まったり

昨日までの疲れがどっと出て、昨日から「今日はゆっくり寝る」宣言した私。我が家に来ているNZ人のお客さんもどう見ても病人状態。ポカリスウェット飲んでなんとか脱水症状をしのいでいます。トイレに行く回数はおさまりつつあります。いやあ、夕べは「救急病院行きか?」とちょっとびびっていた私です。

朝、私が起きたのは10時半過ぎ。すでに皆朝ごはんを食べていた。起きたら本来は今日の夕方に九州にむかうはずだった彼が「明日にしてもいい?」ということで家で皆でゆったり過ごすことになりました。

私が寝ている間に彼はバナナ1本食べていましたが、すこしずつおなかがすきつつあるようなので、
「I will make Japanese porrige.」と言ってお粥を作ってあげました。最初は「これは胃にいいんだよ。食べてみて。」とおかゆの上に梅干をおきました。ちょっと食べてみて、

「I don't think I can eat this.」やっぱだめ?梅干は日本の誇りある健康食品なんですけどね。梅干だけとって食べてもらいました。

でも完食。おお、たべれるようになりましたね。そのあと1人でちょこちょこおかわりして全部食べてた。

そのあと私と一緒に「カズオ・イシグロを探して」という録画した番組を見ながら、1人で向かう九州の地図をグーグルで調べながらいろいろ計画を練っていました。

日本語をほとんどしらないので、一人旅用に会話集を自分で製作しはじめる。
知りたい日本語は

「ここはどこですか?」自分の今いる場所を知るのに日本語の地図しか詳細版はないので、日本語が読めない。
漢字を一つのシンボルのように見ながら道路で標識を探すそう。英語ではWhere are we?日本人が英語で言おうとするとWhere am I?と言ってしまいそうですね。

「ここでキャンプしていいですか?」主にテントで過ごす。場所見つかるといいですね。

そんな感じで、10以上のオリジナル会話集ができあがりました。サバイバルだな。

午後から母国にいらない荷物を送るために休日でもあいている郵便局へ。どこへ行っても係りの人の親切な対応に感心していました。いいぞ日本!日本を好きになってかえってよね。
インドではすべてが「お金」だったそうで、一つのことをするのに何時間もかかって大変だったそうです。その何時間が袖の下を使うだけで数分で解決することもあったそうな。

帰ってきて、また私の電池が切れてきたのでお昼ねさせてもらいました。パパと一緒に日本のプロ野球とサッカーを観たあと彼もお昼ねしてました。まだまだ本調子ではないようです。

55096055夕方は私も疲れ気味だし、胃腸の悪い彼のためにも家族で近所の安くて有名なこんな感じのうどん屋に。これも彼が旅の途中で使えそうなレストランなので練習も兼ねて。セルフサービスで、お金も払いやすいし指差しでけっこういけそうなので。
あまりの安さにまたびっくりしてました。毎日ごはんつくってあげられていないから、ご馳走しようと思っていたのに。
「I want to treat you becase you are so nice to me. Let me pay. 」こんな感じで言ってはりました。ここはお言葉に甘えることに。
しかし、急に食欲が戻ってきた彼。最初は心配だったので、大・中・小の中を注文したんですが、「I can eat more.」ええ?大丈夫?今度はうちのパパがおごりました。っていっても300円ぐらいのもんなんですがね。
彼はうどんが超気にいったようで、「こんな店はどこでも見つかるのか?」ときくので、

「見つかるよ。四国の香川県に行けばもっともっとおいしいのが食べれる。」ときくとうれしそうに2杯目のうどんも完食。胃大丈夫?

そのあと明日の食材を買いに皆で大型スーパーへ。またいろいろ物色してウロウロ見学してました。私が海外旅行に行くと真っ先に行く場所は実はスーパーなんですよね。おもしろい。昔は服ばっかり見に行っていましたが、(背が高くて昔はやせていたので、着るものが結構海外で見つけやすかったんです。今は日本もずいぶんサイズがえらべるから大丈夫。)変わるもんですね。このまえロンドンで「ええ?ブティックとか見にいかないの?変わったねえ。」といわれちゃいました。

image帰りにデザートのアイスクリームを買って皆でたべました。これもむっちゃヒット。よろこんでおかわりしていました。いや「雪見だいふく」は受けるとおもいますよ。日本らしくって、中身はみなさん大好きなアイスクリームですからね。



あとは順にお風呂に入って一日が終わりました。夜の日本式のお風呂も気に入ったようです。しっかり休んで明日にそなえてね。明日の夕方旅立つ予定。でも私は明日の午前中は仕事で、あさってから本格的に仕事再開。うーん。早くねます。

今日はまったりと日本人の休日?を体験したうちのお客さんでした。

今日もきていただいてありがとうございました。
いい一日をお過ごしください。