英語読書日記 War Horse 戦火の馬

War Horse
War Horse
クチコミを見る
Author :Michael Morpurgo
Period:February19th~20th
Category:Fiction<Children 8~
Pages: 192pages 

Total recommends:
★★★★★
Difficulty:★★☆☆☆
Story
:★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★★☆
Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆

映画「戦火の馬」の原作
これまた大人も読めて感動の秀作の児童書 英語学習者に超おすすめ!

映画のトレイラーも合わせてどうぞ2012年3月日本公開だそうです。


どんなお話?(最初だけです、ご安心ください):
ウマのお話です。イギリスの農場の少年Albertが一目ぼれした仔馬をJoeyと名付けてかわいがるんですが、時代は第一次世界大戦に突入。暮らしに困ったAlbertの父親が戦場に赴くためにいいウマを探していた陸軍の将校にJoeyを売ってしまいます。Albertと別れ別れになったJoey。戦場でJoeyはいろんな経験をします。Joeyはたして大好きなAlbertと再び再開できるのか。Joeyを通して考える戦争とは。愛とは。馬と人間達の交流を描いた感動作。

これもたまたまアメリカアマゾンでDVDを物色していて見つけたものです。最初はDVDを見つけて本もあったのでクリックしました。「児童書をスピルバーグが映画化?これは感動ものに違いない。」とサンプルをポチットしてました。日本で公開とは原作を読み始めるまで知りませんでした。けっこうタイムリーでしたね。

で、またまた大当たり。大人も「いやこんな奇想天外な子供っぽいのはダメ」という気にはなりません。どこまでもリアリティーがあります。で、英語も児童書なので読みやすい。私たち大人の英語学習者にぴったりだと思います。映画は子供向けのお話を膨らましてもっと映像で楽しめる内容になっているのではと想像しています。

最初は語り手が誰かわかりにくくて「あれ?」と思いましたが、実は語り手は馬のJoey。馬の視点を通して馬と人間の交流を描いていきます。前にも犬のそのパターン読んだことありますが、これはやられますよ。人間じゃなないところに客観化されて尚一層感動を誘います。私はサンプルをまず前の晩に読んでから、昨日全部読みました。ほとんどマクドナルドで(笑)おそらく3時間位で読めたと思います。マクドで目に涙を浮かべながら読んでいたおばちゃんは私です。

英語レベルは8歳からとあるので非常に字が大きくて読みやすいです。ほんとは★ひとつぐらいですが、出てくる単語が最初慣れるまでわかりにくいかなと思ったので、これも1,5個ぐらいの感じです。第1次世界大戦を描いているので、いわゆる兵隊用語がわかりにくいかなと思いました。あと馬関連ですね。馬関連と戦争関連は読んだことがあればそんなに気になりません。もしそれを飛ばしても、十分タドキスト読みでも感動がありますから大丈夫。

ちょっとあげると、
jobhpurs 乗馬ズボン
neigh 馬のいななき
squadron 騎兵大隊
fodder 馬の食べ物
bivouac 野営
infantry 歩兵
bugle 軍隊ラッパ
fetlock 馬のけづめ
bandoleer 弾薬帯
lancer 槍騎兵

などです。ストーリーに直接関与するのは避けてあるのでご安心を。けっこう難しいのありますね。これが児童書か・・・。

原作を読んで納得。どおりでスピルバーグが映画化する訳だと思いました。舞台がヨーロッパでイギリスの牧草地もたくさん出てくるし、ハリポタで有名なカールスクームも出てくるそうです。ちょっと映画「プライベート・ライアン」を思い出しました。内容は違うけど戦場を生き抜くという話。あれもスピルバーグですよね。ディズニー映画なので、子供を連れていこうかなあ。3月公開だそうです。

いや、ほんとよかったです。一日で読もうと思えば読めます。

今日は今から家事を済ませて仕事です。今日中にしないとお尻に火がついている状態です~。だから次の本に手を出すのは終わってからにします。くすん。

最後まで読んでいただきありがとうございました。