやられるハラハラが待っているのでは?とにおわせておいて、その前に犯人が捕まってしまった。それはそれで上品でさすがなんですが、「あれ?これからカーチェイスとか、銃撃戦はないの?」と思ったのは事実なので主観ですが、★一つ減らさせてもらいました。でも面白いですがね。

英語はやさしめとは言えないのがこの人の作品なんですが、科学捜査を利用した謎解きの魅力でぐいぐい読み進むことができます。スティーブン・セガール演じる主人公みたいに窮地に陥りそうで陥らないのと違って、四肢の自由を奪われたライムがアメリアとの愛を育みながらも、どうしようもないジレンマにお互いに苦しみながら、極悪犯人を頭脳で追いつめていくのがもう病み付きになります。ライムとアメリアは静と動の関係。ライムが頭脳でアメリアが彼の手足となって事件を解決していきます。科学捜査が中心なので、石や、砂の種類、警察用語、科学?用語などが出てきますが、調べても「クロマトグラフィー」なんてカタカナででてきたりの単語が多いので慣れれば大丈夫です。

あと、登場人物の英語も訛りのある人を登場させていて、その人の英語はスペルも崩れていて、感じを出しています。ハリポタのハグリッとの英語よりはわかるかも(笑)それと、この作品は中国人がたくさん出てくるので、中国語が出てきました。いちいち英語で説明がつくのでそんなには気になりません。しかし、こんな作品書いて中国に出入りできるのでしょうか(汗)大丈夫?こんなもんなんでしょうかね。

さて、「秋の夜長のミステリー」2連チャンでした。けっこういけました。読みかけのこれ次読まないといけませんね。職場に置き忘れたPB
Message in a Bottle
Message in a Bottle
クチコミを見る
50ページまで読んだと思うので、続きいっときます。

耳読書は今日からこれきいてるんですが、
Sealed Letter
Sealed Letter
クチコミを見る
どうも気がそがれる。ちょっと仕事のことで頭がいっぱいになっちゃって、「ありゃありゃ?どうなってるんだ?も一回巻き戻そう」という状態です。久々のイギリス英語なんで、車のなかではシャドウインしたりもしてるんですがね。ちょっと変えよっかなあとも思っています。どうしようかなあ。ちょっと煮詰まってるので、セルフヘルプ系でも聞こうかな。

ここの所、英検時期とあっこさんがリンク貼ってくださったのもあるのか、たくさんの方が訪問していただいてとっても嬉しいんですが、読書日記ばかりですみません。いつも読んだらUPするのがこのブログのモットーなんですぅ。いろんな記事UPするので読みたいものでなかったら申し訳ありません。

英検も終わったし、ここらで「秋の読書」でもいかがですか?

Join the club!

今日も読んでいただきありがとうございました。