英語読書(耳読書No.14)日記 Twenties Girl (Audible)

Twenties Girl
Twenties Girl
クチコミを見る
コチラは日本アマゾンでのCD版です。 実際はamazonaudible.でUnubridged版をダウンロードしました
(表紙は違うものでした。)
Author : Sophie Kinsella
Period: May 20th~24th 2012 (4days)
Category:ContemporaryRomance (Chick Lit)
Length:  15 hrs and 5 mins (448 pages)

Total recommends:★★★★★★
Difficulty:★★☆☆☆
Story:★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★★☆
Romance-packed-degree:★★☆☆☆
Adventure-packed -degree:★☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★☆☆

いやあ、面白かったです。超お勧め!ハッピーでほんとにいいです。これは感動の涙しました。キンセラさんのお話の中で私はこれが一番好きです。読んで聴いて笑って最後にはさわやかで幸せな気分になれる本。こういうのがもっとたくさんあればいいのにと思うほどです。だから個人的な超お気に入りとしての★6つ久々につけたいと思います。目読書でもなんでも是非読んでほしいなあ。まあおばあちゃんネタに弱いだけの私かも~(笑)歴史が絡むと惹かれます。

ヒロイン、ラーラとその105歳で大往生した大叔母さんの幽霊シェイディがお話の中心です。でもシェイディを見れるのはラーラだけ。で、大騒ぎを起こすお話なんですが、もう大叔母さん(幽霊の姿では23歳の女性)がキュートで主人公のララをどこまでも振り回して大笑い。お話の中には「なんでもっと生きてるうちに会いにいってあげなかったんだろう」というようなセリフやシーンが何度も出てきて胸がきゅんとなりました。読んだらお年寄りに優しくなれます。ほんとに。

これは謎解きの楽しみもあって2重3重に楽しめました。

この人の作品の魅力の一つはたわいのない会話にちりばめられている「笑い」なんですが、例を一つ上げると、電話で「鈴木メソッド」の話でキャッチボールをしいているところなんて笑っちゃいました。鈴木を「スズーーーキ」と何度も発音するので余計に笑ってしまいます。ちなみに鈴木メソッドとは、バイオリンの英才教育ですね。日本人の鈴木さんが創始者で欧米でも有名みたいです。

他にはロンドン塔を観光したり、ロンドンアイに乗ったりと、自分が何度も行ったことがあるところは舞台が目の前にスクリーンのように浮かんで楽しかったなあ。大事なシーンの一つが「ナショナルポートレイトギャラリー」なんですが、これは私がロンドンで一番好きな美術館です。ロンドン美術館の横にあって、前回夫と子供とはいかなかったけど、ロンドンに行ったときには一人で見にいってました。3回ぐらい行ったことがあります。トラファルガー広場の横だったかな。今回も行けずに残念です。

これ、テストの採点のお供にしてよかったです(笑)教師をしていて何がいやって採点がいや~。肩凝りますし。だから主人公のラーラとシェイディの珍道中?を楽しみながら聞かせてもらいました。ちょっとは,滅入る気分もましってもんです。耳だけでも英語漬け(英語のテストの採点してるはずなのにねえ)

途中パスポートの申請に行ったときに、疲れてうとうとしながら30分ほど聞いていました。(しかも足を運んだのはそれで2度目ですしね)これぞ睡眠学習

でもなんとなく話の筋をそれずに聞けるところがこの人の作品の魅力なんじゃないかなあと思いました。何でこんなにわかりやすいのか?おそらく会話のテンポや、たわいのない言い回しの小さな積み重ねを楽しんでいるうちに話に入り込んでしまうからではなかろうかと。横で人の井戸端会議を聴いてるような感じでもあります(笑)って言っても悪意のないものですがね。それとやっぱり舞台がイギリスというのが私には大きいのかもしれません。スッと入っていける。

耳読書で聴くにはほんとにもってこいです。お話にもよるけどほんとに聞いてておかしくて楽しいのでストレス解消になります。ヒロインの名前がLala Lintonというのですが、この名前を口にするのが癖になるようなかわいい言い方なんですよね。「ラーラー」の伸ばすところを間延びした感じで言います。

おもわず今日も同僚のイギリス人の先生と話してる時は特にこのLaLaの口調になりきってました(笑)
お昼休みに「ねえねえ、ダイソンの掃除機ってどう思う?」と聞かれたので、”Well, actually I have been thinking about buying the one." と始めて、結局日本製を買った顛末を話しました。(最近この先生とよもやま話ができるようになってちょっとうれしい私です)このactuallyではじめる言い方はイギリス人よく使いますよね~。(アを特に強く間延びするように言うのがっぽいです(笑))The thing is とかも。私も多用しています(笑)くせになってる。

でもキンセラさんももう聞きたいのがほぼなくなっちゃいました。ショッパホリックもイライラしますしね。でも気が向いたら残りも聞いてみようかな。

次はアマゾンでもベストセラーにランクインしているこれに挑戦。→最近ちょっとベストセラーに凝っている(笑)
images
アメリカでランクインしているのが日本のアマゾンで探せないので、これは画像だけです。これのAudibleを聴いてみたら、アメリカ英語でもはっきりとしていて聞きやすそうだったので挑戦してみます。かわいい女の子の声です。


それと、どうやったら集中できるのか?いつ聴くのか?という質問を何人かの方に聞かれました。

あまり集中しなくてもいいものをまず選んで聞いているところもあります(笑)上でも書きましたが、キンセラさんは特に耳に飛び込んでくる感じで喫茶店の横で誰かが話してるのを聴きながら違うことをやってる感じです。耳ダンボ状態ってやつですか(笑)

イヤホンをして聴くだけに集中してることはまずないです。何かのついでです。車の運転や、家事、通勤の歩いてる時。今回はテストの採点をしながら。最後の5時間を今日で聴き終りました。最後はスーパーに行った車の中で涙しながら。たまーに子供を寝かしつけながら聴くことはあります。(普段は目読書が多いです)

コチラに来てくださる方で何人かの方が耳読書にすごく興味を持ってくださっていて、もちろんもう耳読書をされてる方や、中には「挑戦してみます」「もうすぐ始めますよ」という方もいらっしゃってうれしい限り。

私ももう少し数を読んだ後でまとめ的なものが書けてみなさんのお役に立てたらと思います。

「葛根湯を飲んでいる」と書いたら、みなさんいろいろお見舞いや、アドバイスをいただいてとてもありがたかったです。ありがとうございました。体もほぐさないといけませんね!

一緒に頑張って楽しみましょう!
最後まで読んでいただきありがとうございました。