英語読書のいいところ

今日もお越しいただきありがとうございます。月曜日ですね。仕事はじまりました。
今日はもう英語の勉強はちょっと諦めています。仕事がね、立て込んできました。今から子供の塾待ちの間に教材を作りたいと思います。バッテリーが持つ限り・・・。でもこうやってすぐブログ書いちゃいますね(笑)時間が来たら今日晩ご飯はカフェ飯の予定です。この近くに人気のカフェがあるらしいので、夫に連れてってもらう予定。

昨日の読書日記にお問い合わせありがとうございました。皆さんやっぱり興味があります~?
中にはポチットしてくださった方もいらっしゃいます。楽しめますように~。うふふ。
今まで読んだ本は目読書、耳読書、裏読書(笑)を合わせてなんと1月から数えて30冊を超えました~。新記録。この生活でこれはなかなかがんばった。ぜいぜい。

本の趣味はほんとに個人差があって、こちらで興味を持って読み始めたものの、面白くなかったということも多々ありますからね。今までもそういうことは何度もありました。ごめんなさい。面白くない本は途中で終わっても全然かまわないと思います。

それでも日々「読みやすい洋書」かつ「面白い洋書」を探す旅を続けている方の列は絶えずですからね。こちらのブログが少しでもお役に立てば幸いです。

最近よく間接的にも直接的にもきくのが、「多読を始めて、登竜門のようなHolesとか、The Giverを読んだけど、苦痛だった」という話です。私もこの間ニューベリー賞受賞作を耳読書して同じような感覚を味わいました。

そういうときは「うーん、よくわからなかった」と正直に思っても全然いいと思います。
大人の方には児童書は時にして「苦痛」になりえるものもあるとわかってきました。最近はヤングアダルトもたまにちょっとついていけないおばちゃんです。去年はつなぎに読んでいましたが、今年はちょっと減りました。

そういう時には何がいいか?

女性の方ならやっぱりChick litではないかと思いました。今年になって耳読書で始めたほとんどはChick litですが、すごくとっつきやすい。耳で大丈夫なら目はもっと大丈夫であるという結論に至っています。文学ではなく、大衆的なものですね。映画化されるものでもいいかも。

男性も含めてなら、読みやすいのはステリー。

ということは、ミステリーは万人にいいということではないかと思います。

これからまた本探しの本読みの旅は続けたいと思っています。みなさんとシェアできることがこれほど楽しいとは思ってもみませんでした。自分が楽しくて、人の役に立つなんて、ほんとにうれしいです。

英語読書がいかに楽しいかは読み始めた人ならおわかりになると思います。自分のレベルにあった本を「ああおもしろかった」と本を読み終わった時のあのすがすがしい気持ち。英語読んだ満足感。寝不足もへっちゃら。

この楽しさを味わうと、試験勉強は時として無味乾燥に感じます。英検1級の間にも本読んでました(笑)
でもその試験勉強ものちの楽しみがまっているとすればまあできますかね。1級の語彙はびっくりするほど読書に役に立ちます。I promise.

「楽しんで」する英語。多読の理論とかはまったくわからずいきなり普通のPBから始めた私です。
途中多読を取り入れてやさしい本も読みましたが、セオリー通りにやってきたわけではなく、

ただ読み続けただけの日々。アンラーンとかも結局何かわかってないです。教師だけど(笑)とにかくどんな方法でも先に進んだ人がコツコツしてある一定の量を超えると見えてくるものがあるんですけどね。学校英語は量が足りなすぎ。読む分も、聴く分も、話す分も、書く分もです。それ自体悪じゃなくて、量の問題なんだと何度も言ってきましたね(笑)

今日もしっかりSVCを叩き込んで、前からも後ろからも読めるように授業で入試問題を生徒の頭に叩き込んできました(笑)分詞構文の中の過去分詞を指して「先生これがこの文全体のVやろ?」という彼らに最初から分詞構文は何かということも説明しつつ(汗)結構多くの生徒があっと言う間に忘れちゃうんですよね。

仕事しながら英語読書しながら、気が付くと、
何とかアメリカや、イギリスのベストセラー作品をタイムリーに読むことができるようになりました。

だから自信を持って言えます。

いつか読めるようになる日が必ず来ます。
やり方は続けばなんでもいいと思います。

楽しんでやることが一番大事です。ええ加減でも全然いいと思います。100%読めてなくても平気。

ノルマにしたっていいし、読みたい時に読めばいいし。
でも続ければ結果が待っているのはなんでも同じ。勉強も同じです。

一緒に楽しい読書続けましょう。
英語の力は知らない間についてきます。PB読んで覚えた表現を私は何度も口にすることも多いこの頃です。

大丈夫。私もまだまだ挑戦の日々が待っています。一緒にがんばりましょう。

では、仕事しまーす。試験が近いので来週ぐらいまでは教材作りや、テストに追われる日々です。試験勉強もいやだけど、これもいやですねえ(笑)本よみたいなあ。

でも、好きな洋書を買い続けるためには仕事もしないとね。月に何冊も買うと結構な金額ですしね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう!