Hey Jude!

不思議なタイトルとなりましたが、今日は仕事もあって親孝行を兼ねて母が行きたがっていた場所に買い物に行ったり、家族のクリスマス?プレゼントなどをかったりして結局勉強ほとんどできなかったので、夫から聞いた話を一つ。

夫が一昨日通勤途中に、知り合いのあるご婦人とばったり出会いました。彼女はちょうどウォーキングをされていたそうです。

とっても素敵な方で、大のイギリス好き。ご主人もどこかの偉い先生でイギリスの大学で教鞭をとられたりするそうです。その方が、私が大のイギリス好きと聞いて、たくさんイギリス関係の本をくださいました。直接お礼もしてなくて、お礼したいとずっと思っているんですがね。

そのご夫婦はたいてい夏にはロンドンに滞在されます。私達がロンドンに行く前もいろいろ教えていただきました。で、この前の夏は演劇を数回観劇されたそうです。

そう、あのグローブ劇場で。
もちろん、演目は「ハムレット
なんとジュード・ロウ主演だったそうです。(だったと思います。ちょっとイメージが違うから違う配役かな?)

その方は大のジュード・ロウファンでなんとファンレターを行った初日に出してきたそうです。(ボックスがあるらしい)

で、2日目にまた行った時に、なんとジュード・ロウ本人が出てきてくれたそうです。セレブらしからぬフレンドリーな人だったそうです。サインも握手もお話もしてもらったそうです。

ますますファンになったそうな。いいなあ。

私が「おお!この気取ったかっこいいイギリス人俳優はだれだ?」とジュード・ロウに注目したのは映画「ガタカ」という映画。(イーサン・ホークにはほとんど目がいかなかった。でも、イーサン演じる役はとてもせつなくてよかったです。)それからトントン拍子にでてきましたね~。いまやパパでもあるしね。シャーロック・ホームズも勿論おばちゃんは映画館に一人で1000円で観に行ったよ。

1007872_0163821204.jpg










image最後にタイトルについて一言。実はもちろん「ヘイ、ジュード」という曲にかけてタイトルつけたんですが、私のはもう一つかけたつもりでした。長嶋監督の「ヘイ、カール!」しかし、さっきウィキぺディアで発見、ホントにジュード・ロウのジュードという名前はビートルズの「ヘイ、ジュード」から名づけられたそうです。あながち自分のセンスも捨てたモンじゃありませんね。え?「ヘイ、カール!」は余分?知りません?この名言。ウチではよくこのフレーズや変形版が出てきます。すみません。


12月18日(土)の英語
リスニング:英検スピーチ集」1.25倍で車の通勤中にシャドウイング「TOIEC公式問題集CD」
1.5倍で移動中に。

リーディング:
「25Beautiful Homes」
1記事。朝ごはんと共に。

ここ二日ほど勉強リズムがくるってしまいました。明日も仕事をちょっとしないといけないし、子供もいるしなあ。まあついでなので一緒にのんびりします。

今日も来ていただいてありがとうございました。よい日曜日をお過ごしくださいね。