音読教材

日本音読協会?の皆さんが続々と音読、同時読みを初めてらっしゃいます(笑)

まだ昨日の記事も読まれないうちに更新してしまう私です。おもいついたらすぐ書いてしまってすみません。

実ビジを同時読みすると、音は取れても意味が付いて行かないというコメントをいただきました。
するどい!わかります。その気持ち。実ビジはかなり難易度が高いですよね。あれを同時にすべてわかれば確かに上級だと私も思います。以前も何度か書いたんですが、同時読みはSpeakingに一番効果がでるやり方ではないかと思います。自分の英語を話した時に、それがいつか出てきます。それが「なんちゃって流暢」効果とでもいいましょうか。何度もやっていると意味も少しずつはもちろん入ってきますよね。でも回数が必要。

実際には意味を分かったものをやった方がやりやすいと思います。実は私も1週間ほど前にも「実ビジはむ、難しすぎる」と一度弱音を吐きました(笑)だから、先に英語を自分で日本に訳してみる、で対訳と確認。とかするともう少し楽に意味にが入るように思います。日本語を大いに利用して、それを英語で丸ごと頭に刷り込んでいって全然いいと思います。ダイレクトメソッドというやり方も昔流行りましたが、大人は要領よくいかなくちゃ。私は自分が教えるときは実は日本語訳を与えても全然いいと思っています。最終的に英語を焼き付けるという意味でです。

それと、音読はやっていてもう少し違う気がします。同時読みよりも意味が頭に入りやすい気がします。一度やってみてください。違いを感じると思います。入りにくければ、ビニエットを読んで
なんちゃって逐次訳 → 同時読み → 音読 → 暗唱 でやってみてください。かなりハードですが(汗)私もなかなかいつも全部こなせません。時間かかります。

音読の時に同じフレーズを2回とか3回とかいうともっと意味が入ってきます。暗唱の時は覚えるまで唱えると(5回とか)すっと入ります。これを音読筆者をしながらとう手もありますが、時間もっとかかりますね。

でもこれを常にやると、ほかの取り組みができないですね(笑)でもやっただけの効果はあると思います。
別に実ビジじゃないといけないということは決してないと思います。私もできればもうちょっとハードルを下げたいなと思うことしばしば。わはは。

私が実ビジをやってるのは、「仲間」がいたり、「聴かないと放送が消える」締め切りを利用しているからです。基本はずぼらおばちゃんですからね~。あと、一つのスキットが1分ぐらいとちょうどいいからです。内容はかなりハイレベルだといつも思っています。ブログの仲間がいなければ、とっくに挫折していたでしょう。感謝ですね。1年休みながらもなんとか続いたのは生まれて初めてですもん。

もし、この締め切りを利用しないでも自分でコツコツできるのであれば、教材は問わなくても全然いいと思います。続けられる、楽しいと思うもの。CD付のもの。たくさんありますよね。日本を英語で紹介する本とか、速読英単語とか、音読を提唱している本とか。左に英文。右に日本文。そう、別にリスニングのコーナーだけ見なくても今は結構あるんです。単語集も英文から覚えようという本もあるので、ついでにボキャビルもできますし。実ビジが難しければ、他のラジオ講座TOEICを900点越えたなんて本もありますしね。昔買ってヤフオクで売りました(笑)あれはいまだにベストセラーですね。何万円もする高い教材ありますが、今は本屋さんで2000円前後でCD付のものがたくさんあります。ご自身に合うものは必ず見るかります。というかなんでも「やったもん勝ち」。

私は、今覚えているもので音読をたくさんした教材は

起きてから寝るまでシリーズ(簡単な言い回し、あなどれませんよ)

ヒアリングマラソン(1年だけですが。高い)

KHシステム(これで同時読み、シャドウイング、オーバーラッピングがほぼ確立しました)

TOEIC900点突破するための集中トレーニング(8年ぐらいまえ?突破はしてませんがね(笑)効果はあったと思います。リスニングがぐっと上がった記憶が。ちと古いですかね。音読筆書を提唱されてます。鹿野先生英文がやさしめでよかったです。)

CBSニュース(これも、高い。1年分。日本語逐次訳を英語に混ぜ込んであるのが特徴。同じ英文を3パターンで1か月やりこんでいきます。やっぱり同じようにつかいました。常に同時読み、シャドウイング、オーバーラッピング)

英検1級面接用の原稿と音声の個人の方の商材(これも高い。面接に直接効果があったというより、イギリス英語を楽しんだといった方が正しいです。私は実際にこんなスピーチはできまへん(笑))

茅ヶ崎式教本(教室でテストされるので、暗唱してました。1文がかなり長いのでちとつらい。英検前にも利用しました。)

実ビジ(これは何度も挫折。初めて1年やりました。)

実際にオーバーラッピングまでできるのは毎回ではありませんでした。シャドウイング自体だけでも効果は高いですからね。原稿なしで同時に口からでるのはかなり効きこまないとむりです。部分的にでもできれば次の教材やって大丈夫。(その頃には見るのも聴くのもいやになってますからね(笑))

また思い出したらあとでここに足しときます。

英文が「ちょっと暗唱ぎみまで行けるかな?」とご自身が思えて、CDと英文さえあればなんでもいいと思います。
暗唱できなくても同時読み、音読なおかつ意味が入っていたら、もうそこでかなりの効果が上がっていると考えていいと思います。

いや、思いついたので書いてるんですがね。今日試験なのにねえ。何やってんだか。
まあ、自分の点数ばかりに気をとらわれるよりいいです。(急いで書いたので、誤字脱字は試験帰ってきてからなおします(笑)すみましぇん。)

誰かの役に立つこともすごく大事がモットーですからね。やっぱ根が教師ですわ。

ああ、TOEICぼおっとまた900点越えないかも・・・。ねむいし。あれ、何回やっても全然自信ないですね。
点数取れたらいいんですが、とれたらもっと書いてることが説得力でますもんね。でも自信ないなあ。ビジネスEnglishくすん。最後まで集中力持たないんですよね。寒いのもだめ。外に行くのがおっくうで。

言い分ばっかりしてないで(→半分逃げている。)なんとかいってきまーす。右上の番号を忘れないようにメモしますね。ありがとうございます。あ、鉛筆子供に借りないと。写真貼らないと(→全然用意をしていない、完全に逃げている。)なんとか行ってきまーす。

読んでいただきありがとうございました。