努力の量

昨日は初見の英作文の指導をしなければならなくなって、なんとかがんばったものの、間違えたところをあとで気がついて深く反省しました。そういう時は素直に訂正します。うーん落ち込みます。てきとうなメールとか話ことばと受験英語の英作文ってちょっと違う。文学やエッセイの日本語からの変換だったりします。

「予習なしに高度な英作文を指導できるようになりたい。」と願ってもう何年も絶ちます。どんな高度なテクニックを必要としても解けるように。でも道半ば。

英検1級をがんばった理由の一つでもあります。英作文を完璧に指導できる先生ってのもそんなにたくさんはいらっしゃらないだろうけど、それを目指してがんばる日々。先生も悩める日々なんだよう。

よく考えると、英検の時は語彙に時間をとられていたのもあったのですが、今は1級の勉強しているときよりも英語を読んでいる量は多いことにきがつきました。苦手な時事英語も読んでいる。(流し見している状態に近いとしても。)なんとかニュースも時間の許す限りわからなければ繰り返してきくようにしている。苦手なビジネス英語もブログ友達の力を借りてなんとかしんがりをついていっている。

洋書の量も今年は「こんな量読めないよ。」という限界に挑戦しようとしています。自分との戦い。でも苦しいながらも、楽しいし、感動や驚きがあったりするのでかなりいい勉強だと日々思います。学校に通えばもう少し効率もいいだろうけど、家でソファの上で寝そべってできるのが今の私にはベスト。

それでもまだまだ立ちはだかる壁。「くうっ。」とふき出しを自分につけたくなることしばしば。

でも、今までも小さな壁を少しずつ越えてきたと思います。努力の量をふりかえって、「こんなにやった。」なんて思う暇があったら、先をみていきたいと思いました。

とりあえず、本棚にあったこの本開いて見てます。
ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)
ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)
クチコミを見る

このまえテレビでまたやっていた。今度も見てみよう。大西先生のノリがパワーアップされていた。(といっても過去に1,2回しかみたことないですが)
基本に返る。大事です。

では、仕事までにちょっとでも勉強しまあーす。

1月28日(金)の英語
リスニング:
BBCnews CNNnews 1/28付分 
聞き流し。 チュニジアからエジプトに飛び火して、今大変なことになってます。CNNでは俳優のチャーリー・シーンが緊急入院したというのがTOPニュースでした。そういえば、映画マイケルダグラスがウォール界2でしたっけやるんですよね。違いましたっけ?懐かしい。

リーディング:
雑誌「TIME」1記事
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,2043439,00.html

aportman_0131俳優ナタリー・ポートマンについて。いまや旬の方ですね。私ははじめて見た彼女の映画は勿論「レオン」。最初は映画館で見て泣いたなあ。
彼女は俳優業をしながら学業もがんばった女優さんだったんですね。高校でも優秀な成績おさめて、ハーバードに進んだとのこと。えらいなあ。acing high school and then, of course, Harvardと書かれていました。調べて見ると彼女はイスラエル出身。ユダヤ式の教育で育っているのかな?その他にもイスラエルや、コロンビア大学などで勉強されているようです。才女。最近観たのは、「ブーリン家の姉妹」を飛行機の中で見ました。アン・ブーリンを演じていました。原作もいつか読みたいんですが、勇気がまだない。Black Swamも機会があれば観てみたいです。最近本に追われて映画みてない。監督業も経験済みの彼女。とにかく今年は彼女の年のようです。とにかくスクリーンに出っぱなしだそう。もうすぐママになる予定らしいですね。

この記事でおもしろかった単語
goody Two-Shose
 「ぶりっこ」これ以前にもなんじゃこりゃと調べました。絵本からきているそう。
choreographer 振付師 英検1級必須単語ですね。

ついでにインタビューもありました。ちょっと前のみたいですが。


前のエマ・ワトソンもですが、ちょっと長めかもしれませんが、英検のリスニングの最後の問題の練習にもなるのでは?と思いました。いろんな役柄もするし、シャープですねえ。

PB The Girl Who Kicked the Hornets' Nest
P127~P157/743pages
子供の習い事を待つ間。ちと苦しい。また浮気するやも~。


今日も来ていただいてありがとうございました。

いい休日をお過ごしください。