英語読書(耳読書No.21)日記 Shopaholic and Baby (Audible)

Shopaholic & Baby (Shopaholic Series)
Shopaholic & Baby (Shopaholic Series)
クチコミを見る
コチラはPB版です。実際はU.S.Amazon( audible. )でUnabridged版をダウンロードしました。

Author : Sophie Kinsella
Period: June 19th ~ June 22th 2012 (4days)
Category:Comtemporary Romance ( Chick lit )
Length: 11 hrs and 56 mins(448 pages

Total recommends:★★★★☆
Difficulty:★★☆☆☆
Story:★★★☆☆
Can't-sleep-degree:★★★★★
Romance-packed-degree★☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆

評判通り、これはなかなか止まらなかったです(笑)懲りない、ちょっとおバカだけど、お人よしのベッキーが繰り広げるひと騒動なんですが、今回は前回にくらべるとですが、まあ、イライラ度はひどくなかったです。ただのおバカだけで終わってもらうと読んだ価値ないですからね。

でもこれは妊娠、出産を扱ったもので、出てくるシチュエーションが妙に現実的な部分もあるので(お話や出てくる登場人物たちは超非現実的)、ある意味非常にわかりやすいです。自分の出産の時の記憶がざざっと甦ってきました。キンセラさんは出産したことがあるのだろうか(笑)出産シーンのところはちょうど子供を寝る横で聞いていたので、寝顔をおもわずすりすりしながら聞きました(笑)

このシリーズの魅力の一つである「たわいのない会話」や「些細なことだけでもこだわる」描写はたまらなく面白かったです。マタニティに関することは「わかるわー、ついそういうの買うよね~。あとでまったく必要ないということがわかっても、本人は必死」と思いながら聞いてました。自分とかなり重なってしまって、「私ってこんなナイーブな妊婦だったのか」とちらっとあせりました(笑)いや私は乳母車は5つも必要とは思いませんがね。

これは久々に「悪役」が出てきて盛り上がりがありました。でも前回と同じで少し終わり方がしりきれとんぼな感じがしました。聞いていて、「え?ここで終わり?」といった感じ。続きを書くことを意識しているからなんでしょうか?
もうショッパホリックシリーズは読みたくなかったんですが、読みだすと(聴きだすと)最後まで止まらない。次の展開を知りたいがために読み進むこと請け合い。ページーターナーな本ともいえます。しかも聞きやすい。でもこのナレーターは不評のようです。ちょっと非ネイティブには速めだし、大人っぽくってベッキーのナイーブさが突出してでてこない。まあ、それである意味イライラ度がましかも(笑)前巻のほうが話はいまいちですが、ナレーターはこれにくらべるとびっくりするぐらい聞きやすかったです。ナレーターで全然違いますね~。

イギリス英語をききたさにこれ聴いたんですが、かなりキンセラ女史の作品を聴いてちょっとずつわかって最近思ってたことがあります。けっこうな数の非ネイティブである私たちが使うべきじゃあない言葉のオンパレードです(笑)どうか自分の口から滑って出てこないことを祈ります。最近無意識に耳読書で何度も聞いたフレーズが勝手にでてきたりします(汗)もうすでに心の中では出てる(笑)→ムカッと来た時とか(汗)

まあかわいい方だとは思いますがね。そういうのは「理解している」と「使う」とは大違いであることを認識しておかないとだめですね。現地で空気が凍る体験をした話を聞いたことがあります(笑)

次の耳読書を探していたんですが、これの続きを聴くつもりはないで、ちょっとネタ切れ状態。イギリス英語を夏までは聴こうと思ってるんですが、重すぎず、今の路線を逸脱すぎず、もうちょっと" She is a COW!"と雄叫びが何度も聞こえないようなもの(笑)を探しました。

でもすぐには見つからないし、探すのに時間がかかるので、かねてから耳読書で再読したかったこれいっときます。去年読んだ超お気に入りの一つ。もうちょっと忘れたころに読んでもよかったんですが、聴き終った作品と同じナレーターの人で、この話だとこの大人っぽい声の雰囲気は合うんじゃないかな。
The Winter Sea
The Winter Sea
クチコミを見る
去年はイギリス版をPBで購入して読みました。ちょっと長めですが、またうっとりすることとします。

今日も読んでいただきありがとうございました。
目読書がどこまでできるかなあ。今日も子供が塾の間はカフェに行かずに家にいったん帰って、せめて耳読書しながら教材づくりにいそしみました。

明日は授業はないけど、仕事しに行こうと思っています。

明日もがんばりましょうね。