The Fall - The Seventh Tower

The Fall (The Seventh Tower)
The Fall (The Seventh Tower)
クチコミを見る
Author:Garth Nix
Period:3.13.2011~3.15.2011(3days)
Category:Fantasy for children 9-12 years old
195pages

図書館で日本語の本を子供に借りてきて、子供が夢中になった本の原作です。子供は一気に7巻までとっくに読みきって、「ママも読んで欲しい。」というので、日本語も1巻を読みましたが、なんだか時間がもったいないので、「どうせなら英語で読むわ。」と1巻の原書を購入して置いてあったものです。実は週末の一日ぐらいで読もうと思っていました。でも、心がざわついてあまり本をとることができずに、3回ぐらいに分けて読みました。

日本語と英語の構成がかなり違うと聞いていました。英語だけで読むとおそらく出てくるクリーチャーすなわち想像上の生き物達の説明がないのでわかりにくいだろうという翻訳者の配慮でそうなったんだと思います。日本語も英語もざっと読んでしまって厳密ではありませんが、前半部分に翻訳者が加筆したのではないかと思いました。日本語を読んで3ヶ月はたっているので、ちょっと覚えていません。後半はけっこう原作に忠実ではなかろうかと思いながら読みました。

英語は子供向けなので早く読めると思います。Kira-Kiraと同じ程度でしょうか。英語子育てをしている方で2級をとられているような小学校高学年から中学生ぐらいの子でファンタジーが好きならよめるかもしれません。うちの子供もそのうち読んでくれたらと思いながら、道のりは長いです。

日本語を先に読んで英語の原書を読むのはダン・ブラウン以来です。さすがに映画がはやった当時に原書にいきなり挑戦するのは無理だとおもったので、日本語を読んで英語を読みました。「ダヴィンチ・コード」と「悪魔と天使」の2冊です。ダンブラウンの作品はそれ以外にも2冊読みましたが、それらは英語だけで挑戦しました。その時は「やればできるじゃん!」とうれしかったなあ。まだまだ修行の旅は続きますがね。

でも、この本はさすがに子供向けなので、それはしなかったほうがよかったと思いました。読んでいてあまりわくわくしませんでした。だから偏った感想しかかけません。

アマゾンの書評にもあるように、ハリポタが難しくて、ファンタジーが好きならば、この本は読みやすくていいかもしれません。