英語読書(耳読書No.18)日記 Meet Me at the Cupcake Cafe (Audible)


Meet Me at the Cupcake Cafe

Meet Me at the Cupcake Cafe
クチコミを見る
コチラはPB版です。実際はUK amazon audible でUnabridged版をダウンロードしました。
U.S.Amazon
( audible. )でもダウンロードできます。

Author : Jenny Colgan
Period: June 12th ~ June 17th 2012 (6days)
Category:Comtemporary Fiction
Length: 14 hours and 33 minutes (496 pages )

Total recommends:★★★★★
Difficulty:★★★★☆(聴いたレベルです。★3つ半ぐらい。読むと★二つ半ぐらいかな?)
Story:★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★★☆☆
Romance-packed-degree★★★☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆

読むと(聴くと)必ずカップケーキを作って食べたくなること必須。キュートなキュートなストーリー。

うーん、当たりの多い今日この頃、これもおもしろかったです。ほんとにいいお話でした。リストラされて、30もとうに過ぎ、途方に暮れた女性イザベル(通称イシー)が育て親である祖父仕込みの得意のケーキ作りの腕を生かして「カップケーキカフェ」を作ってロンドンの下町で奮闘するお話です。もうこの雰囲気をぜひ味わってほしい。オーディブルで聴くとものすごく生き生きしているので、ロンドンの人たちのざわざわ感が伝わってきてなんとも言えないいい時間を過ごしました。訛りを気にせずに(笑)目読書で読んでもきっと楽しいはず。読み終わるとさわやかなあったかい気持ち一杯になります。

これは、今まで聴いた中で一番イギリスっぽいナレーションでした。ほんとに一人の女性が読んでいるのか?と思うほど七変化。男女の声だけでなく、老若男女が出てくるんですが、うまい!子供のしたっ足らずの英語なんか聞いてるともう抱きしめたい気持ちに駆られるほどかわいいです。(英語もわかりにくですが(笑))

それプラス訛りまでですよ!もうびっくりしました。ごろごろ出てくる。というわけで耳で聞くとかなり最初はびっくりしました。でも慣れてきてキャラクターのすみわけが自分の中でできるとスッと入ってきます。ちょっと時間がこれもかかりました。それに最後までおそらく?コックニー訛りとかのきつい訛りがききとれなかったりしました。それでも意味不明なとこまではいかないので楽しんでいました。それプラスこれはすべて3人称のナレーションなので、その分舞台が飛びます。それと誰の心情を表しているのか3人称で聴くのは1人称よりも難しいです。それを考慮した上の難しさレベルです。読むにはキンセラ女史のショッパホリックシリーズと同じぐらいだと思います。

キンセラさんがきっとアメリカでも日本でも知名度が高くて、イギリスのChick litの代表格だとは思うんですが、ちょっとドキツイところもあって、(まあ笑う回数もその分多いですが)それがちょっと受け入れられない人にはこちらの方が心ほんわかしていいと思います。キンセラ本の本はほとんどが1人称なので、あちらの方が読みやすさレベルはちょとだけ上だと思います。

最初はちょっと耳読書としては、非ネイティブにとっては難しんじゃあないの?と私レベルごときの判断で僭越ですが、そう思ったのでトータル★4つぐらいだったんですが、ストーリーもポンポン進展して、やっぱり最後は泣いちゃったので、プラス★一つでやっぱり5つ星です。おじいちゃまがでてきたら、もうだめなんですよね。愛らしい。

カップケーキが物語の中心なので、毎回ではないですが、チャプターごとにカップケーキのレシピが出てきます。しかも、物語が終わった後に、「カップケーキ講座」と物語の秘話?つきです。お菓子作りが好きな方、好きでない方もこれは面白いと思います。目読書ならレシピをメモして作ってみるのも楽しいかも。

これは先にも書いたんですが、キャンペーンで無料で入手しました。でも大当たりでうれしいです。ページ数も長さもChick litとしてはちょっと長いので、いつもより時間がかかりました。私が一日で聞けるのはだいたい平均2時間長くても3時間です。その2時間は最近はたいてい移動時間です。最近は土日もすべて予定が入っていてじっくり座って目読書ができない分、車のなかで耳読書にいそしんでいます。

アメリカ英語でよさそうなものをけっこうピックアップしてるんですが、この夏はイギリスに行くので、しばらくできる限りイギリス英語でいってみようと思います。聴き終ったJenny Colgan女史の作品もまだあるので、オーディブルがあればきこうかなと思います。次もイギリスのChikc litをピックアップ。
次回は作家を変えてこれ、
Breakfast at Darcy's
Breakfast at Darcy's
クチコミを見る
これはアメリカアマゾンでダウンロードしました。いろいろ特典がありまして、会員のセールがちょうどあったので。ウィッシュリストに入れている作品のどれかを会員価格からさらに25%discountしてくれるというのを利用して、6.8ドル(550円ぐらい)で購入しました。もともとプリペイドのクレジットは9ドルなので使い分けています。

さて、目読書もあと10%ぐらいなので、週末にぜひ読んでしまいたいです。でも朝からいろんなとこに2往復して、今からまた出かけないといけないんですよね。なんとか読めますように。

最後まで読んでいただきありがとうございました。