英語読書(耳読書No.22)日記 The Winter Sea (Audible)

The Winter Sea
The Winter Sea
クチコミを見る
コチラはPB版です。実際はU.S.Amazonの( audible. )でUnabridged版をダウンロードしました。

Author : Susanna Kearsley
Period: June 23th ~ June 30th 2012 (48days)
Category:Historical Romance
Length: 15 hrs and 54 mins(544 pages


Total recommends:★★★★☆
Difficulty:★★★★☆
Story:★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★☆☆
Romance-packed-degree★★★★★
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★☆☆

これは実は昨年4月に目読書で読んだ再読作品。何度でも読みたい大好きな大好きなお話です。この本を読んでから同じ作者の作品にかなり目を通しましたが、これがやっぱり最高傑作。話をわかっていても、やっぱりうっとりしながら世界に浸ることができました~。もう聴いていてスコットランドの海辺のお城の窓から遠いフランスを思って海辺を見ながら波の音が聞こえてくる錯覚に陥るほど(笑)ああ、癒し。

目読書の読書日記はコチラです。
14.Sophia's Secret ( The Winter Sea)

読んでもけっこう18世紀が舞台の場面は難しかった覚えがあったんですが、耳で聞くとさらに難しかったです。

理由は

ズバリ、スコットランド訛り。

いや、ちょうどオンラインレッスンで先生がスコットランド訛りを披露してくださって、まさに耳読書で聴くのと同じイントネーションで話すので大笑いさせてもらいました。語尾が上がるのと、平たい響きで何言ってんだかわからないところもあるし、使う単語自体も違う。この著者はかなりスコットランドがお好きなようです。他の作品でもスコットランドなまりがでてきました。

でも、慣れると100%わからなくても耳になじんで親近感がわくんですよね~。訛りって面白い。アウトランダーシリーズを目読書してから耳読書もしたらおもしろいかも。”Aye”の言い方がわかってよかったです(笑)今度オンラインで使ってみよう。

超私好みのこの作品、上品でロマンチックで読み終わるときに「ざわっ」ときます。
こういう作品を求めて何年かアマゾンを漂っているんですが、なかなか出会いません。くすん。
同じ作者の作品でこれに近いのが

Mariana
Mariana
クチコミを見る

タイムスリップではないけど、現代と世紀をさかのぼって場面が展開するもの。おととしのベスト作品に挙げたこれも素晴らしい。
The Forgotten Garden
The Forgotten Garden
クチコミを見る
この人の作品も格調高くて文学の香りもする、こころが「ざわっ」とする系。(angel的にですが(笑))
去年のベスト作品もこれにちかい「ざわっ」系を選びました。

さて、今年はそんな作品に出会えるのでしょうか?出会いたいなあ。

昨日で一応授業が一区切りで気が緩んだのか、今日は一日中ほとんど寝てました。目読書は金曜日の時点で半分ぐらいのハイペースだったんですが、6月中に読了は無理なようです。

これで全部でええっと一応49冊に一応なりました~。(もうすでによくわからなくなってきている)ぜいぜい。え?けっこう読んでたんですね。

テレビも映画も見ない分、ほとんど読書してる私です。実は超寝不足。仕事がなんだか精神的にハードな分、読書が気晴らしになってます(笑)うーん、あと1冊だった。あと2時間では目読書は無理そうなのでやめときます(笑)50冊できりがいいけどなあ。いや無理ですね。あと40%はある。

しかし、一人でこんなことしてて何してんだかとふと思うときもないではないです(笑)もうなんか暴走中ですね。まあいいか。今日は18世紀のスコットランドに行けましたしね。

夏休みにはなんとか挽回したいんですが、旅行があるからなあ。しかもイギリス行寸前まで実はほとんど授業あったりなんかして(笑)

次の耳読書はまだ決まっていません(笑)またイギリス舞台のお話の再読をしようとUKアマゾンのオーディブルでポチットしたら(すでに二つの国のアマゾンの会員になってる)、「国外はだめだよ~。売ってあげない~」と出た!プンプン。イギリス行ったときにCD探して買ってみようと思います。

明日からもう7月ですね!まだ未完成のテストの仕上げをしなくっちゃ。
最後まで読んでいただきありがとうございました。