英語読書(耳読書)日記 Can You Keep a Secret? ( Audible )

Can You Keep a Secret?
Can You Keep a Secret?
クチコミを見る
Audible UNABRIDGED版 (見つからなかったのでPB版を貼りました)

Author : Sophie Kinsella
Period:April 19th~23th
Category:Romance Contemporary (Chick lit)
Length: 10 hrs and 38 mins(400 pages)

Total recommends:★★★★★
Difficulty:★★☆☆☆
Story:★★★☆☆
Can't-sleep-degree:★★☆☆☆
Romance-packed-degree:★★★☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆

「耳読書にはキンセラさん」がブームの私です。わかりやすいし、喜怒哀楽もはっきりしていて理解もしやすい。
有名な「Shopaholic」シリーズもいいけど、何度も言って恐縮ですが、あれは半分までイライラするつくりになっている。でもキャラクターの作りこみは面白いところもあるので「まあ見届けようか」みたいな気持ちで聴いてます。こちらはそこまでイライラしないのがいいです(笑)

同じようなラインのお話なので同じように起承転結があるんですが、それもお約束って感じで安心してきけます。私は「英会話の勉強」してる気分で聴いてるので楽しいです。

20代後半のOLが会社のCEOとひょんなことから出会って話が発展するというお決まりのパターンを見事に踏襲しています(笑)でもこれがかえってみんなが安心して読もうとする人気の秘訣なのかなあと感心し始めています。最後もハッピーエンドでいいですよね。これは特にラストの恋人同士のシーンがキュート!Can you keep a secret?というタイトルがどこまでも生きてます。

ナレーターもすごく上手でした。感情的なところはすごく感情的に、泣くシーンはほんとに泣いているみたいに演技が入るので盛り上がります。笑うところはちょっと早口で、それもオモシロイ。男女の違いもすごくはっきりわかってさすがです。

ほんとは日曜日までに聴き終わろうと思ってたんですが、無理でした。日曜日はちょっとだけミシン踏みながら聴きました。子供の給食用の敷物と袋を作ってました。ロックミシンはしまったんだけど、ミシンはそのまま置いてあってついあまり布でストレス解消しました~。最後は子供の塾のお弁当を作りながら聴きました。

日曜日に聞き終わりたいという理由は、次の作品を週末に選んでダウンロードしないと、週日はあんまりそういう作業をしている時間がないからです。ブログも更新しにくいですしね。でも月曜日はバタバタするので、昨日の日曜日のうちに次の作品をダウンロードしました。

余談ですが、このタイトルで洋書を選ばずに検索すると懐かしい宇多田ヒカルのヒット曲が出てきました(笑)そうか同じですね。

次はこれ。AudibleのChick litで見てた時に出てきたもの。
Something Borrowed: It's a Thin Line Between Love and Friendship
Something Borrowed: It's a Thin Line Between Love and Friendship
クチコミを見る
日本アマゾンのをリンクしたんですが、Abridged版かな?ちょっとわからないです。アメリカアマゾンのAudibleではUnabridged版でダウンロードしました。

5月に映画が公開されるようなのでwish list に入れてありました。あっこさんがこの前読んでたのこれかな?シリーズがいろいろあるみたいですね。内容をちらっと見ると、「うーんおばちゃんはこれもっと前だったら読んでたかもしれないけど」という内容だけど、耳読書ならおばちゃんでも大丈夫(笑)キンセラさんばかりでも何なんで話題作聴いてみます。

これで耳読書は9作終わりました。本格的に聴き始めたのは確か3月でしたっけね。2か月で9冊も?ホンマかなあ。次も合わせると10冊なので月に5冊の記録だ~。だから何って感じだけどちょっと一人でうれしいです。そんな小さな喜びもないとね。

数もブログにUPしてるからなんとなくわかるんですが、これ目読書も合わせて年末なると「何冊だっけ?」となるので記録してると非常に助かります。耳読書とカテゴリーを分けたほうがいいですかね?ご覧になる方はどうなんだろう?こんなブログでもあとで見に来られる方も多いので便利なほうがいいですしね。

今日も読んでいただきありがとうございました。
今から子供の塾に連れていきます。

明日もがんばりましょう。