現場主義

今日もお越しいただきありがとうございます。

たくさんの方々から拍手や拍手コメントをいただき感激しています。ありがとうございます。夫と子供の監視の目を盗んで書き続けているかいがあるってもんです(笑)

今日は、ブログを読みに来てくださる方々の私の「姉さん」のお一人のメッセージを私一人で独り占めするにはもったいないので、部分的に掲載させていただきたいと思います。たくさん「姉さん」を持つ私ですが、このところ登場していただいてる方々は別人です。お会いしたことはないけれどみなさん大好き!

私はどちらかというと、現場主義?と言いましょうか、外資系企業でともかくお金を稼ぐため(まさしく!)に英語を使ってきました。PBやTimeなど、もっと英語が出来ない時でも、わからないなりに読んだりと、構えることなく果敢に読んできました。英文解釈の本なんて、持ってはいますが・・・。多読と精読、両方は確かに必要ではありますが、あまり構えているうちに、結局何もせずというのが一番もったいない気がします。PBでなくても、例えば興味に合わせて音楽、映画、ファッションなどの洋雑誌や、イギリスの「Hello」などのゴシップ雑誌?から入ったっていいのではと思います

おっしゃる通り!まさしくこの前書いた「読むべし、読むべし、読むべし」を実行されているお一人。いや実力はすごいですよ。尊敬しています。あんまり言うと姉さんに「こりゃこりゃ」と言われるので伏せときます(笑)。

私がこの前書かせていただいた、構文や英文解釈は実は試験にかなり効くものです。短期的に効果が出やすいのでおススメさせていただいています。でも私のスタイルはもうご存知のように、どちらかというと「読むべし」タイプ(笑)英語を教えているのでついでに構文や英文解釈が入ってきている状態です。茅ヶ崎の英文を暗記したあとに1級は合格したし、生徒と構文やりながら入試問題解いてたら、実際にPBを読むときに格段に楽になった経験からいいのではないかと思ったからです。でもそれもそれぞれのやり方があっていい。

でも、中には「PBはまだまだ読めない」という方が多いのが現実ですよね。皆が外資系で英語を使って働けるわけでもないので、その渡し的な感じで、自分の経験から実際に構文や短文を頭に入れ込んだことが役に立ったので書かせていただいています。これが実践ビジネス英語の英語を覚えたって、何かのテキストの英語を覚えたって、同じ効果があると思います。上の方もそんなお一人。大好きな英語から入って、たくさんたくさんシャワーを浴びて実力を上げられた方です。ここでは書いてないですが、懐かしい!映画の名前も教えていただきました。姉さん、わかるなあ。あれ、若き日のコリン様ですねえ。うふふ。

やっぱりインプットが大事。なんか難しい英語をしなくたって、とにかくインプットすればいいんです。そう、かたいこと言わないで「
読むべし、読むべし、読むべし」(笑)ついでに「聴くべし」

いただいたメッセージでもおわかりのように、大事なことは「継続すること」

継続するには好きじゃないと続きません。挫折したらまた振り出しか、または何歩か下がった状態からやり直さないといけない。そんなあたたかいメッセージを私と一緒に感じていただけたらうれしいです。

この姉さんと私と皆さんも一緒にがんばりましょう。
読んでいただきありがとうございました。