英語読書(耳読書No.25)日記 Perfect Timing (Audible)

images
画像です。
実際はU.S.Amazon
( audible. )でUnabridged版をダウンロードしました。

Author :Jill Mansell
Period: July 12th ~ July 21th 2012
Category:Contemporaly  Romance (Chick lit)
Length: 11 hrs and 44 mins(
448 pages


Total recommends:★★☆☆☆
Difficulty:★★★★☆(耳読書としての難易度です)
Story:★★☆☆☆
Can't-sleep-degree:★☆☆☆☆
Romance-packed-degree★★★★☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆

これは今まで聴いた中のイギリス英語もので一番か二番を争う難しさでした。この前聴いた"Winter Sea"もかなり難しかったですが、一度読んだことあるからなあ。あれはスコットランドアクセントがあるのでまた違う難しさでしたがね。これは英語も早くてブリティッシュ。英語はきれいですが、普通もっとブリティッシュイングリッシュはくっきり聞こえやすいんですが、これは速く感じました。

運命の出会い、恋する人はほんとにあなたの運命の人?みたいなお話。難しいと思うところもあったけど、ラブストーリなのでストーリーが追えないほどではなかったのでわかりました。

これも目読書だったら途中でおいてるかもしれないChick Litでした。Brit Chickと書いてあったような。

恋のさや当てみたいな感じで、ちょっとさわやかさがなかったです。でもすごく会話が多いのでシャドウイングをしながら、「リスニングとスピーキングの練習だ」を割り切って聴き終りました。でも中にはジーンとくるエピソードもありました。でもちょっとpatheticなエピソードも多かったので途中いやになりかけました。まあ、イギリスらしいといえばイギリスらしいsarcasticさが出てるんですが、それが目に余る感じでおしゃれな感じにはおばちゃんはとれませんでした。ごめんよ。

イギリス英語を8連続で聞きました。3月から数えると、ええっと(自分のブクログに数えに行ってます)なんと14作品!25作品中なので、半分以上はイギリス英語でした。ちょっとは耳が鍛えられているのだろうか?ここのところは「ブリティッシュアクセント」とよく言われるようにはなってます。でも昨日シルフ姉さんのところに行ってやっぱりコックニーアクセントがくっきりわからなかったしなあ(涙)

まあ今回イギリスで再会する人たちの英語はアクセントの強い英語を話す人はいないはず(笑)なので、大丈夫とは思うんですがね。初めて話す人もいるだろうから、この際集中してがんばってみました。

あと1作品ぐらいいけるかなあ。でも探すのが大変です~。

イギリスから帰ったら、この前audibleのセールで買ったアメリカ作品でも聞きたいと思っています。お気に入りにも
アメリカ作品が残ってる状態。

1年で24作品分のクレジットを購入したんですが、もうすでにあと10作品しか残っていません。どう考えても今年中には消化できそうです。もう少し聞いたら、かねてから質問を受けているので検証してみたいと思っています。聴くコツとかね。

うーんブログ書いてる暇があったら荷造りしないと(汗)でもつい書いてしまいます~。もうまとまった時間は明日だけ。しかもお土産買い忘れてます。旅立つ直前まで仕事入ってる・・・。いつもは旅の準備も楽しむんですが、今回は楽しくない・・・。

読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう