英語読書日記 (目読書No.21 )Flat-Out Love

Flat-Out Love
Flat-Out Love
クチコミを見る
Author:Jessica Park
Period:June28th~July
Category: Fiction
Pages: 400
pages

Total recommends:★★★★★
Difficulty:★★★☆☆
Story:★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★★☆
Romance-packed-degree:★★★★☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★☆☆☆☆

Kindle
2012年 目読書21冊目
2012年読書合計50冊目  忘れるので全部の合算を書くことにしました。(目読書+耳読書+裏読書)

うーん、soooooo qute! こうなるだろうと途中でうすうすわかってても、してやられたキュートなお話!

18歳でボストンの大学に通う女の子が主人公。会話もウィットにとんでいて、あきさせません。このWhittyな会話がおばちゃんの私に全部理解できているか不明ですが(笑)とにかく、軽快で、知的好奇心旺盛な若者の会話に触れられるのは面白いです。フェイスブックが大いに活躍していて、地球の裏側のあったこともない自分の下宿の部屋の主とどんどんコミュニケシーションが進んでいくのがとっても今って感じで話が進みます。

会話の中身も現代ならではで、旬の俳優の名前やはやりものがでてきます。もちろんおばちゃんは全部はわかりませんが。ロバート・パッティソンぐらいはわかりました(笑)Good Will Huntingの舞台でもあったのかなあ。そうか。天才青年の話だったし。あの映画やっぱり若いときにたしかおひとり様で見に行った私。え?おたく?いやあ、昔の彼氏とだったかいな?覚えていない(汗)でもね、いい映画でしたよ。いやあ、読んでるとボストンに行きたくなりました。

途中Facebookのチャットで会話が進むんですが、そこだけやたらに読み進みました(笑)ページがどんどこすすみます。

英語はヤングアダルトから大学生の人がたくさん読んでいる本だと思いますが、私たちが読んだらわからない表現もたくさん出てきます。キャッチ―な表現を全部わかっていたいけど、全部は無理かなあ。単語も場面によっては難しいです。なぜなら、主人公がボストンの大学に通う大学生で、下宿先の家族が学者のお家という設定です。ほんとにいまどきのお話という感じです。単語もnerdとか、geekとかの連発(笑)MITの兄ちゃんが出てくるからですね(笑)セリフもかなり粋な感じで、アメリカ人の大学生はこういう感じで会話をするんだろうなあと想像しながら楽しみました。略語も結構出てきてたような気が。話し方が、時々同僚のネイティブの話し方と重なるときがあって、「なるほどね」と思うところも多々ありました(笑)

アメリカ人の人に受けるのがちょっとわかる気がしました。会話がとっても奮っています。

話は最初から「くすっ」と笑わせてくれる妙な軽快さがありました。不思議な謎がずっと話の中で並行して続くので、ちょっと違うけど、読んでいて大島弓子のマンガを思い出しました。不思議な家族に遭遇する女の子という同じ設定のマンガ。

でも、それが最後に計算された軽快さだったということがわかります。ぐっときました。Hindsightですが、よく考えるとシンプルなお話。でも心は少女のおばちゃんはもうこころがキュンとなりました。気がついてはいたものの、最後は「やられた~」面白いし感動もします。読んでよかった心温まるラブストーリー。家族の再生のお話でもありました。ベスト10にいやベスト5でもいいぐらい。ほんと。最後の20%ぐらいからぐらっと来ます。いやあ、最後の25%一気読み、読んでよかった。今日のストレスが飛びました(笑)読んだ後も余韻が残っているのは面白い証拠です。映画化されてもおかしくないお話でした。

ちょっと仕事がひと段落したので、二日で50%ほど読めました。水曜日にサンプルを2種類読んでから本格的に木曜日から読みだしたので、けっこうハイペースでした。しかし週末は疲れて昼寝の連続で失速。週をまたいでの読了となりました。旅行の準備や仕事が試験などでイレギュラーになってきたし、オンラインレッスンも増やしたので仕方ないですね。昨日あまりに時間がなくて、次の耳読書をダウンロードできませんでした。今日の2時間ほど新しいのをきけなかったので、繰り返し前の分を流してました。

さて、次は何を読もうかなあ。聞こうかなあ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。