「英語が得意」はいつ決まる?

英語の講師としていろんな生徒を教えています。10年以上。(これ以上言うのはやめときます~。(笑))

英語の好きな子。嫌いな子。

英語ができるようになるにはどうすればいいのか。自分の頭を使ってやった勉強法を今度は生徒に還元する。大教室であれ、個人授業であれ、大事なことは一つ。

「本人の脳を使うこと。」です。

どんなやり方でも、自分が「ああ、そうか。」と思わなければ、体感しなければ、脳に情報は残っていきません。
だからスポーツにならって、「何度でも。」と繰り返しを大事にしています。その回数は本人によって違います。

一度で覚えれる子もいれば(本当にいました。他にほぼ英語ネイティブとかも複数)、何度やっても頭に残らない子もいます。何度もやっても頭に残らない子供には「覚えようとせずに、何度も慣れるまでやるんだよ。習うより慣れ。」と励まします。私も習うより慣れでやってきました。

英語を「視て」記憶する子もいれば、「聴いて」覚える子もいます。「書いて」覚える子も。
どちらにしても、その作業を繰り返す。いやになればアプローチを変えてみる。やり方まで強制はしません。それは自分で一番フィットする方法を体感してやっていってほしいから。

できたら、がんばったことをねぎらって、たくさんほめてあげます。「よくここまで頑張ったね。」

私は普段高校生を対象に英語を教えています。いままでに中学生にも教えたことはありますが、中心は高校生。

最近思うこと。
「英語が得意」、「英語の成績が伸びる」はどの辺のラインで決まっていくのだろう?と。

今までに何人かの生徒の英語の成績を「ぐわっ」と上げた経験も持っています。マジックと言われたこともあります。反対に、どれだけやっても上がらない子もいます。本当に本人の努力が実らない。

「コツコツ努力すれば伸びる。」やれば伸びます。やれば。それは大人になってから自分の脳で証明しました。
なんとかコツコツすれば1級も受かるもんだ。と。

でも、その努力を続けられるかどうかです。

たくさんの生徒をみていて思うのは。

「英語の成績はすでに中学で決まっている。」です。

ほぼ、中2までに決まってしまうのではと思います。そこから逆転をはたしているのは、本人が努力した結果です。たくさんの子供が中学2年生ぐらいで躓いてそのまま英語に苦手意識を抱く。そこで英語を頭に入れていく日々の「作業」を怠ると、あっという間に成績は下がる。

英語は言語ですからね。日々触れることが一番の近道です。
それが他の教科とちがうところ。日本語じゃないから。

他の教科は中高一貫校の中学受験の子供を見ると、受験の貯金で大学受験を乗り切る子もいます。だからもっと早くに「得意」「不得意」が決まっているかもと、自分の子供を見ていても思います。

とにかく「問題を解く」「英語を読む」。せめて「英語に触れる」時間ができるだけコンスタントになければ伸びません。それをせずに「先生英語が伸びない。どうしよう。」と言います。「悩んでる暇あったら、一つでも単語を覚えないと。」と言うしかない。やってくれないとどうしようもない。

高校生になって、彼らに言うのは、「一年生のうちに英語が得意だ。好きだと思うことが大事だよ。」と言います。そうやって救えるのはほんの一部。それだけでもましですが、根はもっと前にあるような気がします。それか、あえて言えば、「6年では足りない。」です。大学受験に間に合わすために今の効率的な方法が確立されてきたのですから。学校の授業時間だけではものにならない。受験英語が悪いといっているのではありません。それがなければこれほど英語を日本人はしませんからね。それでも足りないといいたい。それぐらい言語の種類が違います。

最近は映画の話をしたり、英語の歌を覚えようと話をすると、個人的に生徒がやってきて、
「先生、歌覚えたら英語得意になるかな?」とか、「好きなアニメの日本語のセリフを覚えているから、英語に変えて何度もみたらいい?」とか教科書以外の英語の質問をたくさん受けます。

「もちろん、すごくいいよ!何度も何度もやってね。」と言ってあげます。

どこかで読んだ「東大生が受験勉強の時期に何度も何度もハリー・ポッターを英語で読みふけっていた。」という話をしてあげたら、「先生、がんばって僕も本読みたいから貸して。」

好きな方法で活路を見出してほしい。続けば本当に見違えます。

そんな一人一人の生徒たちが「英語が得意」になるように祈りながら毎日教壇に立っています。