多読ですべてがOKか?

ここのところブログのお友達のところへ行くと、「アンラーンと多読」ってのがでてきて、ほお~と思って読んでいます。

この手の話題は過去に何度も私も書いたんですが、改めて英語難民の多さを感じました。

ここにいつも来てくださる皆さんはもうご存知だと思いますが、私は多読も、精読も両方やる身です。
多読は趣味で(笑)最近は多聴も始まりました。

仕事では精読、いわゆる受験英語をみっちり教える身です。文の構造をみっちり生徒にしみこませる。
なぜって?

日本語と英語は語順が全然ちがうからです。

これって実は「多読」の発想と同じ次元ではないのか?思うこともしばしば。ていうと怒られますかね(笑)

私が入試問題などを教えるときには英語の語順でまず教えます。英語の語順で日本語を並べて訳してあげたりしてから日本語の語順も教えます。英語の語順の日本語がへんだからです。

勿論、訳を言う前に文の構造を一緒に見ていきます。主語と動詞がわかってないとどうしようもないですからね。品詞がわかってるとすごーく英文を読むのに楽です。文法の力ですね。

まだまだ試行錯誤ですが、日々「子供を英語好きに、しかもいい大学にも入れる英語力をつけてあげる」を目指して精進している最中です。だから自分の教え方が完璧とはもちろん思っていません。ですので努力は惜しんでいません。

ただダーッと読めばいいだけのレベルまでなら多読でなんとかなる入試問題もあるとは思います。でもそれを超えるのもあるんですよね。今日も前から訳せない英文を実際に読みました。後ろからじゃないとどうしても訳せない。じゃあ訳さなきゃいいじゃんと言われると元も子もないですが、それだと生徒は大学に入れないですからね(笑)

で、洗練?された入試英語を教えていて、いつも思うのは、「おおこの英文は英検1級の模範解答の長いバージョンのようだ」という印象なんですよね。そんなとんでもない英文じゃないです。しっかりした論説文が多い。こういう種類の英文がかけないからこそ日本人は困っているんではないのでしょうか?世界の舞台で論文を出したりしないといけない場合に。

蒸し返す気はないですが、「受験英語が悪」っぽいことを聴くとちょっと悲しくなります。受験英語が訳読式の授業だけで終始している時代はもうとっくに終わってると思うのですが。現に私の勤める学校は英作文はネイティブのチェックが入ります。先生は大変そう。でもそういうことはもう何年も前からやっていることです。

何度も書きましたが、良質の入試問題程度の英文が読めなければちょっとしたPBは読めないと思うのが両方やってる自分の今の感想です。私は今入試問題を生徒と解いていることが、年間50冊を超える読書に悪い影響を与えているどころか、それを超える力をもらっていると実感しています。今は週にほぼ2冊ペースが確立しつつあります。

大学行ったらもっと大量に英文読まないといけない学生もいるわけですからね。頭で論文を最初から英語で考える日本人学生なんてそうたくさんはいないだろうし、そうなると文法や、構造をわかって英文が読めたり、書けたりできることが悪いとは思わないんですが。

その「アンラーン」っていうのはどの程度のことを言うのかはわからないですが、PBを読むのに語彙は邪魔には決してならないし、ましてや難易度の高い本にたどりつける近道であるとも思うのですが。

多読っていうのも、どの程度でアンラーンなのかってのも問題かもしれませんね。GRレベル児童書ぐらいなら、そうなのでしょうかね。普通のPBに行くまでにかなり時間がかかるのでは?とも思いました。

確かに自分の子供や子供の通っていたインターの子供の本の読み方を見ると驚きはします。それもある一つの方法。でもその手段を子供時代から取れなかったら、違う方法も取り入れても全然かまわないのでは?とも思います。いやうちの子供は英語自体わすれつつありますがね(笑)でも中学生でまたやり直せばいいと思っています。それより日本語の国語力を優先したので。

私は多読も肯定しますし、精読も肯定します。どっちでもいいと思います。できるようになればそれでいい。

答えはあるようでないと思います。

何度も言って恐縮ですが、「続けること」、「好きであること」というのが大事かなと思います。

いやつい反応して書いてしまいました。なんか脈絡なくてすみません。

ではまた~。