洋楽をきくと英語がうまくなる?


Come Away With MeMILK BOSSA presents MARCELA
Come Away With Me        MILK BOSSA presents MARCELA

?シリーズです。「洋楽をきくと英語がうまくなる」これいろいろみなさん意見がありますよね。でんすけさんのところでふと感じて書いてみました。英語と歌詞。

若者におかたい?英語を教えていて、たまにすごく耳のいい生徒がいます。リスニングとか、音読とかで威力を発揮する子。そういう子は大まかに分けて二つのfactorが考えられます。

幼少のころから英会話なんかを習っている子。これからは確実に増えますね。帰国子女もいますし、両親のどちらかが外国人(ネイティブとかがぎらないですが、英語が飛び交っている家庭で育つ)の場合も。時々授業中にやんちゃな生徒を鎮めるために、ひたすら英語で指示をしたりすると違う子が理解してにやにやしてます。言っていることがわかってるんですね。たまあにいます。英語のほうがうまい子もいる。でもそういう子でも授業中は文法用語に四苦八苦。

もう一方は洋楽をききまくっている生徒。バンド組んでたり、する。でも邦楽がさかんな今の日本では珍しくなってきました。

何が違うか。
そう、「音程」と「リズム」です。

英語は日本語とヘルツがあまり重なっていないと言われています。だから英語耳を作らないといけない。まことしやかに言われていることですが、ホントはどうか専門家でないので知りませんがね。でも、確かに英会話を習う子供の耳は恐ろしいです。でもそれも聞き続けていないと能力は保持できませんね。

もう一つはリズム。日本語にはあまり抑揚がないから苦手な人おおいですよね。子供英語ではチャンツなんて
教え方もあるぐらい。子供に英語を教えるときによくやる手ですが、(今はまったくしていないですがね)テーブルをたたきながら英語を一緒に読みます。すごく読みやすくなりますよ、お試しください。

テーブルを「タターン」とたたいているうちに1文を言い終わる。結構難しかったりします。これがリズムをとるということ。でんすけさんが「字余りで音楽に合わせて歌うこともある。」とおっしゃっていたので思い出しました。師匠(勝手に読んですみません。)ありがとうございます。これができるようになると一気に英語っぽく聞こえます。

それを一気に解消してくれるもの。

「洋楽」ですね。音楽に合わせて、歌手に合わせて英語を歌えるとということはその英語に関してはリズムを習得しているということですね。難しいです。
反対に、それが聞き取れたら、リスニングができている証拠。会話より歌のほうがききとりにくかったりしません?

英語学習に音楽はきっても話せないかもしれない。いいツールですね。

ちなみに私はガンガンな音楽は昔からあんまり聞きません。最近は英語学習にどっぷりで音楽あんまり聞いてませんでした。

久しぶりに車にはいっているアルバムをききながら口ずさんでみました。わかるところだけ。ドライブしながら音楽きいてちょっとリズムつけて歌う。

ストレス解消になりました。聞いていた音楽は上の音楽ですちょっとふるいけど。

たまには音楽いいですね。

今日もきていただきありがとうございました。
仕事行ってきます。