ことだま

今日もお越しいただきありがとうございます。

勉強するといいながら、仕事に追われる私です。試験やら教材やらは家ですることが多いです。仕事もゆっくりかまえてしますしねえ。勉強もか。
勉強するっていっても、結局PB読んでるし、いつものことをちゃんとしながら、
もしかして受けないといけないかもしれない採用試験、たいてい難しーい入試問題とか、
模擬授業とかを想定して家にごろごろしている問題集を解いたりしようかなといった具合です。
市販されていない問題集がおおくてUPできないんですよね。英作文の問題集とか。
昨日もセンターの過去問生徒と説いてて間違えました。あとで答えみて「ああ、そうやった。忘れてた。」という具合が多くて困ります(笑)

(        ) the direction (~の方向へ)のカッコにはいる前置詞。

いやあ、また出直し。これは間違えないんですが、よく出ますよね。

 The sun rises (        ) the east. (太陽は東から昇る)もう答えお分かりになりましたか?

おお、久々のトリビアネタですね。

で、結局仕事に追われて、勉強もしなくちゃ、と睡眠時間をけずるとあっというまに体が悲鳴をあげるので、
結局寝てます(笑)今日も子供のお迎えまでに仕事に職場で仕事をしようとしていたんですが、やめとくことにしました。

子供が昨日塾の算数の宿題をしているときに、ふとみると涙を流してやっていました。

「どうしたの?」と聞くと、横で腕組みをして座っていたパパが
「わからなくて悔しいねん。」

「ママ、私だんだん頭が悪くなっていくような気がする。問題が解けないの。すぐ間違えるし。」

子供に言いました。
「それはあなたの頭が悪くなっているんじゃないよ。問題が難しくなってきているの。」

ほんとにそうなんです。計算能力とは別のものですな。あれ。弁解するとうちの3年生の娘はすでに通信教育で5年生の教材をしています。時々、前の担任の4年生の先生の教室へ行って、4年生のプリントを満点とって帰ってきますし。それぐらい受験の算数は違います。

で、言いました。
「頭わるっていうとほんとに悪くなるよ。受からないっていうとほんとに受からなくなるよ。言葉は実は生きているんだよ。ひとを悪くいったりしてもだよ。問題がわからくたっていいじゃん、またやれば。」

「ママは何度も英検受けたもんね。」
「そうそう。ママはまだまだこれからも勉強するよ。」

ちょっとご機嫌も直ったかな?

そう、できないと思ったり、言うと自分でブレーキをかけてしまいます。否定的になるよりまだ肯定的のほうがいいですね。

できればあまり「できるんだ」と刷り込む作業をするより、ニュートラルな気持ちになって淡々とやることがいいとは思うのですが。あまり無理すると体にきますしね。あんまりライバル心をメラメラ強めてもまたリバウンドがきますしね。若い人は大丈夫かな。

ニュートラルに淡々と。でもそれが一番難しいですよね。

朝ごはん食べて勉強、もとい仕事します。
よい週末をお過ごしください。