話せれば書ける?

今日も来ていただきありがとうございます。

時々字体が変わってるでしょ?最近は原稿を書きはじめて万が一消えてしまった時のためにメモして保存してあります。今日もいざ仕上げようとすると、消えてたので、そこからコピペするようになりました。コピペすると字体が変わるようです。今日は一から書き直さなくてすんでます。おほほ。でもいつもの字体の変更はどうしたらいいのだ?おしえてライブドアさん。

英検も終わり1週間ですね。来週には合否がわかるんでしたっけ?ドキドキですね。
You've got butterflies in your stomach, haven't you?
今日聞いた実ビジで覚えました。

何人かのブログに遊びに行かせていただいてみなさんドキドキ。
ドキドキついでにもうやっちゃいましょう

「2次対策」


エッセイに自信のない方も、ついでにエッセイの勉強になります。そう、面接は鉛筆を使わない「即興エッセイ」みたいなもの。

英検の勉強の最後のほうでエッセイを重点的に何回か書く練習をしました。ある程度コツがわかってきます。そうすると点数が安定して、最後はエッセイはやっと20点で合格にたどりつきました。それまでは最高で22点ぐらいで、あとは10点台。苦しみました。私は1次の問題に関しては昔の日本語要約時代から知ってる化石のような受験経験者です(笑)

それで去年に至った思いは、「慣れ」。

その慣れはそのままエッセイに生かされます。

紙に書いてやっていることを今度は自分の言える範囲の英語で口にだしてやってみます。
私の場合はええ加減英語力なので、実はエッセイは自分の口でいってから(またはあたまの中で言ってから)書き出す感じでした。実は逆のことをしていたりなんかする。だからいまだに私の英文はなんかしゃべってるみたいな英語です。最近はメールぐらいなので、よけいダメ。だからビジネス英語はやっぱり苦手。機会が皆無ですしね。実ビジがなんと新鮮か。今は英会話する機会も皆無。たまにネイティブが家にステイするときに濃ーく英語に浸されるぐらい。

でも、お気づきでしょうか、ひとつヒントがありますよね。英作文にもつながるヒント。そう、

エッセイをもともとスピーチみたいにして自分でやっていたのです。だから私のエッセイはみなさんに比べてずいぶん稚拙な文だったと思います。ほんと。

去年始めたこのブログは当初英語だけで日記書いたりしてました。そのうちに先に英語で書いてあとで日本語の要約書いたり。そのうちに日本語だけになってしましましたが。読書日記も最初は英語だけで書いてました。お暇があればそれ見て「なんだこんな程度でこの人英検受かったの?」と自信をつけてくださ~い。お恥ずかしい。でもかなり練習になりますよ。英語日記。

私の場合はそれが功を奏して2次はぎりぎりセーフで、1回で済みました。というか試験官疲れてたか?2次対策もみっちりやっていないので、偉そうなこと全然言えないんですが、なんで受かったかをよく考えると、そうじゃないかなと今振り返って思いました。帰国子女でもないし、全然専門的なこと知らないし。高尚な英語使えないし。でも試験はなんかしゃべったなみないな感じで楽しかったのを覚えています。試験官の先生がとっても素敵なお二人だったしなあ。たぶんイギリス人の女性とダンディな教授のような人。


しばらく「今から頭に浮かんだこと全部英語で話してみる」へんな人に変身してみてください。だめ?

案外難しいですよね。この前子供が寝坊して服着替える時間もないときに、手伝ってた時にふと英語でやってみるとこれがまた英語で言えない。ボタンのチュニックブラウスを足から着さそうとして、「上着の中に足入れてごらん。」この一言がスッと正確に出てこない自分に悲しくなりました。普段から英語で言ってみるって大事かなと思いました。簡単なことが結構難しいんですよね。裏表逆とか、前後ろ逆とか。ね?案外言えないですよね。調べて覚えるのもいいかと。Inside outは覚えてる方多いですがそんな状況あんまりない。それより子供はwear their shirts backwardsのほうが多い。これすぐ忘れるんですよね。うちの子供はパンツの足入れるところにウエストがきていたことも。これは英語でなんて言うんだ?きりがないですが。しかしよく入ったねその腰が。

話せることは当然書けるから、話す内容が自分にあって、それが英語で言えれば言えるほど英作文はできる。4技能のうち、実はspeakingとwriting は密接に、いや、listening,readingもすべて密接な関係なんですよね。知らない言葉は聞き取れないのと同じ原理ですね。だから単純にいえば、4技能全部伸ばすことをしたらできるんですが、そうは問屋がおろさないから苦労してるんですよね。

だから英語使ってみてください。だめ?

うーんほかに名案が浮かべばまた書いてみます。
せっかくだからせめてみなさんがリラックスして受験できますように!


6月21日(火)の英語
BBCnews
 朝ごはんを食べながら2回。
 ストの話やら、市民が巻き込まれるリビアの爆撃の話やら、なんだか悲しいことばかり。


実践ビジネス英語:
昨日の晩ブログ書いてからがんばって今週のストリーミング1回分ききました。今日は2回分全部を頑張って聞きました。ぜいぜい。2回目がやたら難しい気がしましたが。あとは音読もしました。10回ずつ。ぜいぜい。これから2週間この5回分のビニエットを聴きたおします。やっぱり主婦さん怒ってはったわ(笑)そうや思たよ。

英語読書
Passion (Fallen)
Passion (Fallen)
クチコミを見る
about125 page/432pages kindleで。今30%ぐらいです。これまた待合室読み。それと子供を寝かしつけながらちょっとばかし。電子辞書を使いにくい体勢で読むので、ちょっと引きづらいけど、子供を寝かしつけながらはちょっと引きました。病院では内蔵の英英でちょろっと引いてます。なんかビクトリア時代に突入したので私としてはうれしいかも。舞台がイギリス。しかし「どこでもドアか」みたいな展開が続きます。うーんYA。

そうそうKさんにいただいたご質問「いい質問ですねえ。」と授業でもよくやるようにまずはお答えします。それブログネタで改めてまたやりましょう!ちょっと待っててくださいね。「PB攻略編?」いやまだまだ私は修業中の身なので、「途中経過編」てな感じで。一緒に読みましょうよ~!(誘惑)それと他にデビー・マッコーマーを読んでらっしゃるかたも言っていただいてありがとうございます。偶然にも前回一緒にPBを読んだあっこさんhttp://blog.livedoor.jp/is1454/(これをどうやってあっこさんという名前に変換するかずっと今日なやんでできずじまい。PC苦手。このまま載せますわ。)も次回はマーッコマーさんのを読むとのこと。また私も読みたいです。どれがいいですかね。うふふ広がるPBの輪。

しかし、コメント欄がないのでご迷惑おかけしているのにもかかわらず、本当にうれしいです。コメント欄つけたいなあ。休みの夏だけでもしようかなあ。おこられるだろうなあ。今でも「ブログ書きすぎ」と怒られています。でも楽しいですしね。

では、明日もがんばりましょうね。
明日はちょっとシンドイ一日なので、がんばります。

ありがとうございました。