都市伝説「学校(中学・高校)の先生は英語がペラペラ」

ご自身の経験上、中学、いや高校で英語の先生が英語を話しているのを見聞きしたことがありますか?

少なくとも私はないですね~。
でも、自分自身が英語の非常勤教師をやってみると。

「え?高校で英語教えているの?じゃあ英語ぺらぺらですね。」

「お子さんやご主人とも家では英語ではなしてるんでしょ。いいなあ。」

もうこれって都市伝説になるんじゃないかと思うぐらい言われます。そんなに高校で自分の英語の先生が英語を話してらっしゃたんだろうか?

私は正教員じゃあないので(夫は正教員)いろんな学校で仕事をしてきました。
そこでネイティブとつまらずに超自然に英語を話している先生はいまだかつて見たことがありません。

そりゃみなさんすごく英語ができます。でもすごく日本語なまりであったり、やたらに会話のあいだにくせがあったり、すごーく努力されているのがわかります。

そう、かんがえてみればわかるんですが、先生は大学生が終わった後たいていすぐに教員採用試験を受けます。そのあとはずっと日本人の環境のなかいわゆる「学校英語」を教えているだけなのです。それだけでペラペレになってたら、今頃日本人皆ペラペラ。

もし、すごく英語の発音がすごくいい人がいるならば、それはすごく特殊。もともと帰国子女だとか、留学を何年もしていたとかです。でも普通は教員をしながら留学を何年もできる人はいません。できても休職などして1年ぐらい。だからその特殊な事情でない限り、先生はない時間を振り絞ってすごく勉強されていると思ってもらっていいと思います。ですので、英検1級を持ってらっしゃったら、どこかの時期ですごく勉強されている証拠ともいえます。皆が1級持っていません。今の職場は知りませんが、前の職場では私以外に1人しかいらっしゃいませんでした。根っこが同じとはいえ、受験英語とはまた違いますからね。昔の1級は東大の問題に似ていて、東大生の合格者が多かったらしいですが。今は違うと思います。

英検の機関紙がうちにも送られてくるんですが、(先生向けの雑誌)以前は1級に受かった先生を探してインタビューするというコーナーがあったと思うのですが、それもいつの間にかなくなっている。それは探すのが大変だからかなあと勝手に想像してました。それぐらい受からない。

学校の正教員の教材準備の割合は全体の1割。あとは雑用です。最近は特に忙しくなってきています。それにクラブの顧問や試合や会議などで休日はボランティア状態。残業代なんてないし。「先生は暇」というのはもう過去の話です。それは一部の先生方。

最近では新人教員さんの中に英検準1級以上もっているひとや、TOEIC900点以上とっている人も増えてきています。でもほんとに英語ぺらぺらの人で1級持ってTOEIC満点に近いような若い人は、よっぽどでなければ

違う職業選んでます。当然。

そう、学校の英語の先生の英語は「ぺ」もしくは「ペラ」ぐらいだと思った方がいいと思います。頭は日本語ネイティブ。

私は間違いを気にせずにOL時代のOJTから学んだ度胸英語も入っているので(間違いを気にせずにしゃべりまくれるタイプ)自分では「ぺ」か「ペラ」ぐらいかなあと生徒に言っています。でも授業で英語で話すとそれでもびっくりされます。あーあ。

それぐらい日本の人は英語のレベルがどれくらいかわからないんです。なんか話してるように聞こえるだけで「すごい」と思ってしまいます。

「なんか先生すごい」が本当に「すごい」になれるよう、精進します。
まだまだです。

今日も来ていただきありがとうございました。
ちょっと仕事があいてのんびりしている私です。うれしいなあ。朝から朝寝してしてました。(よく寝る私)
学生の気持ちがわかる休日です。