TOEIC結果

おこしいただきありがとうございます。今日は2連チャン。

ずっとためてあったことを書こうかと、重い腰を上げて書きます。
この1年近くずっとかなわなかったことがやっと実現したから。もうこれ以上は無理かもとも思ったので。

去年の英検後、11月にTOEICを受験してとても落ち込みました。
英検後1か月だけ文法だけやって受けたTOEIC
2010年11月835点(L405R430)。

今までで最高点は以前にも書いた通り885点(L445R440)。去年の3月です。もう2年近くたちます。
英検直前のIPテストは
2010年5月855点(これは手元にないので詳細がわりません)。

去年の11月受験後かなり落ち込みました。で、3月に夫と一緒に受験を申し込みました。

私はもともとビジネスにまったく関係のない分野でしか働いたことしかないので、(というか教育分野が主)
あのテストは鬼門に近い。でもそんな言い訳をしたくないので、今年は主婦さんの声掛けに参加して「実践ビジネス英語」を勉強することにしました。いまだにあれは苦手です(笑)

でも3月は実施が流れてしまいました。

そのあとは職場が変わり、勉強する時間が限られるようになってしまったので、もともとない自信。「きっと受けても点数にはつながらないや。」という気持ちもあったんですが、5月に受験しました。その時も試験作りや、ホストファミリーで、まったく勉強ができなかったので、ダメ元。でも1週間ぐらい英語漬けだった貯金なのか、
2011年5月875点(L460R415)の点数がでました。でも最高点の885点にはまだ足りない。

新しい職場で、次年度の仕事のことを考え始めたときに、「英検1級とTOEIC900点以上」の資格を履歴書に書く必要性を感じ始めて、ダメもとでTOEICを連続して受け始めました。

その頃、今受け持っている受験生の家庭教師の生徒を励まそうと、PB50冊の目標を6月に掲げました。このところ書いている子です。問題を解くとパニックを起こして読めない。「先生も頑張るから少しでも進もう」と。そして洋書を読むだけでどれくらいTOEICが取れるのかを夏の数か月やってみました。TOEICとPBに相関関係があるかどうかを実験的にしてみようと。

結果は、私がやった限りでは、「PBはTOEICと直接的な作用はない。」です。英語圏に滞在したり、英語を使いながらPBを読んでいれば別ですが、PB読むだけのTOEICの点数UPは無理という結論にいたりました。
ほぼ、実践ビジネス英語も聞き流しで取り組まず、PBだけ読んでいた時期のスコアは

2011年7月870点(L460R410)
2011年9月815点(R410R405)

見事に点数が落ちました。まあよくある話ですね。翻訳をされている方がたまに受けると全然とれなかったりすると聞きました。私の知り合いの翻訳家の人は英検もTOEICも全く受けません。取れないからだそうです。でも難しい論文の翻訳ができるから全く関係ないですもんね。でも今の私はまた「PBだけ読む生活」に突入ですが・・・。やっぱり好きなことを優先してしまいます。

9月は言い訳ですが、熱がありました。でも熱があっても実力があればとれるはず。その時はこれ以上はないというショックを受けて、今後続けて受けようと決めました。

ここで、「このままでは来年の仕事までに今の最高点885点が使えなくなる(2年の有効期限が切れるため)」と危機感を持ちました。もともとTOEICに特化してなにも勉強していなかったので、どうしようかまず悩みました。

そこで、10月に入ってからオンライン英会話をぼちぼちとりはじめました。その際はあっこさんにいろいろ助けてもらいました。ありがとう。たくさんの情報を惜しみなくいただいて感謝しています。

あと、夫の知り合いの同時通訳者の先生とカリスマTOEIC講師の先生に上の成績と手紙を書いてアドバイスを受けました。答は「あまりにもがちがちに勉強しすぎ、TOEICは英検と違うので、硬い、難しい英語を読むよりもっとやさしい英語を読んだほうがいい。ビジネス面だけで大丈夫。」と言われました。そこで、直前はジャパンタイムズよりやさしめのデイリーヨミウリに絞って少しだけ読みました。でもやっぱりビジネスは面白味を感じず、2週間やったらいいほうでした(笑)TOEICの受験の際の心得みたいなのもありましたが、それは結局読まずに受験しました。PBは少しペースダウンしたのはそういう理由もあったからです。

で、10月に1,2週間オンライン英会話とやさしめの時事英語と実践ビジネス英語をちゃんとやるという3本柱をいつもの勉強に少しいれてやったら、

2011年10月870点(L460R410)
まで回復。

でもカリスマ先生に「文法ね。あとリーディングのスキミング」と指摘されていました。リスニングは実はマークミス(一つずれていた)を発見して消しているうちに、まるまる大問1全部で3問おとしました。痛恨のミス。

で、11月そのあとは何をしたか、ジャーナルに書いてあることなんですが、やっぱり一番の柱は「実ビジ」だったような気がします。実ビジをきちんと暗唱までしていればリスニングの460点までは行ける。そのあとはクイックリスポンスだと思い週に何度かオンライン英会話を受けることにしました。でももともとあんまり好きじゃないのか、毎日はやっぱり自分にはあってないかな?と思っています。たまに楽しくおしゃべりできればいいやみたいな感じ。ディスカッションも苦手だし。でもオンラインのおかげでリスニングは今までの最高点(たったの10点UPですが)になったのかもしれません。でも来春までにもうちょっと英語話せるようにはならないといけないんですが・・・。

リーディングに関しても、TOEICの問題集をいくつかかじりましたが、どれも前日に流すだけって感じでした。家にごろごろあるし。で、やっても間違えるのはいつも間違える。時間は11月に関しては10分余りました。あまりあまり過ぎたら、それは読み取りが浅い証拠。点数が悪いです。いつもは5分ぐらいなので、今回はちょっと余りすぎでびびってました。

結果はさっきメールが来てて、ブログを更新してから気がづきました。

結果は。
2011年11月920点(L470R450)

リスニングもリーディングも今までの最高点が取れました。何かに特化して勉強したというよりは、一つ一つの力が結集した結果だと受け止めています。もうこれ以上は無理かも~。おばちゃんにはあのリスニングを連続で受けるのはもう限界が・・・。

9か月ぐらいの点数の変移を見ての感想ですが。英検も同じで、これで英語力を推し量るのは無理だと思いました。「英検もTOEICも偏りがありすぎる」というのが感想です。点数の増減の幅もぶれが多すぎますし。これで就職を戦わなければいけない大学生がかわいそうだなと思いました。ビジネスもしくはその疑似経験なしにあれを受けるのは酷なような気がします。

で、今回で900点を超えるとは全く考えていなかったので、1月も申し込んでありますが、もうこれ以上とれる気はしません~(笑)というか毎回同じような感覚だから毎回自分の出来がよくわからいない。テスト持って帰らせてくださいな。いや、使い回しで、かなり管理が厳しいですからね。

でも次の職場には噂で帰国子女の人とか、名前がカタカナの人もいるって聞いたのでがんばらないと・・・。びびるなあ。カタカナの名前の生徒は何度も持ったことがあるけど・・・。1月またがんばろう。うう。3月?悩みます。
TOEIC受けようとお声かけていいだたいてたので、やっと公表できてうれしいです。ずっと低迷しててずっとずっと落ち込み、悩んでいました。1級持っているのに、現役の英語講師なのに900点をとれない・・・。(実際持っていない人のほうが多いですが)

で、再度声に出していいたいのは、
「英検1級とTOEICは途中までの幹は同じだけど、別物である。」です。それを実感した9か月でした。

人によっては同じかもしれませんが、少なくとも私には違うものでした。

でも、今精神的に苦しい中、一筋の光をもらえたことに素直に感謝したいです。
コツコツと勉強すればなんとか結果がだせることを信じてこれからもやっていきたいです。

一緒にがんばりましょう!

久々のTOEICご報告でした。