英会話の上達法 番外編というかSpin off

なんかたいそうなタイトルですね。英会話の上達法。100924_2253~01

それは。ズバリ、


お酒です。

今日はめずらしくがんばってうちで日本食を来ている日本食大好きなニュージーランドの友人のためにつくりました。彼女が夫に観光している時にふと口にした。「ああ、おでんがたべたいなあ。」でメニューが決定。おでんなら、いそがしくてもちょっと仕込めばできる!仕事から帰って、子供を習い事に送っていっていそいで材料を買い込み仕込み。あとは煮るだけ。みんなを迎えにいかないといけないので、秋味秋刀魚と煮付けはスーパーのコックさんにお任せにしていただいて。(回りくどく言っておりますが、結局出来合いを調達、ごめんね。)皆を迎えに行く。

帰ってNZ土産の白ワインを飲みながら秋刀魚とおでんをつまみに大いに盛り上がりました。

ワインがおいし~い~。

実はニュージーランドは知る人ぞ知るワインで有名な国なんです。彼女の出身は国の中でも名産がワインで有名なネルソン出身。御土産にネルソンの白ワインを持ってきてくれました。飲みやすい~!皆さんにも味わっていただきたい!ワインを買われるときは是非NZワインをお試しください。今日飲んだのはNelson 2009 Pinot Gris というもの。苦味がほとんどなくて普段あまり飲まない私も感動ものでした。

お酒が入ると、普段から陽気な私はさらに陽気になる傾向があります。

ちょっと酔っ払うともう誰にも止められない。すでに何語を話しているの誰もわからない状態に突入。

そう、彼女にも教えた日本語ですが、「タガが外れる」状態ができあがりあます。

この方法でどれだけの外国人とコミュニケーションを潤滑にしてきたかほとんど覚えていないほど。(だって酔っ払ってたもの)

酔っ払うと間違えても気にしないので、昔は「もっと飲め!おもろい。人格が変わる。」とか言われて重宝されました。英語が出るんですよね。なんか間違っていても気にしない。みんな地球の仲間みないなミョーな輪ができあがる。幸いにも危険な目にはあわず、友人の輪が増えました。

今はやってませんよ勿論。今日は久しぶりに出てきた酔っ払いの私です。でもワインの質がとってもよかったので、今はフツーママに戻って探偵ナイトスクープ見てます。(どこが普通?)

Tipsy な状態は国境を越える。これホントの話です。お試しあれ。やっぱりthink positive!大事です。あれ?ルー大柴みたいになっている。

そういえば、今日授業でCarlという名前が教科書ででてきたので、
おもわず。

「Hey! Carl!」と叫んだ私。

勿論だれも反応しませんでした。

反応してくれたのは家の夫だけ。みなさんこのギャグご存知ですか?
ちなみにうちのKiwiに英語で説明したら、大笑いでした。

追記:昨日書いたもう一人のニュージーランドの先生。今日は家族に日本の滞在記をはがきに書くものの、あまりにも書くことが多くて(内容はおそらく食べ物ネタ)郵便局の人に「どれが住所ですか?」と聞かれていたそう。すなわち、文の中にほんとに小さなスペースに住所が書かれていたそうです。ちなみに今彼は痛風に苦しみだしたそうです。笑っちゃいけないけどほんとに大好き!おもしろいっ!