英語読書(耳読書)日記 Eclipse ( Audible )

Eclipse (Twilight Saga)
Eclipse (Twilight Saga)
クチコミを見る
Author :Stephenie Meyer
Period:March1st~9th
Category:Paranormal
Length: 16h. 27min.

Total recommends:★★★★☆
Difficulty:★★☆☆☆
Story:★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★★★☆
Romance-packed-degree:★★★★★
Adventure-packed -degree:★★★☆☆
Mystery-packed-degree:★★☆☆☆

再読作品(一度読んだので、音声で2回目に挑戦してみました。)

昨日も書いたんですが、今Audibleにはまっています。アメリカアマゾンに行ってしょっちゅうkindleにダウンロードしているとメールが来ます。その中のメールに「Audible作品2作品を無料で差し上げます。」というのがあって、「ほお、タダならもらおう」ともらった作品。昨年の暮れにダウンロードしてありました。でも初めてなので一度読んだ作品で聴きやすいものを選びました。その二つの二つ目です。

で、そのままAudible会員になっていたらしく、今年になってもまだクレジットというのが残っていることに気が付きました。タダより怖いものはないですな。2作品をもらって自動的に会員になっていたのを2,3日前まで気がついていなかった私。退会手続しないといけなかったらしい(汗)まあいいか。

会員になると毎月$15ほど(1200円ほど)で1creditもらえます。それでどんな作品でも1作品買えるというもの。Audibleは紙PBやPBkindle版よりもちろん割高です。新作は20ドル以上します。この作品は確か33ドル。元の値は40ドルを超えています。だから「1200円で2600円以上のものをゲット!おお半額以下。」とまだ気軽に買える。

2年ぐらい前に1度読んだものなので、やっぱり理解度は高いです。読んでいてちょっと難易度の高い単語も耳に入ってきますが、目で追うのとはちがい、無理やり過ぎ去っていく感じを結構楽しんでいます。それがかえっていいかもしれません。これが自分にとってわかりにくい英文のかたまりばかりだと、苦痛になる。だからレベルは今は慎重に選ぶことにしています。

ここに多読と同じエッセンスがあると思います。「辞書を引かずに、わからなければやめる。」これは目で読むよりこのルールが適用されます。次々と耳にお話が飛び込んでくるので辞書で調べてられません(笑)

2月に一通り「音読パッケージ中級」という本を1冊やり終えたので、次の上級の間にふと思い立ってPCに入っていたこれを聴き始めました。上級編は思ったよりストレスのたまるものだったし、春からは電車通勤。声に出して取り組みできないので、いっそのこと耳読書にしようと思っています。ぶつぶつ言いながら歩いてたら近所に噂になりますしね(笑)

内容はもう有名なお話ですからね。これは「嵐が丘」がベースの作品。確か、「高慢と偏見」「ロミオとジュリエット」で、今回が嵐が丘ですね。次に聴き始めている4巻はベースの作品がなかったような気がします。どうだったかな。だから作品中に「ヒースクリフが~。」「キャシーはモンスターだ。」とかしょっちゅう出てきます。

ティーン向きのモノローグもので、やっぱりメロメロな感じですが、3巻はすごく動きがある作品です。映画も映像化しやすいものだなあと思って見てました。「原作も英語で読んで映画もフォローして、またAudibleで聴くなんて。この人きっとトライライターに違いない」って思われてるだろうなあ。おばちゃんなのでそこまで本人は思っていないんですが、とにかく読みやすいしわかりやすいし、ある意味マンガちっくでオモシロイ。飽きないのは事実です。
お話の展開が早いのでページ―ターナーであるのは保障します。英語学習者にはぴったり。女子高生が英語を好きになるきっかけを作ってくれるような作品です。今度英語のできる生徒にCDあげようかなと思うぐらい。

朗読もやっぱりプロですね。声色が変わってオモシロイです。私はまだこのシリーズしか聴いていないのでわかりませんが、非常に上手だなと感じます。臨場感がすごくある。

しかし、機械音痴の私はこれをまずkindleに落として聴くのが大変でした。偶然できてからしばらくするともうやり方忘れてる。でまた時間かけて入れます(涙)でも私のkindleはDelax版。大きくて重い。ふとipodに入れれることに気が付いてこれまた格闘しました。その時間は合計するときっとPB半分ぐらいいや、1冊?読めたのではなかろうかと思います。

苦労の末やっとipodで聞けるようになった長所もあります。昨日も書いたんですが、耳読書をしていいことが一つ。


「PB読むより早く終わる場合がある」

読むという行為はじっとしていないとできないけど、耳読書は体が動いていてもできます。車の運転中、考えなくていい作業中、洗濯、掃除などなど。その隙間の時間にいつも首にipodを吊り下げておけば、1日3時間ぐらい聞けました。これは細かい仕事に囲まれている女性の味方ではないかと思います。

今は特に移動が多いので、PBは家であまり読めません。メインは子供の塾待ちの時に外で読んでいます。
今読んでいるPBは500ページぐらい。1時間で40ページ前後で読んでいるので、13時間ぐらい?かかります。先週の金曜日に読み始めてまだ読み終わっていません。まとまった時間は週に3回ぐらいで、そこでまとめて読んでます。毎日は読めない。読めても寝る前にちょこちょこ読むぐらいです。

比べてipodは移動中も聞けるので毎日何かしら時間がとれます。この16時間のAudibleは実際は5日間ぐらいで聞けました。実は聴き初めて1日目にkindleが壊れてアメリカから交換で新しいのを待っていたから。その後ipodに移行してから拍車がかかり、移動で2時間から3時間きけたので。通勤時間が短くなる春からはもうすこしペースダウンになると思いますが、がんばってみようかなと思っています。

それと極め付けの理由。お恥ずかしいのですが、去年のPB50冊越えで「老眼」に拍車がかかり、目がしんどいです。極度の近眼なので、目を大事にしないと今後恐ろしいことになるのではと今からビビっています。遠近両方しんどい・・・。そこにAudibleが颯爽と登場。熟年世代の強い味方ではなかろうかと思いました。あとは、レベルを上げるのみ(笑)

リスニングの力?うーん一日何時間も英語漬けですからね、落ちることはないですよね。いや確証はないですが、なんか頭の中英語だらけな気がしないでもない・・・。どうだろうか・・・。証明のしようがなくてすみません。楽しいが先行してるのでもうテスト勉強とかにシフトできない体かも~。

耳読書ご一緒にどうですか?(笑)

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日は日曜日。うちは子供が試験です。だから今日は昼寝3時間ぐらいしちゃいました。(言い訳)この時間英語に使えたらなあ。

お休みできる方はゆっくり休んでくださいね。