英検1級合格までの道 リーディング編 その2

つづきです。

さて、英検1,2ヶ月前の声がかれるほどの1時間のニュース英語の音読を毎日のルーティーンにいれて、少しずつ時事英語に慣れていきました。一番リーディングで伸びを感じたのは、一番最後の超長文でした。音読によって、読み返しをしない癖ができて、少しは速度が上がった気がします。この勉強法は3年以上続きました。

それと、副産物として、なんだかニュースに詳しくなってよかったです。国内ニュース中心だったけど、時々は世界のものも見ていてので、世界で起こっていた、今も起こっている知らないことをたくさん知れてとても視野の狭かった自分を発見しました。

最初の短めの長文と内容把握の問題にまだまだ安定感がない。最初の長文は一つは語彙問題も兼ねていて、一つは文の前後関係を問うもの。次の3問(中程度の長文)はさらに読み込みを必要とします。内容把握。うーんやはり音読だけでは精読できていない。読み込む余裕もまだない。

その時思ったのが、「もうひと段落上のレベルの英文を読まなきゃいけないのかあ。」つらいなあ。
ブログで知り合った方にも、「英文を読み込む、精読をもっとしたらいいのでは?」とアドバイスを受け、(その節はありがとうございました。)思い腰を上げて、今年の2月から週刊誌「TIME」の購読に踏み切りました。積み上げられるのを覚悟で。しかし、「TIME」の英語はやはり一筋縄ではいかない。でもとにかく朝ごはんを食べる時に必ず1つの記事を読むことを続けました。たとえ意味不明になっても。(精読になってない!?)合格後の今は根性なくてできない。すでにコーヒーテーブルの上の飾りと化しています。(涙)毎週来る。

それともう一つ、去年の夏ごろから英検をどう勉強すれば突破できるのか途方にくれて、気晴らしにというか逃げの体制で、ペーパーバックに手を出し始めました。きっかけは、夏に見に行った「ハリーポッターとハーフブラッドプリンス」。あれを一人で見に行ったあと、「あれ?R.Bって誰だっけ?」とふと思い。本棚にある一度読んだ最終巻(英語)を再び手にしたことからでした。次に本棚にあった読みかけのダン・ブラウンの「天使と悪魔」を手に取り、英検の合間はペーパーバック三昧の今(今はずっとペーパーバック三昧ですが)となりました。

今年の1月はついペーパーバックを読みすぎて英検の準備がおそろかに。みごと惨敗。しかし、この一年で読んだ英語の量は半端な量ではないことに今気づきました。

英検合格までに読んだこの1年のペーパーバック(読んだ順と勝手な私のおすすめ度です。):
2009年8月Harry Potter and the Deathly Harrows :J.K.Rolling★★★★★
       9月Angels & Demons :Dan Brown ★★★★☆
      10月The Coffin Dancer : Jeffery Deaver ★★★☆☆
      11月Twilight : Stephenie Meyer ★★★★★
      12月New Moon :Stephenie Meyer ★★★★★
      12月Eclipse :Stephenie Meyer★★★★★
2010年 1月Breaking Dawn :Stephenie Meyer★★☆☆☆
            1月~2月Deception Point :Dan Brown ★★★★☆
       2月The Lovely Bones : Alice Sebold ★★★★☆
       3月The Reader: Bernhard Schlink ★★★☆☆
              3月~4月The Time Traveler's Wife ★★★☆☆

改めて数えると、英検をはさみながら11冊読んでました。はじめて知った。6月の英検が終了してからはこのブログに記録をつけています。それもすでに今読んでいるのを含めて9冊に上ります。いつ読んでいるかというと、子供の習い事を待つ間です。(ほぼ毎日です。)それと夜子供が寝てから。テレビを見ない人間なのと、読書が好きだったし、やっぱり時事英語よりは読んでいて楽しい。はまってしまいました。これもだいたい30分単位で動いていました。夜で、次の日が休みの日などでクライマックスだと寝不足になることもしばしば。旅行中も手放さない。

やっぱりある程度の量を読むことは大事だと思います。昨日どこかで「ハリーポッター」と「ダン・ブラウン」のどれかを読んでいただけで受かったなんて方のブログをチラッと見ました。それはもともと力がおありだったのかもしれませんが。でも、私のようなこんな遠回りをしなくても受かると思います。

リーディング対策については時事英語とペーパーバック、この2本以外に総合的な英語量UPとでもいえそうなことをもう一つやりましが、リーディング対策の柱はほぼその2本でした。最後の秘策(?)はまた後で。

     101001_2241~01
   
 うちの本棚の洋書コーナーの一角です。後ろにも隠れてます。下のはまだ読んでいないものもあります。