ホストファミリー終わり!

1週間のホストファミリーが今朝でひと段落しました。朝集合場所の新幹線の駅に送っていきました。学生のホストファミリーは別れがとってもつらそうで、涙のご家族も。ホントにほとんどボランティアでみなさん頭が下がります。来日したみんなが日本のホスピタリティに触れて日本が素晴らしい国だと思ってくれたらいいですね。日本の誇るところ、このホスピタリティなんですよ。ほんとに。これがもっと世界に伝わったらいいのになあ。
知った外国人は結構日本びいきになってるんですよ。

皆が涙するなか、なんだか「別れ」を感じなかったのは、明日また会うからです。彼らはホームステイプログラムを終えて、これから観光旅行です。いったん広島に行き、この同じ駅に帰ってきて今度はユースホステルに何泊かして東京へ向かいます。

ボランティアで明日帰ってきた彼らをホステルから夕食に連れていきます。それがまた周りに高校生の団体を連れていけるレストランがないんですよね。外国人だけの団体でレストランを探すのは大変。今日ついでに下見しました。近所のファミレスを見つけてそこに行く予定が、今日歩いて時間をはかったら、(暑かった)無理無理~。夫と顔を見合わせて。

「ファミレス却下!」決定です。予算的にもちょうどいいんだけどなあ。ごめんね。遠いわ。

ということで明日何を食べるかはお楽しみ。


Today my Kiwi friend has left for Hiroshima wiht her students. We took her to the station in the morning. The bullet train station was very crowded and we did have much time to spend together.

Many host family members were a bit crying about seperating, but I didn' feel sad because she and our family met sometimes in 2 or 3 years and she and her students are back tomorrow and will stay at youth hostel near the station. Actually I have to go there and take them out for dinner.

You know it was quite difficult to eat out as foreighers with many students. The place they will stay at is quite near from big station but a bit isolated that has few suitable restaurant for students. Of course there are many restaurant inside the station, but they are always busy and it is difficutl to find the table for a group.

Furthermore, now NewZealand dollar is quite week, which means the budget is tight. I suggested Japanese style "Family restaurant" is ideal for them. We were going to go this kind until this morning. But, actually, it was quite far from their hostel. We figured it out when we tried walking from the place to the restaurant, whcih was a pity. Then, my husband and I changed the plan.

What will we eat tomorrow? We will see.

昨日の答え
Bro あにきぃ(兄貴)男の子が交わす言葉です。
Sweetas, Choice  大丈夫!That's all right と同じかな。
It's all good. =No worries. =Never mind.
Sup! おい、最近どう? (眉毛をあげて言わないといけない。)
Kio ra これはマオリ語です。「こんにちは。」アロハとなんか重なりますね。ちなみにアロハはマオリ語で「愛」だそうです。