言語の壁:Way of thinking

今日もお越しいただきありがとうございます。昨日ちらっと書いてて「気づき」についてです。

ネイティブの先生と話してて思ったこと。

「日本人はピラミッド型で話をするから、すごく話がわかりにくい。日本のプレゼンは相手が理解しないといけないとみなおもっているけど、アメリカのプレゼンは相手に理解させることが大事」

いいとこついてます。これ、みなさん知ってらっしゃること。
わかってるけどなかなか治らない根本的な問題ですよね。授業の講義にしてもそうです。大学とかの講義って、(いや高校も)聴いてて途中から眠くなったことありません?

生徒にスピーチをさせる授業があるんですが、「Conclusionがない」と横で見てると一蹴されることが多い。

それは、日本人の考え方が英語とずれているからですね。

きっと英語ネイティブは英語ではなしてて、日本人の英語に対して
「だから?」と思っているんだなあと思いました。日本にいる外国人はそれに慣れてるから聞かないだけのことが多い。

日本語の文章をそのまま英文に訳しても意味の通じないってことが多々あります。そう、それですね。逆もしかり。

人の日本語の文読んでて、全部読めない時もありますよね。これも最後まで飛ばし読みの人もきっといるはず(笑)最後まで読んでもらえる文章書くように日々修業です。

英語と日本語は「なんとなく」って範囲がまるで違う。日本のなんとなくはかなり広くてとても非論理的。
で、枝葉末節にこだわって話の全容が見えない。揚げ足取りをするような時も多いです。言いたいことをパパッと並べて順番気にしないっていうのはよくあること。話題がコロコロ変わったりする。悪い言い方をすると「ちょっと非
論理的、もしくは感情の赴くままに話す」ような部分もあります。ややこしいのはそれを隠して話すことも。陰口やいじめが多いのもこの日本語の性質にあるかもと思うこともあります。

日本語のその「あいまいさ」はいい部分もあります。言葉にしなくても主語がなくても、何を言っているのかわかるそのあいまいさは時として美しいです。

逆にあまりに難解で何を話しているのか、書いているのか、わかりにくい文もありますよね。例えば、相手の教養を試すような文。読む人を選びます。それはそれでまた魅力的ではありますが、わかりやすい文を読ます、聞かすという意識は欧米の方が一般的なような気がします。間違ってたらごめんなさい。

でも残念ながら、そのはかなさとかは英語になかなかそのまま移行して通じるものではありません。言葉は単に言葉として存在するのでなく、人の性質までも左右しているからややこしいのではとも思いました。

英語を話すとき、少し話す内容の輪郭をはっきりした感覚で話すと、ちょっと英語っぽくなるのではないかと思いました。枠を最初に言うというか、箱の外をまずイメージして話す。

それからその中の中身を話します。それについての説明とともに。

で、何が言いたかったか、もう一回。

英語ネイティブの人、特にアメリカ人の人はこの会話パターンを幼いころから型を習うように自然にそうなっているような気がします。「論理的に話すこと」をすごく大事にします。

「なぜ」「どうして」「どうやって」etc.こちらがあいまいなことを口にすると、
「だから?」と必ず切り替えしてきます。

昨日もネイティブに「この英語、日本語でなんていうの」から漢字の話になり、私が"I sometimes have difficulty spelling Kanji."というと、

”Do you use the word 'spell' ?"みたいなことをきかれました。書き順もあって、その書き順は結構忘れたり、変わったりしてると答えると、「で、漢字を書くときには「スペル=綴る」って使うのか、僕は聞きたいんだ」と言われました。

私が肝心の質問の意味に答えていないのがすごく典型的。説明できていない。なんとなくwriteとか、draw
とかじゃなくて、spellを使ってみたら、鋭い質問を浴びせられました。ちょっとした骨子のない会話でもこのていたらく。

そういう積み重ねじゃないかなあとふと思いました。

先に述べたので、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
一番の基本

①イントロ
②ボディ
コンクルージョン

これって英検のエッセイそのもの。入試問題も実はこのルールに乗っ取って書かれているものが多いです。勿論長い文章を抜粋しているので、全部がそうはなっていないですが。学校の教科書もよく読むときちんと型がある。

私はこれを英検のエッセイを勉強したときに初めて意識しました。「文の書き方」や「型」を習うことがなかったから、一つの障壁として「なんか通じない」ということが起きているのではないかと気づきました。

今の学校教育では英語の授業でこれをきちんと説明します。少なくとも私が教えている環境では。

それなしに、「単語」「フレーズ」を覚えて、本をやみくもに読み進むだけではちょっと効率が悪いかもしれません。
それと、思うのは、文章の書き方を私たちは習っているようで習っていないということです。英語だけでこれをカバーするのは結構難しい。

教育も行政もよく似た動きしてますね。「自力でなんとかしてください。」全体の考え方自体がirrational。
まあ、批判したって始まらない。とにかくできるようになればいいんですからね。

で、コツとしては、英語を話すとき、書くときに意識みてください。

①何かを言うときに「ブレる」癖を意識する:一つのことにちょっと固執する感じ。頑固になるとうわけではないです。屁理屈ではなく、ロジックを重んじる。

②「最初に言いたいことをまず言い放つ」:何が言いたいか相手に伝えることが大事

③まとめる習慣をつける:ここで相手が理解しているか確認もできます。

まあ、これを直すのはけっこう意識しないといけないから大変です。
だから英語を話すときは

「違う自分物になりきる」感覚も必要じゃないかとも思います。
「英語話してる自分」

それと大事なことは、「間違いを恐れない」ですね。日本語のうまいネイティブの人が話しているのをきいていると、自然じゃない日本語を使っていても動じない。あれを見習わないといけないと思います。私たちの英語もきっとそう響いているはず。

書いてみると「そんなことわかってる」な内容ですが、実践が難しい。
「考え方を、視点を変えてみる」が実はコツなんじゃないかなと。
その論理性を身に着けることができたら、例えばテストの英文も答えがクリアになりやすいのではとも思いました。あいまいさを少し排除する意識を持つ。

「なりきる自分」ちょっと試してみてください。日本語を話す自分、あいまいさを愛する自分を捨てる必要はまったくないと思います。ちょっとの違いを意識する。私もできていなから日々苦労しています。わはは。

ご参考にならなかったらすみませ~ん。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
さて、仕事に向かって今から「なりきって」きます。

がんばりましょうね。